MOOCRES(ムークリ)は評判が良い?特徴やメリットを解説!

YouTubeに動画を投稿するなど、一般の方も動画編集を行う人が増えています。そんな中、動画編集スクールも増えており、入会したいと考えている方も多くなっているのが特徴です。

その中でも、「MOOCRES(ムークリ)」は実践的なノウハウを学べる動画編集スクールとして人気となっています。

今回はMOOCRES(ムークリ)の評判や特徴、メリットについて解説していくので参考にしてみてください。

MOOCRES(ムークリ)の特徴について

動画編集スクールのMOOCRES(ムークリ)は、未経験の方でも本格的な動画が作れるように、動画編集のノウハウを学ぶことができます。

5ヶ月間で動画編集のノウハウが学べるので、YouTubeで自作動画を投稿したいという方が受講することが増えているようです。

費用66万円
学習期間5ヶ月間
学習方法オンライン、オフライン
習得できるスキルAfterEffects、PremierePro、営業活動、撮影、デザイン

少人数制で学習を進めるので、わからないことがあれば気軽に質問できる環境が整えられています。

オンラインサポートでいつでも質問可能

MOOCRES(ムークリ)では、オンラインサポートが付いており、無制限で何度でも質問することができます。チャットで講師の方が質問に対して返答してくれるので、安心して学習を進めることが可能です。

ビデオ通話で講師の方と会話しながら質問することもできるので、効率よく動画編集を学ぶことができます。ビデオ通話では、利用者が理解しやすいように画面共有で簡単に伝えてくれるので安心してください。

チャットだけのコミュニケーションよりもわかりやすいので、動画編集でわからないことがあれば、気軽に尋ねてみましょう。

映像制作会社と連携しているから卒業後も安泰

MOOCRES(ムークリ)は、映像制作会社と提携しているので、卒業した後も転職先として紹介してもらったり仕事を受注したりできます。

独自のコミュニティが形成されているので、卒業後の進路に不安を覚えている方でも安心して仕事を受注することが可能です。

MOOCRES(ムークリ)で実践的なノウハウを習得した後に、転職先を紹介してもらえば、実績を積む機会を与えてもらえます。

卒業してもオンライン動画は見放題

基本的にスクールを卒業すると、サービスは利用できなくなるケースが多いでしょう。しかしMOOCRES(ムークリ)の場合は、卒業した後でもオンラインの動画講座なら見放題となっています。

動画編集でわからないところが出た時に、動画を見返していけば編集の仕方をマスターすることができるでしょう。細かい内容が理解できない時は、過去の動画を見返してスキルを伸ばしてください。

MOOCRES(ムークリ)の良い口コミ評判

動画編集のノウハウを指導してくれるMOOCRES(ムークリ)ですが、実際に評判はどうなのでしょうか。MOOCRES(ムークリ)を実際に利用した方の良い口コミ評判を紹介していくので、参考にしてみてください。

副業としての収入も期待できる

MOOCRES(ムークリ)で動画編集の勉強をさせて頂いた後、案件もいくつか頂くことができました。それから継続的に動画編集の案件を頂いていたところ、本業の収入よりも副業の動画編集の方が収入が高くなる月が出てきました。

本格的な動画編集を指導してくれたMOOCRES(ムークリ)のおかげなので、これからも動画編集の仕事を続けていきたいと思います。

他にも下記のようなコメントがありました。

動画クリエイターとして独立できた

動画編集の基礎を学びたいと考え、MOOCRES(ムークリ)に入会しました。実践的なノウハウを指導してくれたおかげで、会社を退職して動画クリエイターとして独立することができました。

MOOCRES(ムークリ)の手厚いサポートのおかげで、最初の月から前職の給料を超えることができてよかったです。自分に自信が持てただけでなく、これからも独立してやっていけるという実感が出てきました。

動画編集は未経験でしたがMOOCRES(ムークリ)の手厚いサポートがあったから、今の自分があるので、動画編集に興味がある方はぜひ利用を検討してみてください。

他にも下記のようなコメントがありました。

実践的な学習ができる

動画編集に興味があったのですが、未経験の私が編集なんてできるのか不安に思っていました。そんな時に、MOOCRES(ムークリ)の存在を知りました。

早速契約をして入会させて頂いたのですが、かなり本格的な動画編集の内容に驚きました。とても実践的な内容で学習が進められるので、動画編集に興味がある方はぜひ利用を検討して欲しいです。

MOOCRES(ムークリ)を利用するメリットは?

実践的な動画編集ができるMOOCRES(ムークリ)ですが、利用する上でメリットとはどのようなことが考えられるでしょうか。MOOCRES(ムークリ)のメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

カリキュラムがしっかりしている

MOOCRES(ムークリ)は動画編集の学習を効率よく行えるために、実践的なカリキュラムが組まれています。未経験の方でも学べる内容となっているので、誰でも安心して学習を進めることが可能です。

また動画編集のスキルだけでなく、実践的に必要な動画クリエイターとしての営業の仕方まで学ぶことができます。

他にも動画を企画したりディレクションしたりする方法も学べるので、本格的に独立して動画クリエイターとして活躍できるようなスキルが身に付けられるでしょう。

講師のサポートが充実している

MOOCRES(ムークリ)は講師のサポートがしっかりしているので、利用者も気軽に質問して効率よく動画編集の学習を進めることができます。

少人数制なので、講師の方も利用者の話に耳を傾けやすく、指導しやすい環境が整えられているのが特徴です。

またチャットでは無制限に質問ができるので、わからないことがあれば、いつでも講師に尋ねることができます。質問に対しては、24時間以内に返信させるようになっているので、自分のタイミングで尋ねてみましょう。

同期と一緒に学習を進めることができる

MOOCRES(ムークリ)は少人数制で学習を進めるため、受講生同士が一緒になって学習を進めることができます。一人で学習を進めるよりも、お互いが刺激し合って学習した方が成長しやすいでしょう。

またお互いが教え合いながら動画編集の学習が進められるので、共に成長しながら動画編集を行うことができます。

個人で学習を進めると挫折しがちですが、他の人と一緒に学習を進めれば継続して学習を行うことができるでしょう。

転職先や案件紹介をしてくれる

MOOCRES(ムークリ)では動画編集の能力に応じて、転職先や動画編集の案件を紹介してくれます。卒業後のフォローもしっかり行ってくれるので、安心して動画編集の学習を行うことが可能です。

実際、MOOCRES(ムークリ)を卒業してから動画クリエイターとして独立した人もいます。卒業後の進路に関してもしっかりフォローしてくれるので、自分の目指したい目標に合わせてサポートしてもらいましょう。

MOOCRES(ムークリ)を利用する上での注意点

MOOCRES(ムークリ)は動画編集について、実践的なノウハウを教えてくれます。しかし利用する上で、いくつか注意点があるので解説していきましょう。

授業料が高額設定

MOOCRES(ムークリ)の授業料は66万円(税込)となっているので、予算に余裕がないと授業を受けるのは難しいでしょう。受講料の支払い方法や時期については、柔軟に対応してくれるのでまずは相談してみてください。

支払い方法としては、クレジットカードで分割する方法などがあるので、無理なく支払える方法を選択しましょう。

受講スケジュールは事前に決められている

MOOCRES(ムークリ)の受講スケジュールは、オフラインなら毎週土曜日の19時~21時、オンラインなら毎週木曜日の20時~22時になります。

事前に受講スケジュールが定められているので、スケジュールが開けられない人は受講が難しいです。

MOOCRES(ムークリ)で動画編集を学んで仕事にするメリット

MOOCRES(ムークリ)で動画編集を学び、仕事にするメリットとしては様々なことが考えられます。動画編集を仕事にするメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

時間的に余裕を持って作業ができる

基本的に動画編集の仕事は、時間に融通が利かせやすい特徴を持っています。事前に納期は提示されていますが、無理のない納期であれば、自分でどの程度時間がかかるのか調整しながら仕事ができるでしょう。

自分で動画を投稿する場合は、毎日投稿や週3回投稿などで負担は異なりますが、時間を調整しながら仕事ができるので、ある程度は自由が利きやすいでしょう。

幅広くスキルが習得できる

動画編集を行っていると、動画編集のスキルだけでなく、アニメーション用の3Dのマニュアルを理解して操作する知識を身に付けることができます。

動画へのテキストの入れ方や動画撮影の方法など、様々なスキルが習得できるようになるでしょう。他にもクライアントとの打ち合わせに必要なコミュニケーション能力も培うことができるので、自分の成長に繋げることができます。

副業として収入を得ることができる

動画編集の仕事ができるようになれば、本業の合間に副業として収入を得ることもできます。例えば休みの日に動画を編集してYouTubeに投稿していけば、徐々に人気が高まっていき、収益化までチャンネルを成長させられるかもしれません。

MOOCRES(ムークリ)では、卒業した後に案件を紹介してくれることもあるので、受注すれば副業として稼ぐきっかけになるでしょう。

MOOCRES(ムークリ)で動画編集を学んで仕事にするデメリット

MOOCRES(ムークリ)で学習したことを活かして仕事にすれば、独立するきっかけになることがあります。しかし中には、動画編集を仕事にすることでデメリットに感じることもあるのです。

どのようなことが動画編集のデメリットなのか、詳しい内容を解説していきます。

仕事量が多い案件もある

動画編集の仕事は時間がかかる案件もあり、想定以上に時間がかかるケースも多いです。クライアントからの要望通りに動画編集するとなれば、こだわるほど動画編集にかける時間は長くなります。

そのため時間がかかる案件の場合は、納期を長めに設定してもらうなど、案件によってどれくらい労力が必要なのか見極める能力が重要になるでしょう。

またかかる時間によって、報酬が割に合わないと感じる場合は、依頼を断ることも重要です。

要望通りではないと修正にかける時間が多くなる

クライアントから動画編集の依頼を受けている場合、要望通りの編集ではないと何度も修正を行わないといけなくなる可能性があります。

クライアントの修正が多いと、次の案件にいけなくなってしまい、手間だけがかかってしまうリスクもあるでしょう。

自分の動画編集スキルでは対応できない案件と感じた時には、依頼を断ることも大切です

納期を守らないとトラブルの原因になる

クライアントから仕事の依頼を受けた場合、いつまでに納品しないといけないのか、事前に納期が決められています。納期を守らないとクライアントに迷惑がかかるだけでなく、トラブルの原因になる恐れがあるでしょう。

賠償金といった話まで膨らむ恐れがあるので、自分の動画編集スキルでは納期内に対応するのが難しい場合は、素直に断ることも重要です。

MOOCRES(ムークリ)で動画編集を学ぶのに向いている人

動画編集は時間がかかるので、細かい仕事もやりきるような根気がある人はMOOCRES(ムークリ)で動画編集を学ぶのに向いていると言えるでしょう。

また動画自体が好きな人も、動画編集を楽しみながらできるので、動画編集の仕事に向いていると言えます。趣味の延長線で仕事ができるので、仕事も長続きするでしょう。

副業として動画編集したいという方にも、MOOCRES(ムークリ)の学習はおすすめです。クラウドソーシングなどでは、細かい案件もたくさんあるので、自分のスキルに合った案件を見つけて副業として稼ぐことができます。

まとめ

最近ではYouTubeに動画投稿する一般の方や企業が増えています。そのため動画編集のスキルを持っていれば、様々な案件を受注することができ、副業や独立といった働き方を実現することができるでしょう。

MOOCRES(ムークリ)であれば、実践的な動画編集のノウハウを教えてもらえるので、効率よく学習することができます。

何人かと一緒に学習を進めるので、一人で動画編集の勉強を行うよりも挫折せずに継続して学ぶことができるでしょう。

今回紹介した口コミを参考に、動画編集に興味がある方はMOOCRES(ムークリ)を受講するのか検討してみてください。

モバイルバージョンを終了