文系がエンジニアを目指すことはできる?IT業界に入れる方法を解説!

IT化が進む中で、エンジニアの需要は年々高まりつつあります。そのため、文系に入ったけどプログラミングを学んでエンジニアになりたいという方も増えているでしょう。

実際、プログラミングは専門的な知識や技術が必要になるため、文系とは学ぶ内容が異なります。しかし文系でもエンジニアを目指すことはできるので、諦めてはいけません。

今回は文系がエンジニアを目指すことはできるのか、詳しい内容を解説していきます。

目次

文系でエンジニアに向いている人とは?

文系ながらもエンジニアに向いている人は何人かいます。どのような人がエンジニアに向いているのか、特徴について解説していきましょう。

論理的思考力が身に付いている人

文系での学習は、論理的思考力を用いることが多いです。エンジニアも一緒で、どのようなコードを書き加えればシステムが動くのかなど、論理的思考力が必要になるシーンはたくさんあります。

そのため、文系でエンジニアを目指そうと思っても遅くはありません。反対に、すでに論理的思考力が身に付いていることから、プログラミング学習の習熟度が早い可能性もあります。

自分に論理的思考力が身に付いていると感じている方は、文系からでもエンジニアを目指してみると良いでしょう。

数学の概念もある程度は知識として知っている

プログラミングは条件分岐など、数学の概念を理解していないとコードを理解することが難しいケースがあります。そのため、文系からエンジニアを目指すのであれば、数学的知識も培っておく必要があるでしょう。

また数学的な知識を持っていないと、一からプログラミング学習を進める際に言語を習得する時間がかかり、途中で挫折してしまう恐れがあります。

コミュニケーション能力が高い人

文系でエンジニアに向いている人の特徴としては、コミュニケーション能力が高い人です。プログラミングはコードを書くだけでなく、チームで行動することが求められるため、コミュニケーション能力が高くないと、仕事を任せてもらえない可能性があります。

反対にコミュニケーション能力が高ければ、チームの管理者として期待されるケースもあるでしょう。より年収が高い職種を目指すなら、コミュニケーション能力も培っておいた方が良いでしょう。

文系からエンジニアなるためにはどうすれば良い?

実際に、文系からエンジニアになるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。文系からエンジニアになる方法について紹介していきます。

IT業界について基礎知識は理解しておく

文系からエンジニアになるためには、まずIT業界について基礎知識は持っておく必要があります。プログラミング言語とはどのようなものなのか理解しておかないと、エンジニアとして雇用してもらうこともできません。

またプログラミング言語にはいくつも種類があり、企業によっては必要とされるプログラミング言語は異なります。自分がどのような仕事に就きたいのか、イメージした上で適切な言語を習得するようにしましょう。

ポートフォリオがないと未経験は採用されにくい

IT業界に就職し、エンジニアとして活躍するためにはポートフォリオがないと採用されにくいでしょう。ポートフォリオとは成果物のことで、自分のプログラミングスキルがどのレベルなのか、相手に理解してもらうために必要なものです。

ポートフォリオはアプリやゲームなど、オリジナルのものを製作することでプログラミングスキルを評価してもらうことができます。

文系でIT業界未経験であれば、ポートフォリオがないとエンジニアとして採用されることは難しいでしょう。

文系がエンジニアとして活躍できる理由

文系の方でもプログラミングスキルを持っていれば、エンジニアとして活躍できます。なぜ文系でもエンジニアとして活躍できるのか、詳しい理由を解説していくので参考にしてみてください。

実際に文系からエンジニアなっている人はいる

IT企業に入社するためには、情報理工などに通わないといけないという訳ではありません。実際に文系からエンジニアになったという事例もあるため、企業も文系だからといって採用を見送るようなことはしないでしょう。

ただエンジニアとして採用されるためには、ポートフォリオを作成して、自分がどれくらいのプログラミングスキルを持っているのか証明する必要があります。

全く知識やスキルがない状態では、エンジニアとして雇ってもらうことは難しいでしょう。

理系であってもプログラミングができない人もいる

大学では文系・理系と別れていますが、理系だからといってプログラミングスキルを十分に持っているとは限りません。理系の人でもプログラミングができない人も多く、それもエンジニアとしての経験がない点では文系と大差ないでしょう。

そのため、文系だからといってエンジニアになれない訳ではなく、大切なのはどのプログラミング言語に精通していて、どれくらいのプログラミングスキルを持っているのかが大切です。

常に新しい進歩があるため未経験もベテランも大差ない

プログラミングの世界では、常に新しい技術が発見・普及しているため、未経験もベテランも同じように技術を学ぶ必要があります。

そのため文系など関係なく、ある程度のプログラミングスキルがあれば、エンジニアとして活躍できるチャンスがあるのです。文系で未経験だからといって引け目に感じることなく、エンジニアを目指しても問題はありません。

学習環境が整えられているため効率よく学習できる

文系でプログラミング未経験といっても、今のプログラミングの学習環境は整えられているため、効率よくプログラミングを覚えることができます。

実際に、プログラミングスクールに通ってエンジニアになる人の多くは、未経験の状態から短期間でプログラミングを学ぶことが出来ているのです。

今からプログラミングを始めても遅いことはなく、いつからプログラミング学習を始めてもエンジニアレベルまで成長できる可能性はあります。

正社員からではなくてもバイトで実践経験は身に付けられる

文系の大学に通っていても、エンジニアとして実践的な経験を身に付けることはできます。それはIT企業でバイトをするということです。

IT業界の中には、未経験でもプログラミングの知識やスキルがあれば、バイトとして大学生を雇ってくれることがあります。そういった環境でバイトに申し込めば、正社員ではなくもエンジニアとして実践経験を積むことができるでしょう。

バイトした経歴があるなら、正社員として雇ってもらう時に経験としてアピールすることができます。

文系がエンジニアになる際の注意点について

文系でもエンジニアとして活躍することは可能です。しかしだからといって、誰でもエンジニアなれる訳ではありません。文系の人がエンジニアになる際の注意点があるので、事前に把握しておきましょう。

プログラミングスキルが乏しくて業務が遂行できない

文系がエンジニアになることはできますが、十分にプログラミングスキルを習得していないと業務についていけず、後悔してしまう恐れがあります。

プログラミング言語の基礎的な知識を持っていたとしても実践的な経験がないと、コードを書くスピードも遅く、業務が遂行できない可能性があるでしょう。

IT業界でエンジニアとして活躍したいなら、プログラミングスキルを磨いて、業務に遅れを取らないように実践経験を積む必要があります。

自分の能力と見合った仕事を受けられるか判断できない

未経験の文系エンジニアがIT業界に入った場合、自分がどれくらいのスピードでコードを書けるのか理解していないケースがあります。その状態で仕事を請け負った場合、自分の力量に合わない仕事を請け負ってしまい、納期遅れが発生する恐れがあるでしょう。

基本的にエンジニアの多くは、プロジェクトの納期が遅れないように対応するため、一人でも納期を遅らせてしまうと、プロジェクト自体の損失に繋がります。

文系エンジニアで経験が少ない人は、自分がどれくらいの力量なのか事前に把握してからエンジニアとして仕事を請け負うことが重要です。

エンジニアの業務とはどういったものなのか理解しておく

事前にエンジニアという業種は、どういった仕事内容なのか理解しておく必要があります。文系エンジニアの場合、IT業界に精通しておらず、いざエンジニアとして仕事をしてみると、想像と違って早々に辞めてしまうケースもあるのです。

特にエンジニアは、急な仕様変更などで残業が多く業務の拘束時間が長い傾向にあります。企業や請け負うプロジェクトによっても異なりますが、基本的に勤務時間は長いといった意識が必要です。

事前にエンジニアの業務について理解しておき、その上でエンジニアを目指すのか検討しておく必要があります。

チームで連携する必要性を理解しておく必要がある

エンジニアはPCに向きあってコードを書くといったイメージが強いですが、基本的にはプロジェクト成功に向けてチームで行動します。そのため、チームと連携して業務を行う流れを理解していないと、うまく業務が進められない可能性があるでしょう。

他の人の進捗状況が良くなければ、一緒に協力して作業を行うといった助け合いも必要になってくるので、立ち回り方を理解しておくことが大切です。

しかし文系エンジニアとして入社した場合、実務経験が不足しがちになるので、チームの動き方がわからないケースもあります。そうならないためにも、チームでどのように動けば良いのか、事前に知識として理解しておくことが肝心です。

長時間PCと向き合う必要がある

文系からエンジニアになる場合、PCで作業を行う科目がないと、長時間PCに向き合うことに苦痛を覚えてしまう恐れがあります。エンジニアの作業は、基本的にPCにコードを書く作業が多いため、PCに触れる時間が主です。

しかしPCに触れたことが少ない文系の人では、この長時間の労働環境に耐えられない可能性があります。事前にPCでプログラミング学習を進めていた方であれば問題ないかもしれませんが、業務でどれくらいの拘束時間があるのか理解しておくことは大切です。

文系がエンジニアになるために心掛けておくこととは?

文系の人がエンジニアになると、後悔してしまう人も出てきます。そうならないためにも、エンジニアになる前に心掛けておいた方がいくつかあるので、詳しく紹介していきましょう。

エンジニアの仕事について細かく調べておく

エンジニアとして就職が成功しても、どのような仕事なのか理解しておかないと、後悔してしまうことがあります。そうならないためにも、エンジニアという仕事について、事前に細かく調べておくことが大切です。

例えばエンジニアの仕事としてはプログラミングを行うことが多いので、プログラミングスキルを持っておく必要があります。しかし他にも、仕様変更やクライアントとの打ち合わせなどもあるので、ある程度のスケジュール管理能力やコミュニケーション能力も求められるでしょう。

業務のことをしっかり把握しておかないと、後から想像していた業務と違うとショックを受けてしまう可能性があります。

自分が働きたい職種について理解しておく

エンジニアといっても、習得しているプログラミング言語や就職する企業によって携われる職種が違います。Webアプリ系の開発やゲーム開発、AI開発など様々あるので、自分が働きたい職種について、事前に調べておく必要があるでしょう。

前もって調べておかないと、自分がなりたいエンジニア像と合わない仕事をする結果になるので注意が必要です。

効率よく学ぶならプログラミングスクールに通う

文系がエンジニアになるためには、プログラミングを自分で学ぶ必要があります。しかし独学では時間がかかり過ぎてしまうだけでなく、エンジニアになるほどのレベルまでプログラミング言語を習得できず、途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

そのため、効率よく学ぶのであれば、プログラミングスクールに通うことも視野に入れておく必要があります。

プログラミングスクールに通うためには、一定の費用がかかりますが、プログラミングの専門家が指導してくれるので、独学で学ぶよりもプログラミングを覚えるスピードが早いです。

文系がエンジニアになるためにプログラミングを学習する方法について

文系の大学生が、エンジニアになるためにプログラミングを覚えるためには、どのような方法があるのでしょうか。学校では習得することができないので、大学以外で学習を進める方法を検討する必要があります。

文系の人がプログラミング学習を行う方法について解説していくので、参考にしてみてください。

独学でプログラミングを学ぶ

文系の人がプログラミングを学ぶ手段として、独学で学習を進める方法があります。予算がない大学生からすると、プログラミングスクールに通う費用を捻出するのは難しいケースも多いでしょう。

独学であれば、あまりお金をかけることなくプログラミングスキルを磨くことができます。

独学でプログラミング学習を行う手段としては、本や学習サイトで基礎的な知識を身に付ける方法があるでしょう。簡単なコードの書き方などであれば、独学でも習得できます。

ただアプリ開発など応用的な内容になると、独学で学ぶことは難しくなるでしょう。難易度が高くなると、自分で理解することが大変になるので、途中で挫折してしまうケースも多いです。

プログラミングの基礎を覚えるなら独学で問題ありませんが、エンジニアを目指すならプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングスクールに通って学ぶ

文系の人がプログラミングを学ぶなら、プログラミングスクールに通った方が短時間でプログラミング言語を習得することができます。費用はかかりますが、エンジニアレベルまでプログラミングスキルを磨きたいなら、プログラミングスクールは近道と言えるでしょう。

またプログラミングスクールで指導してくれる講師の多くは、現役のエンジニアやエンジニア経験がある方ばかりです。そのため、エンジニアとして活躍するために必要なことを的確に教えてくれます。

独学では十分なスキルを磨くことは難しいので、真剣に文系からエンジニアを目指しているなら、プログラミングスクールに通ってみましょう。

文系がプログラミングスクールに通うメリットとは?

文系の人がエンジニアを目指すためにプログラミングスクールに通う場合、考えられるメリットとはどのようなことが挙げられるでしょう。プログラミングスクールに通うメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

途中で挫折する可能性が低い

独学の場合は自分で学習を進めるため、難しい問題に直面すると挫折してしまうことが多いです。しかしプログラミングスクールでは、専門の講師が付いてくれるので、難しい問題も解きやすい環境が整えられています。

またプログラミングスクールに入るためには、毎月受講費用がかかるでしょう。他の塾と比較しても高額なケースが多いので、その分途中で解約することなく続けようと考える方がほとんどです。

カリキュラムに沿って学べるから効率が良い

プログラミングスクールでは、独自のカリキュラムに沿ってプログラミングを学ぶことができます。効率よく組み立てられているカリキュラムなので、未経験の方でも効率よく学習を進めることが可能です。

独学の場合は、何から学習すれば良いのか迷ってしまうので、効率が悪く言語を習得するために多くの時間を割く必要があります。

しかしプログラミングスクールなら、どのようなカリキュラムで学べば理解度が早いのかノウハウがあるので、習得スピードも独学とは比べものにならないでしょう。

習慣的に学習が続けられる

近年成長が著しいIT業界では、常に新しい技術が発見されています。そのため、エンジニアとして就職した後も、継続してプログラミング学習を続けないといけません。

プログラミングスクールで学習していれば、毎日どれくらいの学習をしないといけないのか、言語を覚えるためにはどうすれば良いのか、学習の習慣が自然と身に付けられます。

そのため、学習の習慣をエンジニアになっても継続できるので、エンジニアになった後もプログラミング学習に力を入れることができるでしょう。

IT業界への就職がしやすい

プログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後に、就職・転職サポートが受けられるサービスが用意されているケースがあります。

未経験の人でも就職しやすい企業を紹介してもらえるケースもあるので、文系の人でもIT業界への転職が叶う可能性が高いでしょう。

元々IT業界に就職するためにプログラミング学習をしているという方は、就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選んでください。

文系がプログラミングスクールに通う際の注意点

文系の人がエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールは効率が良いと言えるでしょう。就職・転職サポートまでついていれば、就職に困ることも少なくなります。

ただプログラミングスクールに通う前に、いくつか注意しておかないといけない点があるのです。どのような点に気を付けないといけないのか、詳しい内容を解説していきます。

受講するためには費用がかかる

文系に通っている大学生がプログラミングスクールを受講する際にネックとなるのが、受講費用です。毎月支払いが求められるので、予算が少ないという学生には入会が難しい傾向にあります。

受講費用の支払いが難しい場合は、就職・転職が成功すれば受講料が無料になるサービスを提供しているプログラミングスクールを選択してみてください。一定の条件はありますが、うまくいけばお得にプログラミングスキルを磨くことができます。

スキルが習得できるかどうかは個人による

文系の人がエンジニアになるためにプログラミングスクールに通っても、十分なスキルが習得できるかどうかは、個人によるものが大きいです。

プログラミングスクールは、あくまでも効率よくプログラミングスキルを磨く場所なので、エンジニアになれる確証はありません。

しかし未経験の人がエンジニアになるためには、プログラミングスクールが近道であるため、真剣にプログラミングスキルを学びたい人にはおすすめです。

文系の人が自分に合ったプログラミングスクールを選ぶコツ

文系の人がエンジニアを目指してプログラミングスクールに通う場合、どういったスクールを選択すれば良いのでしょうか。プログラミングスクールの数は多く、それぞれ特徴が異なります。

どこに入れば良いのか迷っている人のために、プログラミングスクールを選ぶコツについて紹介していくので、参考にしてみてください。

自分が教わりたい言語が習得できるコースを探す

自分に合っているプログラミングスクールを選ぶコツとしては、まず自分が教わりたいと考えている言語が習得できるコースが用意されているか探す必要があります。

プログラミング言語はいくつかあり、種類によって作れるものが違うので、目的に合ったコースを選択することが大切です。有名なプログラミングスクールでも、教わりたい言語がなければ意味がありません。

事前にどのようなコースが用意されているのか、確認した上でプログラミングスクールを選択しましょう。

指導してくれる講師のレベルを確認する

プログラミングスクールによって、指導してくれる講師のレベルは異なります。講師によってプログラミングを習得できる期間などが変わってくるので、できるだけ質が高い講師が在籍しているプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

質の高い講師かどうか確認する方法としては、エンジニアとして実際に企業で働いた経験があるかどうかで判断することができます。

実務経験があるほど、実践的な指導をしてくれるので、エンジニアとして必要なスキルを習得することができるでしょう。

事前に無料カウンセリングなどを受けてみて、どのような講師が在籍しているのか尋ねてみてください。

自分の予算に合った受講費用なのか確認する

プログラミングスクールによって受講費用は異なります。特に文系の大学生が受けるには、少し高額に感じることもあるでしょう。

予算をオーバーしないためにも、自分が想定している予算内に受講費用が抑えられるのか事前に確認しておくことが大切です。

中にはキャンペーンや受講費用が無料になるサービスを用意しているプログラミングスクールもあるので、費用が気になる方は受講費用にも着目して選びましょう。

教室に通うのが難しいならオンライン形式を選ぶ

プログラミングスクールに通う場合、教室に足を運ぶのは遠くて難しいという方もいるでしょう。そんな方は、オンライン形式でプログラミング学習できるスクールを選択してください。

プログラミングスクールの中には、オンラインで完結できるものがあるので、教室から離れているという方でも気軽に受講できます。

毎日教室に通うのが難しいという方は、オンライン形式のプログラミングスクールを探してみてください。

サポート内容が充実しているのか確認

プログラミングスクールによってサポート内容が異なります。事前に、どのようなサービスが提供されているのか、確認しておくことが大切です。

就職・転職サポート・マンツーマンサポートなど、プログラミングスクールによって提供しているサービスが違うので、自分が求めているサービスがあるプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

IT業界への就職を希望しているなら、就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選んだ方が無難です。

まとめ

結論からいうと、文系の人がエンジニアになることは可能です。むしろ論理的思考力が備わっている人が多いので、エンジニア向きの人も多いでしょう。

ただエンジニアになるためには、実務的な経験を積んでいないと、エンジニアになった時に業務についていけない可能性があるので注意が必要です。

また費用はかかりますが、効率よくプログラミングスキルを身に付けるならプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

文系からエンジニアになりたい方は、自分に合った学習方法を模索して、少しでもプログラミングスキルを身に付けてIT業界への就職を検討してください。