プログラミングは1,000時間で習得可能?短期間で学習する方法について!

初心者の方がプログラミング学習を行い、十分な知識やスキルを習得するためには1,000時間はかかると言われています。特にIT業界でエンジニアとして活躍するためには、ある程度の実践的なスキルは身に付けておかないといけません。

今回はプログラミングの習得には1,000時間かかるのか、短期間で学習する方法について解説していくので参考にしてみてください。

目次

プログラミングを習得するためには1,000時間必要なのか?

エンジニアとして活躍できるレベルまでプログラミングスキルを磨くためには、1,000時間の学習時間は必要と言われているのですが、実際にはどうなのでしょうか。

プログラミングを習得するために、1,000時間かかると言われている理由や時短できないのか、詳しい内容を解説していきます。

独学で学習する場合には1,000時間程度はかかる想定

エンジニアとして活躍できるプログラミングスキルを身に付けるためには、1,000時間程度かかると言われていますが、これは独学で学習を進めた時に想定されている学習時間です。

自分でプログラミング学習を進めた場合、問題解決も自分で行わないといけないので、この程度の時間はかかると想定されています。

また独学の場合は、実践的なスキルを身に付けることが難しいため、想定通りに学習が進められるかわかりません。

効率よく学ぶことを考えるなら、独学よりもプログラミングスクールに通った方が学習スピードは早いでしょう。

他に仕事をしながら学習すると難易度は上がる

仕事をしながら隙間時間でプログラミング学習を進めた場合、確保できる時間が短いため、プログラミングスキルを習得するまでかなりの時間がかかるでしょう。

そのため、独学で学習を進めた場合、想像以上に学習が進められずに途中で挫折してしまう方が多いです。根気強く学習を進められる方は、独学でエンジニアレベルまでプログラミングスキルを習得することはできるかもしれません。

しかしより短期間でプログラミングスキルを習得するなら、プログラミングスクールに通うなどの選択肢を入れた方が賢明です。

プログラミングスクールに通えば時短できる

独学でプログラミングを学んだ場合は、1,000時間程度はかかると想定されています。しかし専門の講師から指導してもらえるプログラミングスクールに通えば、時短できる可能性があるでしょう。

独学で学習を進めるよりも、講師にわからないことを尋ねながら学習した方が効率よく学ぶことができます。また開発環境が整えられているので、実践的なプログラミングスキルも磨くことが可能です。

仕事で忙しく、短時間でプログラミングスキルを磨きたいという方は、プログラミングスクールに通い、短期間で学ぶ方がおすすめになります。

プログラミングを1,000時間以内に学習するために必要なこと

プログラミングを習得するためには、1,000時間程度はかかると言われています。しかし仕事で学習時間を長く設けられない方からすると、もっと早く学習したいと考える方も多いでしょう。

そんな方のために、プログラミングを1,000時間以内に学習するために必要なことについて解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミング言語の基礎を学ぶ

プログラミングを素早く習得するためにも、プログラミング言語の基礎を理解する必要があります。プログラミング言語の基礎を理解すれば、コードの書き方なども把握しやすくなるので、今後の学習にも良い影響を与えてくれるでしょう。

プログラミング言語の基礎を学習する方法としては、本や学習サイトを見て学ぶやり方があるので、無料で学習を進めることができます。

プログラミングで何を作りたいのか明確にする

プログラミング言語の基礎を理解した後は、自分がプログラミングを使って、どのようなものを作りたいのか明確しましょう。作りたいものによって、習得すべきプログラミング言語が変わってくるので、学習方針も変わってきます。

また選択するプログラミング言語によって、フレームワークなどの利用方法も違ってくるため、開発方法にも影響を与えるでしょう。

実際に開発環境を整える

エンジニアとして活躍できるレベルのプログラミングスキルを磨こうと思うと、実際にコードを書く必要があります。そのためにも、まずは開発環境を整えることが大切です。

その後に、どのようなコードで開発できるのか、本や学習サイトを参考にして実践してみてください。そうすれば、徐々にプログラミングのスキルを磨くことができるので、実践的な実力を身に付けることができます。

プログラミング学習を1,000時間以内に抑えるためにも学習プランは大切

プログラミング学習を行う際には、事前に自分が学習しやすいプランを立ててから実践した方が素早くプログラミングスキルを習得することができます。

どのような学習プランが自分に合っているのか、よく検討してから学習を進めましょう。

学習プランが自分に合っていないと途中で挫折してしまう

プログラミング学習をがむしゃらに始めたとしても、わからない部分が出てきてしまうと、解決する時間がかかり、途中で挫折してしまうことがあります。

学習プランをしっかり立てていないと、何を学習すれば良いのか迷ってしまうこともあるので、事前に学習プランを綿密に立てておくことが大切です。

自分で学習プランを立てるのが難しい場合は、プログラミングスクールに通う選択肢を視野に入れましょう。プログラミングスクールなら、独自のカリキュラムを立ててくれるので、効率よく学習を進めることができます。

効率の良い学習プランを立てるコツ

短期間でプログラミングを学習するためにも、より効率の良い学習プランを立てることが大切です。コツとしては、まず自分がプログラミングを使って、どのようなものを製作したいのか明確にしておきましょう。

次に製作するためには、どのようなプログラミング言語を習得しないといけないのか理解する必要があります。他にも、一日の学習時間はどれくらいにしておくのかも決めておきましょう。

できるだけプログラミング学習する時は、毎日少しの時間でも良いので、継続して学習を進めることが重要です。

自分なりに無理のない学習プランを立てていき、目標に到達できるように努力していきましょう。

プログラミング学習で挫折しがちな要素について

プログラミング学習を進める上で、挫折してしまう要素は数多く存在しています。どのような要素によって挫折してしまうことが多いのか、詳しい内容を解説していきましょう。

何から学習を始めれば良いのかわからなくなる

プログラミング初心者の場合、何から学習を進めれば良いのかわからず、複雑に感じて挫折してしまうことがあります。独学の場合は、本や学習サイトで基礎的な部分は理解できても、応用になると難しくなり、自分で解決するのが困難になるでしょう。

独学でプログラミング学習を行う際には、基本的に基礎的な学習に留まり、実践的なプログラミングスキルはプログラミングスクールで学習した方が理解しやすいです。自分で学習が難しいと感じた場合には、プログラミングスクールに通うことを検討しましょう。

やる気を維持するのが困難

独学でプログラミング学習を進める場合、難しい部分が出てきた時に、自分で問題解決しないといけなくなります。一人で学習を進める必要があるので、徐々にやる気が失われて、継続して学習を進めることが難しくなるでしょう。

根気強く学習できる方は、いずれエンジニアレベルまで学習を進めることができるかもしれません。しかし短期間でプログラミングスキルを習得することは困難なので、しっかり学習プランを立てることが重要です。

プログラミング学習にかかる時間によって習得レベルが違う

エンジニアレベルまでプログラミング学習を進めるためには、1,000時間程度はかかると言われています。ただ1,000時間かけなくても、ある程度のプログラミングスキルは習得することが可能です。

プログラミング学習にかけた時間によって、どの程度の習得レベルになるのか詳しい内容を紹介していきます。

100時間から200時間程度ならシンプルなアプリ開発ができる

プログラミング学習にかけた時間が100時間から200時間程度であれば、シンプルなアプリなら製作できる可能性があります。複雑なコードを書くことは難しいので、自作のアプリを作ることは難しいですが、アプリに機能を追加するなどの作業はできるでしょう。

ただ100時間から200時間程度の学習では、コードミスも多発する可能性があるので、より質の高い作業を行うためには、さらに学習時間を費やす必要があります。

300時間から500時間程度なら簡単なアプリを製作できる

プログラミング学習にかけた時間が300時間から500時間程度なら、簡単なオリジナルアプリなら製作できるでしょう。シンプルな機能性のアプリなら、複雑なコードが必要なく、フレームワークなどを利用すれば、短期間で開発できるはずです。

ただ誰かの手助けがないと、エラーが発生してしまうことも多いので、講師を付けて指導してもらった方が、良いオリジナルアプリが製作できるでしょう。

600時間から800時間程度ならオリジナルアプリが開発できる

プログラミング学習にかけた時間が600時間から800時間程度であれば、自分でオリジナルアプリを製作できるようになるでしょう。基本的なコードの書き方だけでなく、実践的なスキルを身に付けているはずなので、自分の思った通りの機能性を与えることができるはずです。

ただ複雑なコードについては、開発作業が困難になるので、もう少し学習時間を追加した方が良いでしょう。

1,000時間以上なら高度な機能のオリジナルアプリが開発できる

1,000時間以上プログラミング学習に費やしたのであれば、オリジナルアプリを開発し、高度な機能性を与えることもできるようになっているはずです。

習熟度は人によって異なるため、誰でもオリジナルアプリが製作できるものではありません。しかし自分で考え、必要なコードを使う能力は持っているはずです。

プログラミング学習を短時間で行うならプログラミングスクールがおすすめ

より短い期間でプログラミング学習を終了させ、IT業界への転職を叶えたいのであれば、プログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングスクールに通うことで、どのようなメリットがあるのか詳しい内容を解説していきます。

講師の手厚いサポートが付いている

独学ではプログラミング学習に時間がかかりますが、プログラミングスクールなら専門の講師が付いているので、効率よく学習を進めることができます。

手厚いサポートによって、難しい問題も相談しながら進められるので、迷うことなくプログラミングスキルを身に付けることが可能です。

自分で学習する場合、複雑な内容が出てくると理解するまで時間がかかるため、途中で挫折してしまうことがあります。しかしプログラミングスクールなら講師の指導があるので、挫折することなく継続して学習が進められるでしょう。

実践的なスキルが素早く身に付けられる

プログラミングスクールでは、開発環境が整えられている状況で、何度もコードを書き込む練習などを行います。そのため、実践的なスキルを素早く身に付けることが可能です。

エンジニアとして必要なスキルを磨くことができるので、IT業界へ転職しても即戦力として期待されるでしょう。独自のカリキュラムに沿って学習できるので、効率よく学習を進めることができます。

IT業界への転職が叶いやすい

プログラミングスキルを身に付ける理由がIT業界へ転職したいという目的なら、プログラミングスクールに通った方が実現しやすいです。理由としては、プログラミングスクールには提携しているIT企業がいるため、受講生が入社しやすいように取り計らってくれることがあります。

プログラミングスクールによって紹介してもらえるIT企業は異なるので、転職実績が高いスクールを選ぶことが大切です。

またプログラミングスクールによっては、転職サポートが付いていることがあります。転職サポートでは、面接練習や履歴書添削などを行ってくれるので、個人で転職活動するのが不安という方にはおすすめです。

プログラミングスクールに通う際の注意点

プログラミングスクールに通えば、1,000時間もかからず、エンジニアレベルのスキルを身に付けられる可能性があります。しかしプログラミングスクールに通う前に知っておきたい注意点がいくつかあるので、事前に理解しておきましょう。

習得したいプログラミング言語の特徴を理解しておく

プログラミングスクールに通う前に、自分がどのようなエンジニアになりたいのか明確にしておく必要があります。理由としては、作りたいものによって習得すべきプログラミング言語が違うためです。

プログラミングスクールを受講する前に、カウンセリングで何を作りたいのか相談すれば、適切なコースを紹介してもらえるでしょう。

自分の希望通りの学習ができるよう、どのようなコースが用意されているのか、よく確認した上でプログラミングスクールを選択してください。

受講費用は予算内に収める

プログラミングスクールに通うためには、受講費用がかかります。プログラミングスクールによって受講費用は異なるので、予算内に収められるスクールを選択しましょう。

プログラミングスクールの中には、提携しているIT企業へ転職できれば、受講費用は無料になるサービスを提供していることがあります。一定の条件はありますが、お得に受講したい方は、自分が条件に概要しているか確認しておきましょう。

希望通りのプログラミングスキルが身に付くとは限らない

プログラミングスクールは効率よく学習できますが、学習スピードは個人の能力に依存します。そのため、プログラミングスクールに通ったからといって、自分の希望通りのプログラミングスキルが身に付けられるとは限りません。

短期間でエンジニアレベルの実力を身に付けるためにも、自分なりの学習を進めて、継続的に学習を進める必要があります。

まとめ

エンジニアレベルまでプログラミング学習を行うには、1,000時間程度の時間がかかると言われています。それは独学で学習を進めた場合に想定されている時間で、プログラミングスクールなどで効率よく学習すれば、それよりも短い時間でプログラミングスキルが身に付けられる可能性はあるでしょう。

特にプログラミングスクールは、専門の講師が指導してくれるので実践的なスキルを身に付けることができます。IT業界への転職もしやすいので、転職を希望している方は、プログラミングスクールに通った方が賢明です。

ただプログラミングスクールによって、指導してもらえるプログラミング言語や受講費用が異なるので、自分に合ったスクールを選択するようにしましょう。