プログラマーの年収って高い?Pythonエンジニアの収入について!

IT化が進む中で、プログラマーの需要は高まりつつあります。それに伴い、プログラマーの年収は高くなり、スキルによっては20代のうちでも稼げるのがプログラマーの利点です。

またプログラマーの中でも、システム開発やAI開発に関連するPython言語を扱える人はIT業界でも重宝されます。

今回はプログラマーの年収はどれくらいなのか、Pythonエンジニアの収入について解説していくので、参考にしてみてください。

目次

Pythonエンジニアとは?

Pythonエンジニアとは、Python言語を活用してシステム開発やAI開発を行うエンジニアのことを指しています。AIの普及によって、今度活躍が期待されている分野であるため、プログラマーの需要が高まり、年収も高くなることが想定されているのが特徴です。

具体的にPythonエンジニアは、どれくらいの年収なのか詳しい内容を紹介していきます。

 Pythonエンジニアの平均年収について

プログラマーとして、Python言語のスキルがあればシステム開発やAI開発に携わるエンジニアとしての活躍が見込めます。他にも、データサイエンティストといった仕事に携われる可能性もあるでしょう。

一般的なプログラマーとしての平均年収は300万円~500万円程度と言われていますが、Python言語を習得し、AI開発に携われば600万円~1,000万円程度の年収は期待できます。

他にも、データサイエンティストとして活躍すれば、600万円~1,200万円程度の年収が見込めるでしょう。

一般的なプログラマーよりも、専門性の高いPython言語を利用したAI開発やデータサイエンティストといった業務は、高額年収が期待できます。ただIT業界未経験の方では勤められない職種なので、ある程度の経験は必要になってくるでしょう。

プログラマー別の平均年収について

習得している言語によって、プログラマーの平均年収は異なります。どれくらいの違いがあるのか、平均年収を比較してみましょう。

・Pythonエンジニアの平均年収:400万円~850万円

・PHPエンジニアの平均年収:350万円~650万円

・Rubyエンジニアの平均年収:300万円~650万円

このように、Python言語の需要が高まっている傾向にあるため、Pythonエンジニアの平均年収は他のプログラマーと比較すると高いことがわかります。

ただプログラマーのスキルや企業の待遇によって年収は異なるので、あくまでも参考として捉えてください。

雇用形態によってプログラマーの年収は違う

プログラマーといっても、雇用形態は様々あります。雇用形態によっては年収が異なるため、自分はどのような働き方をしたいのか、IT業界に入る前に把握しておくことが大切です。

雇用形態によって、どれくらい年収が違うのか詳しい内容を紹介していきます。

正社員プログラマーの年収について

雇用される企業によっても異なりますが、正社員プログラマーの場合は20代でも平均430万円の年収が見込めると言われています。またプログラマーのスキルや能力によっては、さらに年収を上げてもらえる可能性があるでしょう。

ただプログラマーは、他の業種よりもクライアントの納期を意識した働き方を余儀なくされるため、残業や休日出勤が多い傾向にあります。

どのような働き方をしたいのか、雇用形態の特徴を把握した上で自分に合った方法を検討することが大切です。

派遣プログラマーの年収について

特定のクライアントと派遣契約を結び、様々な現場で働くのが派遣プログラマーです。平均年収は20代でも385万円程度と、他の業種よりも年収は高い傾向にあります。

ただ派遣プログラマーの場合は、一つのプロジェクトが完了すれば、別の現場に回される可能性もあるので、正社員プログラマーより安定した働き方は実現できないでしょう。

フリーランスプログラマーの年収について

フリーランスで活躍できるスキルがあれば、平均年収は600万円~900万円程度はあると言われています。ただ企業から依頼されるほどの信頼性を持つ必要があるため、IT業界で実践経験は積んでおくことが求められるでしょう。

フリーランスプログラマーの平均年収は高いですが、求められるレベルが高いので、十分に経験を積んでから独立した方が賢明です。

 Pythonエンジニアの年収が高い理由について

他の分野のプログラマーよりも、Pythonエンジニアの年収が高いのはなぜなのでしょうか。Pythonエンジニアの年収が高い理由について、詳しく解説していくので参考にしてみてください。

日本国内ではPythonエンジニアの数が少ない

AI開発などで、Pythonエンジニアの需要は高まっているのですが、日本国内でPython言語に精通している人材は少ない傾向にあります。そのため、多くの企業がPythonエンジニアの獲得に向けて良い待遇を与える傾向があるのです。

Python言語の理解度によっても細かい待遇は異なりますが、今後は覚えておいて損はない分野と言えるでしょう。

AIの普及によりPythonエンジニアを求めている

今ではチャットボットなど、AIは身近な存在になりつつあります。またこれからは精度の高いAI開発が求められるため、Pythonエンジニアの需要は高まることが想定されるでしょう。

それに伴い、Pythonエンジニアを雇用し、今後のAI事業に遅れを取らないように企業がPython言語を習得しているプログラマーを雇用しようと考えています。そのことから、他のプログラマーよりも、高い給与でPythonエンジニアを雇用しようという動きが、現在は活発化されているのです。

 Pythonエンジニアとして年収を上げるために必要な行動とは?

Pythonエンジニアは他のプログラマーと比較すると、平均年収が高いことがわかりました。ただ年収をより高くするためには、様々な方法を実践する必要があります。

Pythonエンジニアが年収を上げるためには、どのような行動が求められるのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

IT業界である程度の経験を積む

プログラマーの中でも平均年収が高いPythonエンジニアですが、IT業界未経験の状態では、それほど給与は高くありません。実際、経験者の方が即戦力として優遇されるので、年収を高くしようと考えるならIT業界である程度の経験は必要になってきます。

ただPython言語を習得しておくことは、IT業界に入りやすくなるので、IT業界未経験の方でも覚えておいて損はない言語です。

少なくても、Pythonエンジニア経験が1年~3年以上はないと、年収を高くしてもらうことは難しいでしょう。まずはIT業界で、エンジニアとしての経験を積んで、実力のあるプログラマーとして認識してもらうことが重要です。

 Python言語を習得後に実践経験を積む

Pythonエンジニアとして年収を上げるためには、Python言語を使ってプロジェクトに参加したという実践経験が必要になります。どのような物を開発したのか、ポートフォリオがあるだけで年収は変わってくるでしょう。

また比較的年収が高いデータサイエンティストとして活躍したいのであれば、AI学習やデータ分析の知識が必要になるので、IT業界で実践を積んでおくことが大切です。

より年収を上げたいのであれば、Python言語を覚えた後に、プロジェクトに参加したりAI開発に参加したりして、積極的に経験を増やしていきましょう。

 Pythonエンジニアとして高年収が期待できる職種について

Python言語を習得したプログラマーは、様々な職種を目指すことができます。その中でも、高年収が期待できる職種がいくつかあるので、紹介していきましょう。

将来性が期待できる「AIエンジニア」

Python言語を習得した方であれば、今後のことを考えてAIエンジニアを目指すという方も多いのではないでしょうか。実際、AI開発にPython言語を活用する機会は多いので、現場でも活躍が期待できます。

AIエンジニアは将来性の高い分野として、企業も好待遇の条件を出していることが多いので、年収を上げるきっかけになるでしょう。

AIエンジニアの仕事としては、機械学習に関するデータを収集したりコンサルティング業務を行ったりします。システムを構築する機会も多く、キャリアアップにも期待できるでしょう。

ニーズが高い「Webアプリケーションエンジニア」

Webブラウザ上で動作するアプリケーションの開発を行うのが「Webアプリケーションエンジニア」です。Web会議システムなどの構築にも携わる職種なので、これからも需要が高まる傾向にあります。

他にも、SNSや動画ストリーミングサービスにもWebアプリケーションエンジニアのスキルが必要になってくるので、需要が高く年収にも期待できるでしょう。

基本的にWebアプリケーションでは、HTML・JavaScriptなどの言語が必要とされますが、Python言語ではサーバー側のシステム構築には欠かせないスキルになります。そのため、WebアプリケーションではPython言語のスキルも必要とされるのです。

データ収集に欠かせない「データサイエンティスト」

データ収集や分析を行うために必要な職種が「データサイエンティスト」です。AIシステムを構築する上で必要な職種になるため、AIエンジニアが検討で担うケースがあります。

データサイエンティストとして活躍するためには、高度な知識が必要になるため、企業側も好待遇で人材確保に努めるケースが多いでしょう。そのため、データサイエンティストはプログラマーの中でも、年収が高い傾向にあります。

キャリアアップとしては、AIエンジニアで実践を経験してから、データサイエンティストの知識を学べば企業から必要とされる人材に成長することができるでしょう。

プログラマーとして高年収になるために必要なスキルは?

Pythonエンジニアになれば、高年収が期待できます。ただ高年収が期待できるプログラマーになるためには、ある程度のスキルは持っておくことが大切です。

プログラマーとして高年収になるためには、どのようなスキルが必要になるのか詳しい内容を解説していきます。

新しい技術を学ぶ積極的に学ぶスキル

Python言語が必要とされるのはAI開発の現場が多いです。基本的なPython言語の知識はもちろんですが、日々進歩しているプログラミングスキルに追いつくためには、新しい技術を常に学ぶ必要があります。

Python言語だけではなく、現場で求められるスキルを身に付け、必要とされる人材に成長しなければ、プログラマーとして年収アップは期待できないでしょう。

常に進化し続けているAI開発の現場だからこそ、高年収を期待するためには新しい技術を積極的に学ぶことが求められます。

チームを管理するマネジメントスキル

高年収を期待するためには、Python言語だけでなく、プロジェクトをチームで進める中でチームリーダーとして活躍するためのマネジメントスキルが求められます。プロジェクトは一人で進めることは難しく、大抵はチームを組んで開発に取り組むケースが多いでしょう。

そんな時に、チームの進捗状況や誰に作業を任せるのか、円滑にプロジェクトを進めるためのマネジメントスキルを企業は必要としています。うまく現場を管理できれば、チームリーダーとしてキャリアアップが図れるので、高年収が期待できるでしょう。

的確にデータ分析できるスキル

データサイエンティストになるためには、的確にデータを収集し、分析できるスキルが必要になります。大学などで統計学を学んでからデータサイエンティストを目指すケースもありますが、データサイエンティストになるには実践経験も必要になるでしょう。

データ分析が正しく行えるスキルがあり、結果がプロジェクトに反映されれば、データサイエンティストとしての評価が上がり、高年収が期待できます。

プログラマーとして高年収になるために必要な知識について

プログラマーとして高年収を期待するなら、Python言語の習得だけではなく、他の知識も身に付けておく必要があります。

主に必要な知識としては、「機械学習」の知識が求められます。AI開発において、機械学習の知識は重要視されるため、転職する際にも有利に進めることができるでしょう。

また人工知能に関する知識も、Python言語と組み合わせることで、AI開発を進める上で大きなメリットとなります。これからAI開発に携わるのであれば、機械学習や人工知能といった知識は身に付けておいた方が良いでしょう。

 Python言語を学習サイトで学ぶメリットについて

高年収が期待できるPython言語の習得ですが、学習サイトで学ぶ方法もあります。独学で苦労は伴いますが、学習サイトならではのメリットもあるのが特徴です。

Python言語を学習サイトで学ぶメリットについて、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

学習するための費用がかからない

主に学習サイトは、無料で学べるサイトであるため、プログラミングスクールに通う費用を節約することができます。プログラミングスクールは、比較的高額な受講料がかかるため、あまり費用をかけずにPython言語を覚えたいという方には良いでしょう。

ただ独学で学ぶためには根気が必要になり、ポートフォリオなどは自分で作っておかないとIT業界への転職は難しいので注意が必要です。

教室などで時間に縛られずに学べる

プログラミングスクールなどでPython言語を学ぶ場合、受講するための時間を確保しないといけないため、自分のペースで学習を進めることは難しいでしょう。

しかし学習サイトで学べば、わからないことはじっくり学ぶなど、自分のペースで焦らずに学習を進められます。

 Python言語を学習サイトで学ぶデメリットについて

Python言語を学習サイトで学べば、費用はかけずにプログラマーを目指すことができます。しかし学習サイトで学ぶ際には、いくつかデメリットがあるので注意が必要です。

Python言語を学習サイトで学ぶデメリットについて、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

独学なため途中で挫折しやすい

学習サイトでPython言語を学習できますが、プログラミングスクールのように、誰かに教えてもらう訳ではないので、わからない部分があれば理解しにくい傾向にあります。

そのため、途中で難しくなり、挫折してしまう恐れがあるでしょう。プログラミングスクールであれば、わからない部分も先生が教えてくれるので、理解を深めやすいのが特徴です。

学習サイトでPython言語を学ぶなら、根気強く学習できる能力が求められるでしょう。

 Python言語を覚えるまで時間がかかる

誰かに教えてもらう訳ではなく、独学で学ぶ必要があるので、Python言語を覚えるまで時間がかかってしまう可能性があります。

学習サイトでの学習は、何から覚えていけば良いのかわからないので、学習がうまく進められないということは、よくあるケースです。どうしても自分で学習してもわからない、時間がかかるという時は、プログラミングスクールに通うことも検討しましょう。

 Python言語をプログラミングスクールで学ぶメリットについて

Python言語を学習する方法として、プログラミングスクールに通うという方法があります。プログラミングスクールに通った場合、どのようなメリットがあるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

実践で必要なスキルが身に付けられる

プログラマーとして必要なスキルをIT業界未経験の状態では、身に付けることは難しいでしょう。しかしプログラミングスクールに通えば、講師から実践で必要なプログラミングスキルを学ぶことができます。

特にプログラミングスクールの講師は、現役のエンジニアの方が採用されているケースが多いので、IT業界で必要なスキルなど、何が必要なのか指導してもらえるでしょう。

全くの未経験でも、IT業界へ転職できる可能性があるので、プログラマーとしての実力を身に付けられるかもしれません。

プログラミング学習のポイントが理解できる

独学でプログラミング学習を行う場合、何から学べば良いのかわからなくなってしまうことがあります。しかしプログラミングスクールに通えば、どのように学習を進めれば良いのか、ノウハウが学べるでしょう。

そのため、自然とプログラミング学習のポイントが理解できるので、IT業界に入った後も新しい言語を学ぶ時に要領よく学習できます。

学習方法を理解するだけでも、プログラミング言語の習熟度の早さは変わってくるので、プログラミングスクールに通うメリットは大きいでしょう。

就職・転職に有利なポートフォリオが作成できる

Python言語を学習しても、IT業界未経験の場合はプログラマーとして就職・転職することは難しいでしょう。プログラミングスクールなら、卒業する前にポートフォリオを作成するので、どれくらいのプログラミングスキルがあるのか、企業に証明することができます。

企業もポートフォリオがないと、優秀な人材なのか判断できないので作成しておくことはIT業界に入社するなら重要です。

プログラミングスクールでは、ポートフォリオを作成することまでカリキュラムに組み込まれているので、効率よく学ぶことができます。

プログラマーに必要な論理的思考力が身に付けられる

IT業界でプログラマーとして活躍するなら、目的を達成するために物事を計画的に実行する能力である「論理的思考力」を身に付ける必要があります。

プログラミングスクールに通えば、論理的思考力を身に付けるために講師が効率よく指導してくれるでしょう。

プログラマーとして即戦力の人材として活躍するためにも、論理的思考力は重要な要素になるので、プログラミングスクールに通ってプログラマーとしての実力を磨くことは大切です。

 Python言語をプログラミングスクールで学ぶデメリットについて

Python言語を効率よく学ぶためには、プログラミングスクールに通う選択肢はおすすめです。講師がプログラミングの基礎から教えてくれるので、未経験でもプログラマーになれる可能性はあるでしょう。

しかしプログラミングスクールで学ぶ際には、デメリットに感じる部分もあります。具体的に、どのようなことがプログラミングスクールに通うデメリットなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

受講するためには費用がかかる

プログラミングスクールに通うためには、いくらか費用がかかります。また他のスクールと比較しても、プログラミングスクールの受講費用は高額であるため、毎月の支払いに苦労するケースもあるでしょう。

どれくらいの費用がかかるのか、事前に確認しておき、余裕がある場合にプログラミングスクールに通うことが大切です。

確実にIT業界に入れる保証はない

プログラミングスクールに通えば、Python言語の基礎を学び、プログラミングスキルを身に付けることはできるでしょう。しかし指導してもらったからといって、誰でもIT業界に入れるとは限りません。

特にPythonエンジニアに求められるレベルは、企業にとって高い可能性もあるので、実務経験がないと採用されない可能性もあります。

もしIT業界に入る意思があるなら、就職・転職サポートが充実しているプログラミングスクールを選択して、できるだけIT業界に入れるようにしておきましょう。

 Python言語を学ぶプログラミングスクールの選び方について

Python言語を学習するために、プログラミングスクールに通うなら慎重に学ぶスクールは選んだ方が良いでしょう。自分に合ったプログラミングスクールを選択すれば、効率よく学習を進めることができます。

プログラミングスクールの選び方について、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

仕事帰りの時間帯でも受講できるか?

IT業界に転職を希望する方の多くは、現在は別の業界で働いている方がほとんどです。そのため、プログラミングスクールに通う時間帯は、仕事帰りの夜遅くを希望されるケースが多いでしょう。

プログラミングスクールを選ぶなら、自分が学習できる時間帯に受講しているスクールを選ぶ必要があるので、仕事帰りでも受講可能なのか、事前に調べておくことが大切です。

オンライン受講に対応しているか?

仕事帰りにプログラミングスクールの教室に通うのは、時間的に厳しいという方も多いでしょう。そんな時は、オンライン受講に対応しているプログラミングスクールを選択することが重要です。

オンライン受講であれば、自宅でプログラミング学習を受講できるので、教室に通う手間を省くことができます。また服装も自由なので、リラックスした状態でプログラミング学習を進めることができるでしょう。

就職・転職サポートが充実しているか?

IT業界未経験の方であれば、プログミングスクールに通っても簡単に就職・転職先を見つけることは難しいでしょう。そんな時は、就職・転職サポートを実施しているプログラミングスクールを検討してみてください。

就職・転職サポートは、プログラミングスクールによって細かい対応は異なりますが、受講者が就職できるまでサポートしてくれるので、安心して就職・転職活動を行うことができます。

IT業界に入りたい意思があるなら、就職・転職サポートが充実しているプログラミングスクールを選択しましょう。

オンラインでプログラミングスクールを受講するメリット

近年では、オンラインで受講できるプログラミングスクールが増えています。具体的に、オンラインでプログラミングスクールを受講するメリットとは、どのようなことが考えられるのか紹介していきましょう。

自宅で気軽にプログラミング学習ができる

オンラインでプログラミングスクールを受講するメリットとしては、インターネット環境が整っていれば、自宅でプログラミング学習ができるという点です。

仕事帰りでもオンラインなら、着替える必要もなく、気軽に受講できます。教室に通うのが面倒という方でも、オンラインならプログラミング学習を続けやすいでしょう。

地方に住んでいる方でも東京のスクールに通える

東京のプログラミングスクールは遠いから通えないという地方に住んでいる方でも、オンラインなら気軽に受講することができます。

離れた場所でも、希望のプログラミングスクールに通えるのはオンライン受講の特徴と言えるでしょう。学習やサポートも一貫して、オンラインで受けられます。

オンラインでプログラミングスクールを受講するデメリット

自宅で気軽にプログラミング学習が続けられるオンラインでの受講ですが、デメリットに感じる部分もあります。プログラミングスクールをオンラインで受講するデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

チャット質問は返答に時間がかかる

オンラインでプログラミング学習を行う場合、わからない部分はチャット質問を行うことが求められます。しかしチャット質問の場合、講師の方が気付いて回答するまで、少し時間がかかるケースがあるでしょう。

そんな時は、口コミなどを参考に、チャット質問でも素早く対応してもらえるプログラミングスクールを探してみてください。わからない部分は、素早く回答してくれるプログラミングスクールもあるので、自分に合ったスクールを選びましょう。

モチベーションを維持するのが大変

教室でのプログラミング学習とは異なり、オンライン受講の場合は一人で学習を進める必要があります。そのため、学習のモチベーションを維持するのが大変です。

講師に相談している時間は学習意欲が湧いたとしても、課題に取り組む場合は個人で実施することがほとんどでしょう。長期的に取り組むことが難しいケースもあるので、自分のモチベーションを上げるための対策を講じておくことが大切です。

 Python言語が学べるおすすめのプログラミングスクール

Python言語をプログラミングスクールで学びたいのであれば、おすすめのスクールがいくつかあります。どのようなプログラミングスクールなら、効率よくPython言語が学習できるのか詳しく解説していきましょう。

オンラインと通学が選べる「Tech Academy」

希望する方の学習方法に合わせて、オンラインと通学のどちらも選べるのが「Tech Academy」です。ただPython言語を学習したいのであれば、オンラインのみ対応となっています。

選択できるプランは4つあり、「4週間」・「8週間」・「12週間」・「16週間」から選択可能です。Python言語のコースでは、機械学習について基礎から学べるのでIT業界未経験の方でも気軽に学ぶことができます。

指導してくれる講師は現役エンジニアなので、効率よくプログラミング学習が進められるでしょう。

また学習の進捗状況などを講師が確認してくれるメンタリングサポートが充実しているので、安心して受講できます。

マンツーマンで指導してもらえる「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア塾)」

現役エンジニアが講師として、マンツーマンで指導してくれるので効率よく学習が進められます。顧客満足度も高いプログラミングスクールなので、信頼して受講することができるでしょう。

Python言語を学習したいのであれば、「AI・データ分析コース」を選択してください。カリキュラムはオーダーメイドで組んでもらえるので、学びたい内容があればカウンセリングの時点で伝えておきましょう。

コースは豊富に用意されており、IT業界に転職したい方のために転職コースもあります。こちらのコースは、転職が成功すれば受講費用が無料になる特典が付いているので、お得にプログラミング学習を進めることが可能です。ただ条件を満たす必要があるので、事前に確認しておく必要があります。

Pythonの基礎が学べる「テックキャンプ」

Python言語を学びたい方のために、AI(人工知能)入門コースが用意されているプログラミングスクールです。Python言語の基礎を学ぶことができるので、初心者の方でも気軽に受講できます。

また人工知能の基礎を学ぶこともでき、データ分析などのプログラムを作成するカリキュラムを受けることが可能です。

受講費用は月額固定で、自分が受講したい期間だけ費用を支払うといったように柔軟な対応が実現できます。

実際にプログラミングスクールを受講した方の口コミ

Python言語を学習するために、実際にプログラミングスクールに通った方の口コミを紹介していきます。どのような口コミ評価があるのか、参考にしてみてください。

オンラインで自宅から学べる(30代:男性)

IT業界とは関係ない仕事をしていたのですが、これからAIの時代が来るという話を聞き、将来に不安を覚えました。そんな時に、プログラミングスクールの存在を知り、一度受講してみることにしました。

カウンセリングを受けていると、まさにAI開発のためのPython言語を学習できると教えてもらったので、そちらのコースを受講することに。

未経験なので、最初はプログラミングの基礎を学ぶだけでも苦労していました。しかし講師の指導のおかげで、徐々に理解できるようになったので感謝しています。

ポートフォリオも作成でき、転職サポートのおかげで、無事にIT業界に転職できました。これからはエンジニアとして活躍できる道を進んでいきます。

これから必要な知識だと思う(30代:女性)

事務として今の企業に入ったのですが、いつまでも続けられる仕事ではないと思い、プログラミングスクールでPython言語を学ぶことにしました。これからはAI開発が日本でも主軸になっていくと思ったので、Python言語のコースを選びました。

未経験の私でも、講師の方は丁寧に説明してくれたので、とても親切なスクールだったと思います。

転職サポートまでしっかりしていたので、こちらのスクールに入ってよかったです。未経験で入ったので、入社当初は苦労していましたが、今ではAI開発のチームの一員として頑張っています。

 AI開発に携わりたいと思い受講しました(40代:男性)

特に資格を持っている訳ではない私は、今の会社が倒産したら再就職は難しいだろうと思い、少し不安な気持ちを抱えていました。そんな時に、知人からプログラミングスクールの話を聞き、軽い気持ちで受講しました。

その中でも、AI開発は将来性も高いと思い、Python言語が学習できるコースを選択することに。未経験なのでわからないことだらけでしたが、講師の方は丁寧に指導してくれたので、効率よく学ぶことが出来ました。

すぐにIT業界に転職という訳にはいきませんが、スキルを持ったことで自然と自身になりました。少し副業として、プログラミングスキルを活用し、フリーエンジニアとして活動しようと思います。

今よりも年収を上げようと思って受講(30代:男性)

入社して何年も経ちますが、会社の不況も関係してなかなか昇給されることがなく、悩んでいました。そんな時に、軽い気持ちで読んだ広告にプログラミングスクールについての記述があり、一度受講してみることにしました。

プログラマーは年収が高いと聞いていたので、この業界なら年収を上げられるのではないかと期待していました。

プログラミング学習は大変でしたが、わかりやすく指導してもらえたので、最終的にポートフォリオも一人で作成することができました。

転職サポートもしっかりしていたので、未経験の私でもIT業界に入社できてよかったです。

キャリアアップを狙ってPython言語を学習(20代:男性)

プログラミング言語は、少し習得していたのですが、AI開発の道に進みたいと思っていたので、Python言語をプログラミングスクールで学ぶことにしました。

講師の方は丁寧な解説と、適切な指摘でわかりやすく教えてくれたので、とても勉強が捗りました。実際、カリキュラムの最後にはポートフォリオを作成できたので、満足しています。

AI開発の部門がある企業に入社することもできたので、思い切ってプログラミングスクールに入ってよかったです。

まとめ

プログラマーの年収は、企業の需要が高まっていることも関係して、他の業界よりも高い傾向にあります。特にPythonエンジニアは、AI開発に携わることから、今後も将来性の高い職種と言えるでしょう。

学習方法としては、独学でPython言語を学習するよりも、プログラミングスクールで指導してもらった方が効率よく学ぶことができます。

より年収の高いPythonエンジニアになりたいのであれば、プログラミングスクールに通い、Python言語を学習する方法を選択してみてください。