Pythonが学べる学習サイトは?おすすめサイトや学ぶメリットを解説!

AIの普及に伴い、AI開発に利用できるPythonの需要が高まりつつあります。将来的にAIが身近なものになってくることから、Python言語を習得すれば様々な企業でエンジニアとして活躍が期待できるでしょう。

そんなPythonは学習サイトを利用すれば、言語習得に向けて学習を進めることができます。

今回はPythonが学べるおすすめの学習サイトを紹介していくので、参考にしてみてください。

Pythonが学べるおすすめの学習サイト

需要が高まっているPythonを学べる学習サイトはいくつかあります。その中でも、おすすめの学習サイトを紹介していくので、参考にしてみてください。

 Progate(プロゲート)

実際にコードを書いてPythonを学べるのが「Progate(プロゲート)」です。PCとネット環境が整っていれば、開発環境を自分で整えなくても実践的なプログラミング学習を始めることができます。

学習コースでは、未敬遠の方でも学びやすいように、基礎的な部分から学習することが可能です。わかりにくいプログラミング言語があったとしても、細かく解説してくれるので理解が深まります。

コードが書けるので、独学では身に付きにくい実践的なスキルを磨けるのがProgate(プロゲート)の魅力です。

自分が書いたコードの結果によって、学習サイト上でレベルが上がる仕組みになっています。レベルによって、自分のプログラミングスキルがどれくらい上達しているのか把握できるので、モチベーション向上に繋がるでしょう。

Pythonの基礎的な学習については無料で利用できますが、応用的な学習を進めるなら月額980円はかかります。

ドットインストール

動画を視聴しながらプログラミングの説明をしてもらえるのが「ドットインストール」です。動画自体は短いので、途中で集中が切れることなく継続して視聴を続けることができます。

何度も視聴できるので、自分がわからない部分は見返してPythonについて理解を深めるこができるでしょう。

Pythonの入門コースは31レッスン用意されているので、基礎的な部分を集中的に学ぶことができます。また基礎だけでなく、実用例なども学習できるため、実践的なプログラミングスキルを磨くことが可能です。

入門コースについては無料で学習できますが、応用的な学習を進めたいのであれば、月額980円の支払いが必要になります。

Paizaラーニング

自分で開発環境を整えることなく、コードを書いてプログラミング学習を進められるのが「Paizaラーニング」です。実践的なプログラミングスキルが磨けるので、素早くコードを書く練習にもなります。

主に4つのエリアから構成されており、「講義動画エリア」・「補足テキストエリア」・「コードエリア」・「入出力エリア」が用意されているのが特徴です。

講義動画エリアでは、3分程度の動画がいくつか用意されているので、視覚的にプログラミングについて学習を進めることができます。補足テキストエリアでは、プログラミングを行う上での注意点などが記載されているので、何に気を付けるべきなのか理解を深めることが可能です。

コードエリアでは実際にコードを書き、入出力エリアでプログラムの入力値設定や実行結果を表示してもらえます。このように本格的にPython言語を学習できるので、基礎的な知識やスキルを習得するきっかけになるでしょう。

Pythonの入門編については、無料で学習を進めることができます。

 Python-izm

入門編・基礎編・応用編とPythonの習熟度によって、学べる内容を選択できるのが「Python-izm」の特徴です。徐々にステップアップできるので、どのように学習を進めていけば良いのか迷う心配がありません。

Pythonのサンプルコードを参考にできるため、コードの書き方も参考にできます。実行結果についても解説してくれるので、Pythonの理解度を高めることが可能です。

実際にコードを書けるので、実践的なプログラミングスキルを磨くきっかけになります。基本的には無料で利用できるので、費用をかけずプログラミング学習したい方におすすめです。

Python学習講座

現役エンジニアで活躍されている方のメモを参考に更新されている学習サイトが「Python学習講座」です。更新頻度が高いので、最新のPython言語について理解を深めることができます。

IT業界は常に進歩しているので、最新の情報を取得できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

Python入門編が用意されており、基礎的な知識を身に付けることができます。細かく説明が入れられているので、独学で学ぶ時に参考になるでしょう。

Python応用編も用意されているので、入門編を学んだ方は徐々にステップアップして学習を進めることができます。基本的には無料で利用できる学習サイトです。

Let’sプログラミング Python入門

Pythonを実行するための環境設定を行い、コードの書き方など実践的な内容も学習できるのが「Let’sプログラミング Python入門」です。自分で開発環境を整えないといけないので、事前に準備を進めておく必要があります。

手順に沿ってPythonの基礎から学べるので、初心者にもわかりやすい説明が行われているのが特徴です。図も記載されているので、覚えやすい学習サイトとなっています。

基本的に無料で利用することが可能です。

Pythonを学習サイトで学ぶメリットについて

学習サイトは基本的に無料で利用できるものが多いので、お得にPythonを学ぶことができます。独学は苦労が伴いますが、初心者の方でも気軽に利用しやすいのが魅力です。

具体的に、Pythonを学習サイトで学ぶメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングスクールを受講する費用が浮く

学習サイトは基礎的な学習であれば、無料でPythonを学ぶことができます。プログラミングスクールに通う費用が浮くので、お得にプログラミングスキルを習得することが可能です。

また学習サイトは有料のコースでも、月額980円で利用できるなど、比較的安価な金額でPythonを学ぶことができます。

Pythonを学びたいけど、プログラミングスクールに通う予算がないという方は学習サイトで学習を進める方法もあるでしょう。

PCとネット環境が整っていればどこでも学べる

学習サイトは、PCとネット環境の準備が整っていれば、いつでもどこでもプログラミング学習ができます。中には、プログラミングの開発環境を自分で整えなくても良い学習サイトもあるので、気軽に利用することが可能です。

プログラミングスクールでもオンライン形式で受講できるものがあります。しかし講師と会話することも考えると、自宅での受講が望ましいでしょう。

学習サイトなら、自分の好きなタイミングと場所でPythonの学習を進めることができます。

 Pythonを学習サイトで学ぶデメリットについて

学習サイトは無料で利用できるものがあるので、気軽にPythonの学習ができます。しかし中には学習サイトで学ぶデメリットもあるため、事前に把握しておくことが大切です。

Pythonを学習サイトで学ぶ場合、どのようなデメリットが考えられるのか、詳しい内容を解説していきます。

応用的な学習を学ぶことが難しい

学習サイトでは、Pythonの基礎的な内容を学ぶことができます。しかし応用編になると難易度が高くなり、独学で学習を進めることは難しくなるでしょう。

コードの書き方なども複雑になってくるので、何が間違っているのか把握するまで時間がかかってしまいます。

理解するまでに時間がかかるだけでなく、問題解決できずに挫折するきっかけになるので、注意が必要です。

わからない問題を相談できる相手がいない

プログラミング学習では、自分で理解できないことは必ず出てきます。その時にプログラミングスクールであれば、専門家の講師に直接訪ねられるので、すぐに問題解決することが可能です。

しかし学習サイトの場合は、わからない問題は自分で調べて修正する必要があります。初心者の場合は、その問題を解決する能力を身に付けることが大変なので、Pythonを習得するのに苦労するでしょう。

誰かに相談することもできないので、徐々に難しくなるプログラミング学習についていけなくなってしまう可能性があります。

どうしてもわからない部分が出てきたのであれば、無理せずプログラミングスクールに通うことも検討しましょう。

Pythonを学ぶならプログラミングスクールが良い理由

Pythonを学ぶなら、学習サイトを利用するよりもプログラミングスクールの方が良いケースがあります。なぜプログラミングスクールがおすすめなのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

Python言語を習得するためのサポートが整っている

学習サイトは無料版も多いので、比較的気軽にPythonの学習を始めることができます。ただどうしても独学で学習を進める上では、わからないことが出てきて限界が生じてしまう可能性が高いでしょう。

そんな時、プログラミングスクールであれば、講師の手厚いサポートが付いているので、効率よく学習を進めることができます。

一人で悩まずに、専門家の講師にわからない部分を尋ねられるので、途中で挫折する心配も少ないでしょう。個人で学習するのが難しいという方は、プログラミングスクールを利用してみてください。

カリキュラムに沿って効率の良い学習ができる

プログラミングスクールでは、受講者のレベルに合わせて適切なカリキュラムを組んでくれます。効率よくPythonを学ぶことができるので、短期間で学習を進めることが可能です。

学習サイトで学習する場合にも、ある程度の手順で学べますが、いきなり難しくなることもあり、理解が進まないことがあります。

その点、プログラミングスクールなら、受講者の理解度によってカリキュラムを柔軟に変更したり講師が指導してくれたりするので、学習の停滞を懸念する心配が少ないでしょう。

短い期間で効率よくPythonを学びたいなら、プログラミングスクールを利用した方が賢明です。

IT業界への就職・転職がしやすい

学習サイトでPythonを学んだとしても、IT業界でエンジニアとして雇用されるレベルまでプログラミングスキルを磨くのは難しい傾向にあります。

しかしプログラミングスクールなら、現役のエンジニアが講師として指導してくれるスクールもあるので、エンジニアとして必要な知識やスキルを教えてくれるでしょう。

そのため、IT業界で活躍できるほどのプログラミングスキルが磨けるので、即戦力の人材として成長できる可能性があります。

またプログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後に、就職・転職サポートが付いているスクールもあるでしょう。通常の求人情報には掲載されていない企業に入れることもあるので、自分の希望に沿ったIT企業に入社できるかもしれません。

Pythonをプログラミングスクールで学ぶデメリットについて

プログラミングスクールでPythonを学べば、短期間で習得できる可能性があります。しかし中にデメリットに感じる部分もあるので、注意が必要です。

どのようなことがプログラミングスクールのデメリットなのか、詳しい内容を紹介していきます。

受講するためには費用がかかる

プログラミングスクールに通う場合、受講するためには毎月費用がかかります。トータルで10万円以上することもあるので、予算には十分余裕をもって受講することが求められるでしょう。

プログラミングスクールによっては、どれくらいの受講費用がかかるのか違うので、自分の予算に合ったプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

中には、プログラミングスクールが紹介するIT企業へ入社すれば、受講費用が無料になるサービスがあります。

お得にプログラミングスクールに通いたいという方は、無料サービスを提供しているスクールを選んでみましょう。ただ無料サービスが受けるためには、一定の条件が設けられているので、事前に確認しておくことが大切です。

受講してもPythonエンジニアになれるかわからない

プログラミングスクールに通ったからといって、確実にPythonエンジニアになれるとは限りません。効率よくPython言語を学ぶことはできますが、習熟度については本人の努力が必要不可欠です。

ただプログラミングスクールでは、未経験の方でもIT業界への就職・転職ができるように、カリキュラムを組んでもらえるので、うまくいけば入社することはできます。

Pythonが学べるおすすめのプログラミングスクール

Pythonを学びたい場合、どこのプログラミングスクールに申し込めば良いのでしょうか。おすすめのプログラミングスクールを紹介していくので、参考にしてみてください。

Tech Academy

オンライン形式が採用されているプログラミングスクールで、専門家のエンジニアがマンツーマンで指導してくれます。効率よく学べるだけでなく、わからないことがあれば、すぐに質問できるサポート環境が整えられているのが特徴です。

Pythonを学びたいなら、「AIコース」か「データサイエンスコース」を選択すると良いでしょう。特にAIコースは、AI開発に関する学習が進められるので、将来性が高いプログラミングスキルを磨くことができます。

データサイエンスコースについては、Pythonだけでなく統計学について学べるので、エンジニアのキャリアアップを図りたい方におすすめのコースです。

無料体験が受けられるので、どのような学習環境が整えられているのか、まずは体験だけでもしてみると良いでしょう。

CodeCamp

完全オンラインで完結するプログラミングスクールで、専属講師がマンツーマンで指導してくれます。Pythonを学びたいなら、「Pythonデータサイエンスコース」を選択すると良いでしょう。

Pythonを活用して、データを集めて有効活用する方法を学ぶことができます。データサイエンスの職種は、様々な企業が求めている人材なので覚えておけば、エンジニアのキャリアアップを図れる可能性があるでしょう。

無料体験レッスンを開いているので、どのような学習が行えるのか、参考に受けてみてください。

Aidemy

AI開発に特化したプログラミングスクールで、Pythonを使って本格的にAI開発について学びたい方におすすめです。

AI開発に関するコースが様々用意されており、どのようなものを製作したいかによっておすすめのコースが異なります。

無料カウンセリングを実施しているので、まずはどのような学習がしたいのか、相談してみると良いでしょう。

Pythonを学ぶならプログラミングスクールは慎重に検討しよう

Python言語をプログラミングスクールで学ぶなら、どこで受講するのか事前に検討しておくことが大切です。プログラミングスクールを選ぶ上での基準を紹介していくので、参考にしてみてください。

Pythonを使ったコースがあるか?

まずPython言語を習得したいのであれば、事前にプログラミングスクールのコースでPythonが学べるコースがあるのか確認しておきましょう。

プログラミング言語によって開発できるものは異なります。そのため、選ぶコースによって目指せるエンジニアが違うので注意しましょう。

実際にPython言語が学べるのか確認するためにも、無料カウンセリングの時点でカウンセラーに尋ねるようにしておく必要があります。

サポート体制は充実しているのか?

プログラミングスクールによって、どのようなサポートを提供しているのか異なります。例えばIT業界への就職や転職を希望している方なら、就職・転職サポートが充実しているプログラミングスクールを選んだ方が良いでしょう。

他にも、サポート体制としては講師にいつでも質問できるチャットサポートに対応しているかなどが考えられます。

理想的な学習方法が実現できるのか、前もってプログラミングスクールのサポート体制について確認しておくようにしましょう。

自分が学習できる時間帯に開講しているか?

プログラミングスクールに入る前に確認しておきたいことが、自分が受講できる時間帯に開講しているかどうかということです。社会人であれば、仕事終わりの遅い時間帯に開講していないと、プログラミング学習に費やせる時間を確保することが難しくなります。

またオンライン形式での受講であったとしても、どの時間帯まで対応してもらえるのか、事前に確認してからプログラミングスクールに入るのか検討しましょう。

カリキュラムは自分が希望する内容で組んでもらえるのか?

プログラミングスクールによってカリキュラムの組み方は異なります。受講者に合わせてオーダーメイドでカリキュラムを組んでもらえることもあるでしょう。

中には初心者には厳しいカリキュラムが組まれることもあるので、無料カウンセリングの時点で、どのようなカリキュラム内容なのか確認してからプログラミングスクールを選んでください。

カリキュラム次第で、自分のプログラミングの習熟度が変わるので、適切な内容のプログラミングスクールを見つけて受講するか検討しましょう。

どれくらいの費用がかかるのか?

プログラミングスクールは毎月受講費用がかかるので、自分の予算に合ったコースを選ぶ必要があります。プログラミングスクールによって費用にはバラツキがあるので、よく確認してから受講するか検討しましょう。

中には、プログラミングスクールが提携しているIT企業に入社できれば、受講料が無料になるサービスを提供していることがあります。経済的に負担がかからないように、適切な受講費用のプログラミングスクールを選択しましょう。

まとめ

学習サイトを利用すれば、Pythonの基礎的な内容は学習することができます。しかし応用編になると有料になったり難易度が高くなったりするので、独学で学ぶことは難しくなるでしょう。

エンジニアとして活躍したいと望むのであれば、プログラミングスクールに通った方が効率は良いです。

費用はかかりますが、短期間でPython言語を習得できるので、自分に合った学習方法を検討してみましょう。