Webライティングに役立つ本は?おすすめの書籍12選!

副業としてWebライティングを始めたのはいいものの、なかなか記事の品質が上がらず、単価も低いと悩んでいる方も多いでしょう。クラウドソーシングなどでもWebライティングの案件は複数ありますが、高単価の案件はWebライティングの実績がないと仕事を任せてもらえないというケースもあります。

今回はそんなWebライティングに役立つ本やWebライティングのポイントなどについて解説していくので、参考にしてみてください。

目次

Webライティングで必要な要素について

Webライティングを始めたものの、なかなか品質を高めることができないと悩んでいる方も多いでしょう。そんな方のために、Webライティングで必要な要素について解説していきます。

読者が理解しやすい文章を書く

Webライティングで必要な要素としては、まず読者が読んで理解しやすい文章を書くことを意識する必要があります。難しい単語や言葉を並べても、読者に伝わらないと意味がありません。

できるだけわかりやすく文章を作成し、漢字についても読みにくいものはひらがなに変換した方が良いケースもあります。

Webライティングとして記事の品質を高めたいのであれば、読者側に立ってわかりやすい文章を書きましょう。

SEOを意識してライティングする

Webライティングで意識すべき点は、「SEO対策」です。SEO対策とは、Googleなどで上位にページ表示されるために行う対策のことを指しています。

SEOを意識したWebライティングを行うことで、品質の高い記事が作成できるでしょう。クライアントからも、頼りになるライターとして重宝されます。

実際、SEOを意識したWebライティングを行えるライターに依頼すれば、自分のWebサイトが上位表示される可能性が高くなるので、何度も依頼したいと思わせることが可能です。

購買意欲を出させるコピーライティング

Webライティングの中には、商品やサービスの紹介をして欲しいというコピーライティングの依頼を受けることがあります。このコピーライティングを行う際に、読者が購入したいと思えるような記事を作成できれば、様々な分野で活躍が期待できるWebライターとして活動できるでしょう。

ただ購買意欲を出させるためのコピーライティングを習得するためには、商品やサービスについて深く理解しないといけません。商品やサービスの魅力を見極めるための読解力も必要になりますが、魅力的なコピーライティングが書ければ高単価の依頼も請け負うことができるでしょう。

Webライティングの基礎を知りたい方におすすめの本3選

Webライティングの基礎を理解し、Webライターとして活動したい方におすすめの本を紹介していきます。初心者の方でも理解しやすい内容になっている本なので、気軽に読み進めることができるでしょう。

おすすめ①:ナタリー式新しい文章力の教室Web文章の「書き方」入門教室

Webライティング初心者におすすめの本が「ナタリー式新しい文章力の教室Web文章の「書き方」入門教室」です。良い文章を書くためには、まずルールを知ることが大切など、基礎を理解するために必要な要素が書かれている書籍となっています。

Webライティングで必要なことは、書き始める前の準備が大切だと書かれており、構成を考えてから執筆を始めることが重要です。

順序よく書き進めることで、執筆の手を止めることなくスピーディーに記事が書けるといった内容が解説されています。

読みやすく理解しやすい内容となっているので、Webライティングの基礎を知りたい方は読み進めてみてください。

おすすめ②:Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで

様々な分野のWebライティングについて書かれている書籍で、文章の書き方を一から学びたい方におすすめです。基礎・実践・応用と順序よく解説されているので、自分の文章力をステップアップさせることができます。

基礎では文章の書き方、実践では文章の事例を紹介、応用ではツールを使用した効果的なWebライティングの方法などが書かれているようです。

この1冊があれば、自分のWebライティングの実力を伸ばすことができるので、興味がある方は手に取ってみてください。

おすすめ③:スピードマスター 1時間でわかるWebライティング

Webライティング初心者の方にも理解できるよう、専門用語はできるだけ使用せずに解説されている本です。Webライティングの基礎として大切なことがイラストで解説されているので、よりわかりやすく表現されています。

Webライティングの応用などの内容は理解できませんが、初心者に大切な文章の書き方については詳しく紹介されているので、最初に読む本としてはおすすめです。

比較的読み進めやすい内容となっているので、一冊読むのに時間はそれほどかかりません。

WebライティングでSEOについて知りたい方におすすめの本3選

WebライティングでSEOについて理解し、質の高い記事を作成したい方におすすめの本を3つ紹介していきます。SEO対策を講じた記事が作成できれば、クライアントから高評価を受けることがあるので、継続的に案件が受注できる可能性があるでしょう。

おすすめ④:10年つかえるSEOの基本

SEOで評価され、上位表示される記事とはどのようなものなのか、解説されている本です。SEOとはどのようなものなのか、基礎的な部分から丁寧に書かれているので初心者の方でも読み進めやすい内容となっています。

基礎だけでなく、どのようにSEO対策すべきなのか記事作成のポイントについても書かれているので、参考にしてみてください。

おすすめ⑤:入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方

SEOについて詳しく知らない方でも読み進めやすい、基礎的な知識について記述されている本です。SEOの目的など、順序よく解説されているので、読み進めていけばSEOの大切さを理解できるようになります。

マニュアルのように読み進めることができるので、Webライティングの質を高めて、良質な記事を作成できるようになるでしょう。

SEOに効果的なタイトルや見出しの書き方なども記載されているので、これからの執筆に関しても意識すべき点が見えてきます。

おすすめ⑥:沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

Webライティングに必要なことが書かれていると、人気になっている本です。SEOの基礎だけでなく、Webライティングに必要な情報が記述されているので、記事作成の品質を高めることができます。

ボリュームがある一冊となっていますが、漫画で解説されている部分も多いので、気軽に読み進めることができるでしょう。主人公が徐々にWebライティングに必要な技術を習得していく姿は、自分に投影して考えられるので楽しくなります。

少し情報量は多いので、理解できる部分を読み進めていき、わからない部分は実践を積んでから理解を進めるとわかりやすいかもしれません。

Webライティングでコピーライティングについて書かれたおすすめの本3選

Webライティングにおいて、コピーライティングについて詳しく知りたいという方に、おすすめの本を紹介していきます。初心者の方でも読み進めやすい内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ⑦:10倍売れるWebコピーライティング コンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方

読者の購買意欲を出させるために必要なコピーライティングのコツを紹介している本です。欲求を刺激するキャッチコピーを書くコツが解説されているので、わかりやすく記事作成の参考になる一冊となっています。

魅力的なコピーライティングのポイントが順序よく解説されているため、参考にして書いていけば自然と文章力を培うことができるでしょう。

コピーライティングの書き方に悩んでいる方におすすめの本となっているので、ぜひ一度読んでみてください。

おすすめ⑧:稼ぐ言葉の法則

文章だけで商品やサービスを購入してもらえる文章力を培う方法が記述されている本です。ページ数も少なく、初心者の方でも読み進めやすい内容となっています。

作者が考えた独自のセールスコピーが紹介されているので、参考にすれば自分でも魅力的なコピーライティングを実践できるようになるでしょう。

気軽に読めるだけでなく、実践的な内容も書かれているので、本格的にコピーライティングを書きたい方はぜひ読んでみてください。

おすすめ⑨:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

コピーライティングに求められる単語が紹介されている本です。辞書のように使うタイミングなど事例が紹介されているので、コピーライティングの仕事を請け負う時に便利に活用できます。

言葉でうまく表現できない時などは、この単語帖を利用すれば便利に商品やサービスを紹介することができるでしょう。

コピーライティングで難しい言葉選びの参考になるので、実践的に利用できるはずです。

Webライティングで文章力を向上したい方におすすめの本3選

Webライティングにおいて、文章力を向上させることは記事の品質を高めるために必要なことです。文章力を向上させたい方におすすめしたい本を紹介していくので、参考にしてみてください。

おすすめ⑩:何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

Webライティングの文章力を向上させるために、8つの型について解説している本です。この8つの型を意識して記事作成を行えば、より品質の高い記事が書けるという内容になっています。

Webライティングの基本から、応用的なレベルまで記述されているので、実践的な知識やスキルを身に付けるきっかけになるでしょう。今以上に文章力を向上させたいという方は、ぜひ手に取って読み進めてみてください。

おすすめ⑪:あなたの文章が劇的に変わる5つの方法

読者の興味を引くために必要な文章の手法を紹介している本です。より魅力的な記事を作成するために、どのようなことを意識すべきなのか、基礎的な内容が記述されています。

具体例も書かれている本になっているので、Webライティングを行いながら参考にして執筆を進めれば、自然と魅力的な文章が書けるようになるでしょう。

魅力的な文章が書ける人は、どのようなことを意識しているのか詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

おすすめ⑫:超スピード文章術

Webライティングを行う上で文才は必要がないと記述されているのが、この本です。何を書くのか意識して執筆すれば、読者に価値のある記事を提供できると書かれています。

Webライティングに必要なことについて書かれているので、素早く執筆し、案件をより多く任せられたいという方にはおすすめです。

Webライティングを始めるメリットは大きい

そもそもWebライティングを始めるメリットとは、どのようなことが考えられるでしょうか。Webライティングのメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

特別な資格を取得しなくても始められる

Webライティングの魅力としては、まず特別な資格を取得しなくても仕事を始めることができるという点です。基本的に誰でもWebライティングが始められるので、記事作成のやる気さえあれば問題ありません。

Webライティングを始める方の中には、副業として始める方も少なくありません。ハードルが低いので、気軽に始めることができるでしょう。

ただ文章力はしっかり培っておかないと、クライアントからの信用を失う結果に繋がるので実力を身に付けることは大切です。

用意するものはPCとネット環境

Webライティングを始めるメリットとして、用意するものが少なく、比較的簡単に作業を行えるという点です。PCとネット環境さえ整っていれば、Webライティングを始めることができます。

作業が行える環境が整っていれば、自宅だけでなくWi-Fi接続が可能なカフェなどでも作業を行うことが可能です。

Webライティングを行っている方の中には、旅をしながら仕事をするという方もいるほどなので、自由な働き方が実現できるでしょう。

自分の作業量次第で稼ぎが変わる

Webライティングの執筆スピードが早ければ、より多くの案件をこなすことができるので、稼ぎも大きくなる可能性があります。実際に、Webライティングを副業としていた方が、収入が大きくなったため、本業のWebライターとして活動するようになったという話もあるのです。

特にWebライティングのスキルが向上すれば、専門性の高い案件を請け負うことができるので、より高単価の記事を作成できるようになります。

幅広い知識を得て今後の活動に良い影響を与える

Webライティングを行っていけば、様々な案件を請け負うようになります。そうなれば、自然と幅広い知識を得ることができるので、活動の幅も広げられるようになるでしょう。

例えばWordPressの使い方をマスターすれば、自分でブログやサイトを作ることができ、得られる収入が増える可能性があります。

また幅広いジャンルの執筆も可能になるので、より多くの案件を請け負うきっかけにもなるでしょう。

ネットで稼ぐ方法が理解できるようになる

Webライティングで稼ぐようになれば、ネット環境があればどのように収益を得ることができるのか、理解を深めることができます。

Webライティングだけでなく、商売を販売するスキルなども向上できるきっかけになるので、多様な働き方が実現できるようになるでしょう。

Webライティングを行うデメリットについて

特別な資格は必要なく、PCとネット環境さえ整っていれば始められるWebライティングですが、デメリットに感じる部分もあります。どのようなことがWebライティングを行うデメリットなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

すぐ本業にすることは難しい

Webライティング初心者の場合、実績がないため高単価の案件を請け負うことは難しいでしょう。そのため、始め立ては思うように稼ぐことが難しいケースが多いです。

徐々に実績を増やしていき、クライアントに信頼されるようになれば、任せられる案件は増えていきます。そうなれば高単価の案件を請け負う可能性も高くなるでしょう。

ただすぐに高収入を期待するのは難しいので、まずは副業から始めてみると良いかもしれません。

常に学習することが求められる

Webライティングでは、一つのジャンルに対して複数の案件が回ってくる訳ではありません。金融・美容・健康など、様々なジャンルを請け負うことが求められるので、常に学習する姿勢が必要になってきます。

情報を細かく取得する必要もあるので、学習が面倒という方にはWebライティングは難しいかもしれません。

ただ継続的にWebライティングを行っていけば、様々な知識を持つことができるので、多方面で活躍が期待できるようになるでしょう。

案件を受け続けないと収入が発生しない

Webライティングは基本的に執筆し続けないと、収入が発生しない仕組みになっています。案件を請け負い、その時に発生した執筆料金だけが収入になるので、常に動き続けることが求められるでしょう。

ただ自分でブログやサイトを作るようになれば、不労収入として確保できる可能性もあります。そのためにも、まずはWebライティングの技術を磨いて、文章力を向上させることが大切です。

Webライティングで文章力を向上させるコツとは?

Webライティングでより高単価の案件を請け負うためには、文章力を向上させる必要があります。どのような方法で文章力を向上させれば良いのか、コツについて解説していきましょう。

Webライティング向上の本を読む

Webライティングにおける文章力を向上させるためには、専門の本を読むことで知識を蓄える方法がおすすめです。今回紹介した本を読めば、文章力向上が期待でき、Webライティングに自信がつくようになるでしょう。

自分に足りていないと思える内容の本があれば、積極的に読んでWebライティングのスキルを磨いてみてください。

魅力的な文章はメモを残しておく

サイトや新聞、広告など様々な場面で文章を読むことがあります。そういった文章の中には、魅力的に感じる文章を見つけることがあるでしょう。

例えば商品のキャッチコピーなど、Webライティングの参考になる文章は様々あります。メモを書き残しておけば、自分のボキャブラリーを増やすきっかけになるので、気になったら忘れないうちにメモしておきましょう。

構成から考えて文章を読みやすくする

文章力を向上させるコツとしては、構成からしっかり考えて、読者が読みやすい流れを作ることが大切です。構成がしっかりしているWebサイトなどは論理的に感じて、読者も理解しやすくなっています。

キーワードの指定があれば、そのキーワードに沿って構成を考え、どのようなゴールを目指すのか決めてから執筆を進めてみてください。

執筆を重ねてPDCAを回す

文章力を向上させるためには、何度も執筆を重ねる必要があります。その中で完成した記事のPDCAを繰り返し、記事の品質を高める工夫を行っていきましょう。

記事が完成した時に、すぐに納品するのではなくPDCAを回して確認作業を行えば、記事の見直しがしっかりできるので高品質な記事作成ができるようになります。

Webライティングに向いている人とはどんな人?

文章を書くことで報酬をもらうWebライティングですが、そもそもどのような人に向いている仕事なのでしょうか。向いている人の特徴について解説していくので、参考にしてみてください。

文章を書くのが好きな人

Webライティングは文章の意味を読み解き、自分の言葉として文章を書く必要があります。そのため、文章を書くのが好きという方ではないと、Webライティングを続けることは難しいでしょう。

特に活字を読むのが苦手という方には、Webライティングを続けることは難しいので、本や雑誌を読むのが好きという人の方がWebライターに向いています。

知識欲が高い人

Webライティングは様々な知識が必要になり、情報を調べて執筆を行うのが一般的です。そのため、より多くの知識を吸収したいなど知識欲が高い人の方がWebライティングに向いている傾向にあります。

また読者が興味を示してくれる文章とはどのような内容なのか、知識欲が高い人の方が熱心に考えることが多いでしょう。知識欲が高い人の方が、より魅力的な文章を書けるはずです。

一人で執筆作業を行うのが楽しいと感じる人

WebライティングはPCに向かって、黙々と執筆作業を行うことが多いです。そのため、一人で作業を行うのが楽しいと感じる人の方が、Webライティングに向いている傾向があります。

中には一人で作業するのが辛いと感じる人もいますが、そういった人はWebライティングには向いていない可能性があるでしょう。

フィードバックを素直に受け入れられる人

Webライティングの案件を請け負っていると、クライアントから記事に対してフィードバックをもらうケースがあります。その時に、自分が良い記事を作成したとしても、クライアントにとっては修正して欲しい箇所が発生している可能性もあるでしょう。

Webライティングとして重要なのは、自分が良い記事を書いたという感想ではなく、クライアントの要望に沿った執筆を行うことなので、フィードバックが来た時には素直に対応する必要があります。

このように、クライアントからフィードバックが来た際には、素早く対応して、要望通りに意見を取り入れる素直さを持っている人がWebライティングに向いていると言えるでしょう。

自分でスケジュールを管理できる人

Webライティングの案件を請け負う際には、クライアントがいつまでに納品して欲しいのか期日を決めます。その期日をしっかり守らないと、信頼されない可能性が高いので、スケジュール管理はWebライターとして重要です。

そのため、Webライティングに向いている人の特徴としては、自分でスケジュール管理を行い、納期を遵守できる人ということになります。

信頼できるWebライターとして認識されれば、これからも継続して案件を任せてもらえる可能性が高くなるでしょう。

Webライティングで稼ぐ方法とは?

Webライティングで稼ぐ手段としては、主に2つの方法があります。それは「専属ライター」・「クラウドソーシング」で案件を請け負う方法です。

具体的に、どのような方法で稼げるのか、詳しい内容を解説していきます。

専属ライターとして稼ぐ方法

WebメディアなどではWebライターを募集していることがあります。そこで専属ライターとして採用されれば、安定して案件を請け負うことが可能です。

専門的な知識を扱うWebメディアであれば、高単価が期待できるのでWebライティングに慣れたなら応募してみるのもおすすめになります。

ただ専属ライターは、納期などが予め決められていることが多いので、自分の好きなようにスケジュール管理できない可能性があるでしょう。

また未経験の方は実践経験が少ないので、採用されない可能性があります。専属ライターとして採用されるためにも、どのような記事を書いたのかポートフォリオになるものを提出することが重要です。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングでは、様々な案件が紹介されています。登録は無料なので、誰でも気軽に始めることが可能です。案件の中には高単価な案件も含まれているので、自分のスキルに合った仕事を受注できます。

ただ案件ごとに単価が異なり、安定した仕事を見つけるのが難しいのが特徴です。またネットのみのやり取りになることが多いので、コミュニケーションがスムーズに行えない可能性があります。

トラブルに発展する恐れもあるので、クラウドソーシングを利用して受注する場合は、信頼できるクライアントかどうか見極めましょう。

まとめ

Webライティングで文章力を向上させるためには、今回紹介した本を参考にしてみてください。基礎的な内容から応用的なことまで書かれているので、執筆する際の参考になります。

Webライティングで稼ぐためにも、案件の数をこなして記事作成のコツを掴むことが重要です。

まずはクラウドソーシングなどを利用して案件を請け負い、自信が出てきたら専属ライターとして活動する道を検討してみてください。

最初はうまく稼ぐことができない可能性はありますが、クライアントからの信頼を得るようになれば、本業として活動できるほどの収入を得ることができるようになります。

根気強く続けていき、Webライティングとしての実力を身に付けていきましょう。