プログラミングは独学でも学べる?学習のポイントについて解説!

IT化が進む中で、プログラミングができる人材の需要は増加傾向にあります。そのため、未経験の方でもプログラミング学習は行っていた方が、将来的にスキルが役立つ可能性があるでしょう。

そんなプログラミング学習は、独学で学ぶことはできるのでしょうか。

今回はプログラミングを独学で学ぶことはできるのか、学習のポイントについて詳しく解説していくので参考にしてみてください。

目次

プログラミングを独学で学ぶなら知っておきたい要素

プログラミングを独学で学ぶことはできます。ただやみくもに学習しても、効率よく学習が進められないので注意が必要です。

独学で学ぶ場合は、どのような学習を行うのが適切なのか、事前に知っておきたい要素について解説していきます。

プログラミングを利用して何を作るか決める

プログラミングを独学で学ぶ場合に大切なのが、事前に何を作りたいのか明確にしておくことです。作りたいものによって、必要なプログラミング言語は異なります。そのため、習得する言語を選ぶためにも、作りたいものを前もって決めることは重要なのです。

例えば、Webサイトを作りたいなら「HTML」・「CSS」などのプログラミング言語の習得が求められます。Webアプリを製作したいなら、「Ruby」といったプログラミング言語を習得する必要があるでしょう。

自分の学習方針を決めるためにも大切なので、自分の将来像を意識しておくことは大切です。

プログラミングの基礎学習は独学でも学べる

プログラミングの基礎学習であれば、本や学習サイトを利用すれば2週間程度あれば覚えられることがあります。全くの未経験でも、専門用語を覚えることはできるので、言葉がわからなくならないためにも、基礎学習は重要です。

ただ本を選ぶ時は、応用的な内容の難しい本ではなく、まず基礎的な内容が記述されている本を選びましょう。

学習サイトを利用してコードの書き方などを学ぶ

プログラミングの基礎学習が済んだ後は、学習サイトなどを利用して実際にコードを書き込んでいきましょう。学習サイトでは、間違っている部分を指摘してくれたりヒントをくれたりすることがあります。

開発環境を自分で整えることなくコードが正しいのか確認できるので、実践的なスキルを磨きたい時に便利です。

専門家の意見を聞いてコードを書き直す

独学の場合、講師がいないので意見を聞くのは難しい傾向にあります。ただ経験者からの意見を聞かないと、何が問題なのか判断できないことがあるでしょう。

専門家の意見が聞けるなら、自分が書いたコードをチェックしてもらい、どの部分が間違っているのか指摘してもらってください。

なぜ間違っているのか理解できるようになれば、プログラミングスキルを向上させるきっかけになります。

ポートフォリオを製作してみる

自分のプログラミングスキルがどの程度まで成長したのか確認するためにも、ポートフォリオを製作してみましょう。覚えたプログラミング言語によって、アプリ開発・Web製作など作れるものが異なるので、自分で出来る範囲で製作してみてください。

ポートフォリオの出来次第では、未経験でもIT企業への就職・転職が叶う可能性があります。より利便性の高いものやオリジナル性の高いポートフォリオを製作し、高い評価を受けるように努力しましょう。

プログラミングを独学で学ぶ際に大切なポイントについて

プログラミングを独学する場合、大切なポイントがいくつかあります。どのようなことを意識すべきなのか、大切なポイントを紹介していくので参考にしてみてください。

前もって学習のゴールを決めておく

プログラミングを独学で学ぶ前に、学習のゴールをどこに設定するのか決めておくことが大切です。ゴールを設定しておけば、どこまで学習すれば良いのか明確な目標が生まれます。

ゴールに到達することを目標に学習が続けられるので、途中で挫折することなく、継続してプログラミング学習を行えるでしょう。

学習する内容は事前に決めておく

プログラミング初心者が独学する際に失敗しがちなのが、何を学習すれば良いのかわからず、迷走してしまうことです。自分が作りたいものに関係ないプログラミング言語を学習しても利用できないケースもあるので、どの言語が必要なのか事前に確認しておきましょう。

事前に自分の学習内容を決めておけば、何を学習すれば良いのか迷う心配がないので、様々な意見を取り入れて学習する流れや内容、いつまでに学習を終了させるのか計画的に学習を進めてください。

プログラミングを独学で学ぶ場合のメリット

プログラミングを独学で学ぶ場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

受講費用がかからなくて経済的に良い

プログラミングを独学で学ぶ場合、プログラミングスクールに通う必要がないため受講費用がかかりません。そのため、経済的に負担がかかる心配がなく、お得にプログラミング学習を始めることができます。

学習サイトであれば、無料で利用できるサイトが多いので、手軽に学習が進められるでしょう。ただ本の場合は、購入費用がかかります。それでも一冊1,000円程度なので、それほど出費にはならないでしょう。

プログラミングスクールに通うほどの予算がないという方は、独学の方がおすすめです。

学習スピードが早い方は独学の方が素早く覚えられる

プログラミングスクールは独自のカリキュラムに沿って学習を進め、決まった日にちに受講する必要があります。しかし独学の場合は、どこまで進めるのか自分次第なので、学習スピードが早い方であれば、独学の方が吸収するスピードは早い可能性があるでしょう。

ただ基本的にはプログラミングスクールのカリキュラムに沿って学習を進めた方が効率は良いので、独学の方が学習スピードは遅いはずです。

問題解決能力を身に付けることができる

独学でプログラミング学習を進める場合、様々な問題に取り組むことになります。その度に、自分で調べて問題解決する必要があるので、自然と問題解決能力を身に付けられるようになるでしょう。

エンジニアにとって問題解決能力を備えていることは重要な要素となるので、今後IT企業で活躍するためにも培っておくことは重要です。

プログラミングを独学で学ぶ場合のデメリット

受講費用がかからず、気軽に始めることができる独学ですが、中にはデメリットに感じる部分があります。プログラミングを独学で学ぶ場合のデメリットとは、どのようなことが考えられるのか詳しい内容を解説していきましょう。

何から学習すれば良いのかわからない

プログラミングを独学で始める場合によくあるのが、何から学習すれば良いのかわからないということです。プログラミングの基礎を理解していない方が、急にコードの書き方を学んでも理解できないことは多いでしょう。

大切なのは、プログラミングの基礎から少しずつ学んでいくことです。本であれば、基礎的な内容が書かれているもの、学習サイトなら初心者向けのレッスンを受講してみて、自分でわかる範囲を少しずつ読み解いていきましょう。

プログラミング言語を習得するまで時間がかかる

学習の早い人なら、独学でも素早くプログラミング言語をマスターできることはあります。しかし基本的には、自分で問題解決するための下調べも自分で行うので、学習時間がかかってしまうのが難点です。

プログラミングスクールなら、わからない部分は講師が指導してくれるため、理解は早くて済みます。しかし独学の場合は、全て自分で解決しないといけないので大変です。

途中で挫折してしまうことが多い

基礎的な部分であれば、独学でも問題なく学習を進めることができます。しかし応用的な話になると、難易度が上がってくるのでわからない部分が増えてきて、途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

また十分なプログラミングスキルを習得するためには、独学ではかなりの時間がかかります。仕事をしながら学習している人であれば、思うように時間が確保できずに、途中で学習をやめてしまうというケースも多いです。

自分で継続して学習を続けるのが苦ではないという方なら独学はおすすめですが、個人で学習するのが難しいという方はプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングを独学で学ぶ時に挫折しがちなこと

プログラミング学習を独学で学ぶ場合、どのような部分で挫折してしまうことが多いのでしょうか。挫折しがちなことについて解説していくので、参考にしてみてください。

エラーが解決できずに学習が止まってしまう

学習サイトなどを利用してコードを書き込むことはできますが、正しいコードを書かないとエラーが発生することがあります。

プログラミングを行う中で、コードミスはよくあることです。その中で経験者であれば、素早く原因を特定して修正することができます。

ただ独学でプログラミングを学習している場合は、どこに問題があるのか自分一人で解決しないといけません。エラーが発生している箇所が発見できず学習が止まった状態が続くと、徐々にモチベーションがなくなっていき、最終的には挫折するというケースも多いです。

エラーが発生した時には、経験者や現役エンジニアの方に声をかけて、問題の箇所を指摘してもらうことが重要になります。

一人で解決できない時は、プログラミングスクールに通って、講師から指導を受けることも視野に入れておきましょう。

自分でポートフォリオが製作できない

独学でプログラミング学習を続けていれば、いずれはポートフォリオを製作し、どの程度のプログラミングスキルが身に付いたのか試したい時がくるでしょう。

また実際にポートフォリオがあれば、未経験の方でもIT企業に就職・転職できる可能性が出てきます。

ただその時に、問題が発生しても解決する能力がないと、いつまでもポートフォリオが完成できずに終わってしまう恐れがあるでしょう。

個人でポートフォリオを製作するのは難易度が高いので、自分一人で製作するのが難しい時はプログラミングスクールに通うことも検討してください。

独学でプログラミング学習をする場合に挫折しないためには?

独学でプログラミング学習を行う場合、難しい問題に直面した時に解決策が思いつかず、挫折してしまう方は多いでしょう。そんな時、挫折しないためには、どのような対応や準備を心掛けることが重要なのか、詳しい内容を解説していきます。

自分のプログラミングレベルに合った学習環境を整える

独学で挫折しないためにも、まずは学習環境を整えることが大切です。基礎的な学習であれば、PCとインターネット環境を準備しておけば、十分プログラミング学習を進めることができます。

しかし応用的な学習になると、開発環境を整える必要が出てくるでしょう。実践的なスキルを身に付けるためにも、開発環境を整えてコードの書き込みを行うことが大切です。

また応用的な学習になると、コードミスなどの原因を特定できる手段を設けていないと、挫折してしまうきっかけになります。何か解決策を講じておき、継続的にプログラミング学習を続けられるように意識しておくことが大切です。

疑問点を解決する手段を設けておく

独学でプログラミング学習を行う時の挫折するポイントとしては、疑問点が解決できず、学習がうまく進まないなどが考えられます。そのため、挫折しないためにも問題が発生した時に、解決できる手段を設けておくことが大切です。

重要なのはわからない部分は放置せず、時間はかかっても良いので解決させるのがポイントになります。

身近にエンジニアの方がいれば、質問したり相談したりすることで、疑問点を解決できることもあるでしょう。

コードを見てフィードバックしてもらう

独学でプログラミングのコードを書いた後、エラーが発生することがあります。その時に、自分で問題を指摘して解決するのが難しいケースも多いでしょう。

自分で解決できない時は、他の人にコードを見てもらい、客観的な視点から指摘してもらったりフィードバックしたりしてもらうことが大切です。

意見をもらうことで、自分で見えなかった部分が見えるようになるので、プログラミングスキル向上にも繋がります。

人から意見をもらう時に、厳しい意見をもらうこともありますが、その時はしっかり受け止めて今後は改善できるように見直しをかけることが大切です。

プログラミングを覚えるなら独学よりもプログラミングスクールが良い?

独学でプログラミングを覚えるのは、途中で挫折する可能性もあるでしょう。根気強く学習が続けられないという方は、プログラミングスクールに通うことを検討することも大切です。

プログラミングスクールに通うメリットとは、どのようなことが考えられるのか解説していきましょう。

講師が指導してくれるから挫折しにくい

独学と違い、プログラミングスクールの場合は講師が丁寧に指導してくれます。そのため、疑問点などは講師が素早く回答してくれるので、途中で挫折する心配も少なくなるでしょう。

また専門的な知識を持っている講師だからこそ、プログラミングを覚えるためのコツを教えてもらえるので、効率よく学習を進めることができます。

個人で継続して学習を続けるのが厳しいという方は、プログラミングスクールに通って講師から指導してもらうことを検討してみてください。

カリキュラムに沿って学習するため迷わない

独学でプログラミングを学習する場合、何から勉強すれば良いのか迷ってしまうことがあります。しかしプログラミングスクールなら、カリキュラムに沿って学習を行うので、何から勉強すれば良いのか迷う心配がありません。

未経験の方が安心して勉強できるように、基礎から学べるようにカリキュラムを組んでもらうこともできます。

ポートフォリオが製作しやすい

プログラミングスクールでは、カリキュラムの最後にポートフォリオを製作することがあります。自分で製作する時は問題解決も自分で行わないといけませんが、プログラミングスクールなら講師に質問や相談しながら進むことが可能です。

ポートフォリオを製作できれば、IT企業への転職もしやすくなるので、作っておいて損はありません。自分でポートフォリオの製作が厳しいと感じる場合は、プログラミングスクールに通って講師の意見を取り入れてみると良いでしょう。

未経験でも転職しやすい

独学で学習した後、ポートフォリオを製作しても、どのIT企業に入社できるのかわからないという方も多いでしょう。そんな時、プログラミングスクールなら提携しているIT企業を紹介してもらえることがあるので、転職しやすいのが特徴です。

またプログラミングスクールの中には、転職サポートが付いていることがあります。転職サポートでは、面接対策や履歴書添削などを行ってくれるので安心して転職活動に励むことができるでしょう。

一人で転職活動を行うのが不安という方は、転職サポートがあるプログラミングスクールを選択すれば安心です。

独学をやめてプログラミングスクールを通う時の注意点とは?

独学では学習に限界を感じて、プログラミングスクールに通うようになったという方は多いはずです。しかし受講する前に、プログラミングスクールの注意点を把握しておきましょう。

どのようなことがプログラミングスクールの注意点なのか、詳しい内容を解説していきます。

受講するためには費用が発生する

独学と違い、プログラミングスクールを受講するためには費用がかかります。プログラミングスクールによって金額は異なりますが、数十万円することもあるので注意しましょう。

また中には無料で受けられるプログラミングスクールもありますが、受講するためには条件が付いていることが多いです。条件のほとんどは、提携しているIT企業への転職を行う意思があるということになります。

提携にしているIT企業への転職には限りがあるので、自分で転職先を選べないこともあるでしょう。

他にも転職が成功した際には、受講費用が無料になるプログラミングスクールもあります。お得にプログラミングスクールを受講したい方は、無料サービスがあるスクールを選びましょう。

受講すれば十分なスキルが身に付けられるとは限らない

プログラミングスクールは、独学よりも効率よく学習を進められますが、十分なプログラミングスキルを身に付けられるかどうかは個人の努力次第です。

ただカリキュラム通りに学習を進めていけば、ポートフォリオを製作できる程度にはなるでしょう。

独学で学習するより、実践的なスキルは身に付けられるはずなので、プログラミングスキルを磨きたい方はプログラミングスクールの受講を検討してみてください。

受講のための拘束時間がある

プログラミングスクールでは、講師から指導してもらうために一定の拘束時間があります。教室で学ぶ場合は、開講されているタイミングで教室に足を運ぶ必要があるでしょう。

仕事終わりに教室に足を運ぶのは面倒という方であれば、オンライン形式の受講が実現されているプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

オンラインなら自宅で受講できるので、服装などを意識する必要もないでしょう。

独学をやめてプログラミングスクールに通う場合は何を基準に選ぶ?

独学では応用的な学習ができないため、プログラミングスクールに通うことを選択した場合、何を基準にスクールを選べば良いのでしょうか。おすすめのプログラミングスクールの選び方を解説していくので、参考にしてみてください。

自分が学習したいプログラミング言語を教えてもらえるか?

プログラミングスクールの選び方として、自分が学習したいプログラミング言語を教えてもらえるコースがあるのか確認しておくことが大切です。プログラミング言語によって、製作できるものは異なります。そのため、事前に何を作りたいのか決めてから学習するプログラミング言語を選択する必要があるでしょう。

プログラミングスクールの中には、無料カウンセリングを行っていることがあるので、自分が学習したいプログラミング言語が学べるコースがあるのか事前に質問しておくと良いかもしれません。

講師のレベルが高いプログラミングスクールの方が学習効率は良い

プログラミングスクールに常駐している講師のレベルは、スクールによって異なります。そのため、できるだけ講師のレベルが高いプログラミングスクールを選択した方が学習効率は良いでしょう。

講師のレベルを見極めるためには、体験レッスンに参加してみて、信頼できそうな講師がいるのかチェックする方法があります。

また現役エンジニアの方が講師として指導してくれる場合は、実践的なプログラミングスキルが身に付けられるので、エンジニアを目指すという方にはおすすめです。

予算を超えない受講費用なのか?

プログラミングスクールによって受講費用は異なります。中には、数十万円の受講費用がかかるプログラミングスクールもあるので注意しましょう。

自分の予算内でも通えるプログラミングスクールなのか、受講費用を比較した上で通えるのか検討してみてください。

受講できる時間帯は自分のライフスタイルに合っているのか?

プログラミングスクールが開講されている時間は、スクールによって異なります。仕事終わりに通えるプログラミングスクールを探しているなら、夜遅くまで開講しているところを選ぶことが大切です。

自分のライフスタイルに合わせて、無理のない時間帯で学習できるプログラミングスクールを選びましょう。

自分が望むサポートを受けることができるか?

プログラミングスクールによって、受けられるサポート内容が異なります。例えば、転職を希望する方なら、「就職・転職サポート」が付いているプログラミングスクールを選択した方が良いでしょう。

他にも効率よく学習を進めたいなら、専属講師のマンツーマンサポートが受けられるプログラミングスクールもおすすめです。

自分が希望しているサポートが受けられるのか、プログラミングスクールのサービス内容をよく確認した上で決めましょう。

独学をやめてプログラミングスクールを受講する前に知っておきたいこと

独学をやめてプログラミングスクールを受講する前に、知っておきたいことがいくつかあります。どのようなことを知っておくべきなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

受講するための条件

プログラミングスクールの中には、受講するための条件が設定されている可能性があります。例えば、年齢制限などがあるプログラミングスクールの場合は、20代までしか受講できないこともあるでしょう。

また転職の意思がなければ、受講できないというプログラミングスクールもあります。

自分はプログラミングスクールの受講条件を満たしているのか、受講する前に確認しておき、それから受講するのか判断していきましょう。

継続して学びやすい学習環境の有無

プログラミングスクールを継続して学べるのか、学習環境がしっかり整えられているのかしっかり確認しておくことは大切です。

未経験の方であれば、わからないことも多いため、モチベーションが維持できず途中でやめてしまうということもあり得ます。

そうならないためにも、講師に気軽に質問できる環境が整えられているのか、事前にチェックしておきましょう。

また定期的にメンタリングを行っているプログラミングスクールなら、自分の学習状況を細かく確認してくれるので、自分の成長を実感することができます。

転職を希望する方は支援サービスがあるか確認

未経験からでもエンジニアとしてIT企業に転職したい方は、プログラミングスクールに支援サービスがあるのか確認しておくことをおすすめします。

プログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後は、転職するためのサポートがないケースもあるので、受講する前に確認しておく必要があるでしょう。

また支援サービスの内容も様々あります。複数社紹介してもらえるのか、面接対策などは行ってくれるのか、サービス内容もチェックしておきましょう。

独学をやめてプログラミングスクールを選ぶならこんなスクールがおすすめ

プログラミングスクールで学習するなら、優良なスクールを選んだ方が効率よく学習を進めることができます。しかしどんなプログラミングスクールが優良なのか、判断できないという方は多いでしょう。

そんな方のために、おすすめのプログラミングスクールの特徴を紹介していくので参考にしてみてください。

無料カウンセリングを実施しているスクール

プログラミングスクールの中には、自分のスクールを知ってもらうため、無料カウンセリングを実施していることがあります。無料カウンセリングでは、プログラミングスクールの学習環境や転職先など、スクールの詳しい情報を聞き出すことができるでしょう。

優良なプログラミングスクールを見極める手段として、無料カウンセリングは有効に活用できます。興味があるプログラミングスクールが無料カウンセリングを実施していれば、積極的に参加してみましょう。

口コミ評判が良いプログラミングスクール

優良なプログラミングスクールを見極める方法として、実際に利用した方の口コミを参考にする方法があります。その中で、自分と同じ悩みを抱えている方が利用した時の口コミなどを参考にすれば、受講したいプログラミングスクールなのか判断することが可能です。

いきなりプログラミングスクールに受講するのは不安という方は、口コミ評判を確認していけば、有益な情報を得られる可能性があります。

また口コミ評判が良いプログラミングスクールなら、受講する時も安心なので、プログラミングスクールを選ぶ際の後押しとなるでしょう。

まとめ

実際に、プログラミングは独学で学ぶことはできます。本や学習サイトを利用すれば、未経験の方でも基礎的な部分から学習を進めることができるでしょう。

受講費用もかからないので、独学ならお得にプログラミング学習を始めることができます。

ただ独学の場合は、応用的な問題が出た時に、自分で問題解決するのが大変なケースが多いでしょう。個人で学習するのが難しい場合は、無理せずプログラミングスクールに通うことも視野に入れた方が賢明です。

プログラミングスクールを選ぶ時は、自分の目的に合ったサービスを提供してくれるのか、いくつか比較して受講するか判断しましょう。

プログラミングスクールなら効率よく学習できるので、独学にこだわらず、自分に合った学習方法を選択してみてください。