プログラミングスキルがあれば就職に有利?覚えた方が良い理由を解説!

将来的に就職を希望するなら、プログラミングスキルは覚えておいた方が有利になるのでしょうか。近年では、エンジニアの需要が高まっていることから、プログラミングスキルがある方は重宝されています。

今回はプログラミングスキルを持っていた方が就職に有利になるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

目次

プログラミングスキルを持っていた方が就職に有利な理由とは?

プログラミングスキルを持っていた方が就職する時に有利に働くと言われていますが、なぜ有利になるのでしょうか。就職に有利な理由について解説していくので、参考にしてみてください。

IT業界は慢性的に人材不足に陥っている

IT化の進歩は早く、様々な進化を遂げています。しかしその進化にIT企業がついていけず、慢性的な人材不足に陥っている状況です。

少しでも人材を確保するために、ある程度のプログラミングスキルを持っている方であれば、未経験でも入社できるIT企業が増えています。

そのため、少しでもプログラミングスキルを持っていれば、就職しやすい環境となっているので、覚えておいて損はありません。

またより高度なプログラミングスキルを持っている方であれば、高待遇も期待できるでしょう。

AI開発の需要が高まっている

これからAIの時代が来ると言われている通り、様々な分野でAI開発の需要が高まっています。自動化を図ることで、人為的なミスを減らすきっかけにもなるので、業務効率を向上させることが期待されているようです。

そのため、Python言語などのAI開発に関係するプログラミング言語を習得している方は、IT企業への就職に有利になる可能性があります。

これからプログラミング言語を習得したいという方は、AI開発に関係する言語を習得した方が良いでしょう。

プログラミングの基礎を理解していれば企業も教育コストがかからない

プログラミングの基礎を理解している人材であれば、一からプログラミング教育を行う必要がないため、教育のためのコストがかからなくなります。

企業にとって即戦力となる人材は重宝されるので、就職の際にも積極的に採用したいという気持ちが企業側にはあるでしょう。

実際、入社してすぐにプログラミング業務に携わることができれば、キャリアアップを図るきっかけにもなるので、就職後も有利に働きます。

ポートフォリオがあればさらに有利になる

プログラミングスキルを活かして、実際にアプリ開発やWebサイト製作したというポートフォリオがあれば、さらに就職しやすくなります。

ポートフォリオは、自分がどこまでプログラミングについて理解できているのか証明する手段として活用できるので、面接官の評価を高めることができるでしょう。

未経験の方がIT企業にとって有益な人材であると証明する手段として、ポートフォリオは有効です。

プログラミングを覚えて就職する際の難易度について

プログラミングを覚えておけば、就職に有利になると紹介しましたが、実際に就職するための難易度とはどの程度なのでしょうか。就職する際の難易度について紹介していくので、参考にしてみてください。

エンジニアとして就職できる難易度は下がってきている

エンジニアとして就職する難易度は、年々下がってきており、現在では就職しやすい環境が整えられています。ある程度のプログラミングスキルがあれば、経験がなくても採用される傾向があるので、プログラミング言語は習得しておいた方が良いです。

プログラミング言語についても、コードがシンプルなPython言語などが生まれてきているので、覚えやすくなっています。

これからプログラミング学習を行う難易度も下がりつつあるので、就職を有利に進めるためにもプログラミング言語は覚えておいた方が良いでしょう。

未経験歓迎の求人が増えている

エンジニアとしての実務経験がない未経験者でも、歓迎してくれるIT企業の求人は増加傾向にあります。理由としては人材不足も関係していますが、簡単なコードの書き込みであれば、未経験の方でも対応してもらえる可能性があるためです。

ただ未経験といっても、プログラミングの基礎知識は備えておく必要があるので、事前にプログラミング言語は習得しておく必要があります。

継続して働き続けるのは大変

プログラミングスキルを習得していれば、IT企業への就職は有利になるので、入社することは難しくないかもしれません。ただ継続して働き続けるには、根気が必要になります。

クライアントが指定した納期が迫ってくると、残業時間が増えてくるので体力的に辛い時期もあるでしょう。

ただエンジニアも、働き方改革によって労働環境は改善されている傾向にあります。残業は多いですが、比較的働きやすい環境にはなっているので、安心してください。

キャリアアップを図るなら常に学習は続ける必要がある

現状の仕事に満足せず、キャリアアップを図るのであれば、常にプログラミング学習は続ける必要があります。IT業界の成長は著しいため、常に新しい技術が開発されているのが特徴です。

そのため、新しい技術を取り入れる姿勢がないと、キャリアアップを図ることは難しいでしょう。また管理職となるためには、コミュニケーション能力も求められるので、プログラミングスキル以外にも必要な能力も身に付ける必要があります。

就職を有利に進めるためプログラミングを学習する方法

就職を有利に進めるために、プログラミング学習を行いたい場合は、どのような学習方法があるのでしょうか。主に2つの学習方法があり、「独学」と「プログラミングスクール」に通う方法があります。

それぞれどのような学習方法なのか、詳しい内容を解説していきましょう。

独学で学習する方法

プログラミングを独学で学ぶ場合、受講費用はかからないのでお得に学習を進めることができます。自分のペースで勉強できるので、学習時間も調整しやすいでしょう。

独学で学習する場合は、本や学習サイトを利用する方法がおすすめです。基礎的な部分から学習できるので、プログラミング初心者の方でも理解しやすいでしょう。

ただ応用的な内容になると、一気に習得難易度が上がるので途中で挫折してしまう可能性があります。継続して学習を続けられる自信がある方以外には、あまり独学でプログラミング学習を行うのはおすすめできません。

プログラミングスクールで学習する方法

プログラミングスクールは専門知識に精通している講師が指導してくれるので、効率よく学習を進めることができます。わからない部分も講師が教えてくれるため、途中で挫折する心配も少なくて済むでしょう。

またプログラミングスクールの中には、就職・転職サポートが付いていることがあります。面接対策や履歴書添削などのサービスが受けられるので、IT企業に就職したい方にはおすすめです。

ただプログラミングスクールに通うためには受講費用がかかります。自分の予算内に抑えられるプログラミングスクールを見つけることが重要になってくるでしょう。

就職に有利なプログラミングを学習するのに独学は厳しい?

プログラミングを学習する場合、独学で学ぶのは難しいのでしょうか。独学で学習を進める難しさについて解説していくので、参考にしてみてください。

独学は全て自分で解決しないといけない

プログラミング学習を独学するのは、コストもかからないのでゆっくりと学ぶ分には問題ありません。しかし実践的なスキルを身に付けるためには、開発環境を整える必要があるので、準備が面倒と感じることがあります。

またコードにエラーが発生した場合も、自分で問題解決しないといけないので、理解できずに挫折してしまう可能性が高いでしょう。

独学で学ぶのは不可能ではありませんが、かなりの根気が必要になるので、難易度は高いと言えます。予算に余裕があるなら、無理せずにプログラミングスクールに通った方が賢明です。

効率よく学習するならプログラミングスクールの方が良い

プログラミングスクールは初心者の方でも理解しやすいように、カリキュラムに沿って学習を進めることができます。また間違っている点も講師が指摘してくれるので、効率よく学ぶことが可能です。

カリキュラムは、ポートフォリオを製作することも含まれているので、就職する際にも有利になるでしょう。

IT企業に就職するためにはどの程度のプログラミングスキルが必要?

就職に有利になるプログラミングですが、実際に採用されるためにはどの程度のプログラミングスキルが必要なのでしょうか。就職にするために必要なプログラミングスキルについて紹介していくので、参考にしてみてください。

新卒の場合はそれほど高いレベルは求められていない

新卒の場合は、それほどプログラミングスキルが高くなくてもIT企業に就職できる可能性はあります。理由としては、入社してからでもプログラミングスキルを伸ばすことができるためです。

ただ大手のIT企業に入社する場合には、相応のプログラミングスキルが求められる可能性があります。中にはポートフォリオの提出が求められるケースもあるので、ある程度は実践的なスキルを身に付けている必要があるでしょう。

転職サイトや転職エージェントを利用するならスキルは高い方が良い

転職サイトや転職エージェントを利用してIT企業への転職を希望するなら、求められるプログラミングスキルは高い傾向にあります。理由としては、即戦力として活躍が期待できる人材が求められるためです。

どのようなプログラミング言語を習得しているのか、ポートフォリオはどの程度なのか証明する必要があるでしょう。

プログラミングスクールなら高いレベルは求められない

プログラミングスクールで紹介してもらえる求人に関しては、未経験の方でも就職できるIT企業を紹介してもらえる可能性が高いので、それほど求められるレベルは高くありません。

また就職・転職サポートが受けられることもあるので、より就職しやすい環境が整えられています。

プログラミングを覚えるならプログラミングスクールがおすすめ

就職を有利に進めるため、プログラミングスキルを身に付けたいなら、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。プログラミングスクールに通うメリットについて解説していくので参考にしてみてください。

講師が指導してくれるから理解しやすい

プログラミングスクールでは、専門知識を持っている講師が丁寧に教えてくれるので、独学と比較して内容が理解しやすいのが特徴です。またわからない部分も回答してくれるので、途中で挫折することなく、継続して学習を進めることができます。

未経験の方の場合、何から学習を進めればわからない方も多いですが、プログラミングスクールではカリキュラムに沿って学習するので、徐々にステップアップして理解できるのが特徴です。

いきなり難しい問題を解くこともないので、安心して学習を進めることができます。

学習する習慣が身に付けられる

プログラミングスクールでは、プログラミング学習を行う習慣を身に付けることができます。エンジニアとなった後も、新しい技術が出てきた時、積極的に学習することが求められるので、プログラミングスクールで習慣づけしていれば、学習も根気強く続けることができるでしょう。

また学習する習慣を身に付け、エンジニアとして必要なスキルを習得していけば、キャリアアップを図るきっかけにもなります。

就職しやすい環境を提供してもらえる

プログラミングスクールは提携しているIT企業があるため、カリキュラムが修了した後に就職先として紹介してもらえる可能性があります。

また就職・転職サポートが付いているプログラミングスクールなら、就職するまで徹底したサポートを行ってくれるので安心です。

どのようなIT企業に就職すれば良いのか迷っている方は、就職・転職サポートが付いているプログラミングスクールを利用すれば希望に沿った企業を紹介してもらえるでしょう。

就職しやすいプログラミングスクールにもデメリットはある?

就職・転職に有利なプログラミングスクールですが、中にはデメリットに感じる部分もあります。どのようなことがプログラミングスクールのデメリットなのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

受講費用が高くつく

プログラミングスクールに通うためには、受講費用がかかります。プログラミングスクールによって金額は異なりますが、数十万円かかることもあるので、予算内に収められるのか検討してから受講する必要があるでしょう。

お得にプログラミングスクールに通いたい方は、提携しているIT企業に入社すれば受講費用が無料になるサービスを提供しているスクールがあります。そのサービスを利用すれば、予算が少なくても気軽に受講することができるでしょう。

ただ受講費用が無料になるサービスは、条件が付いていることもあるので、事前に自分が条件を満たしているのか確認しておく必要があります。

受講するための拘束時間がある

プログラミングスクールに通う場合、受講するために拘束される時間があります。特に教室で学習する場合は、わざわざ教室に足を運ばないといけないのも手間です。

オンライン形式で学習できるプログラミングスクールを選択すれば、自宅で学習することもできるので、自分に合っている受講方法で利用しましょう。

受講者全員が十分なプログラミングスキルが身に付く訳ではない

プログラミングスクールに通えば、効率よくプログラミング学習を行うことができます。しかし受講者全員が十分なプログラミングスキルを身に付けられる訳ではありません。

中にはカリキュラム通りに学習できず、ポートフォリオの製作も難しくなってしまうこともあるでしょう。

十分なプログラミングスキルが身に付けられるかどうかは自分次第なので、プログラミングスクールに通ったら、根気強く学習を進めることが肝心です。

就職するために学ぶプログラミングスクールはどう選ぶ?

就職に有利になることから、プログラミングスクールに通いたいという方は、何を基準にプログラミングスクールを選ぶのが正しいのでしょうか。

プログラミングスクールの選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

目的に合ったプログラミング言語が学べるか

プログラミング言語によって製作できるものは違います。アプリ開発やWebサイト製作など、目的に合ったプログラミング言語を学べるのか、事前にプログラミングスクールのコースを確認しておきましょう。

無料カウンセリングを実施しているプログラミングスクールなら、事前にコースの確認ができるので、受講する前に質問しておくことをおすすめします。

講師の質が高いスクールかどうか

プログラミングスクールによって常駐している講師は違うので、講師の質が高いスクールを選んだ方が効率よく学習を進めることができます。

どのような方が講師として指導してくれるのか、無料カウンセリングや体験レッスンで確認できるので、興味があれば参加してみると良いでしょう。

自分が望むサービスを受けることができるか

プログラミングスクールによって提供しているサービスは異なります。その中でも、自分が望んでいるサービスを提供してくれるプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

例えばIT企業に就職するのが希望なら、就職・転職サポートが充実しているプログラミングスクールを選びましょう。

就職するためにプログラミングスクールを受講するなら注意しておきたい点

就職を有利に進めるためにプログラミングスクールを受講するなら、いくつか注意おきたい点があります。どのような点に注意すべきなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

受講するための条件

プログラミングスクールの中には、受講するための条件が定められていることがあります。年齢制限やカリキュラム修了後は就職しないといけないなど、様々な条件があるので事前確認が大切です。

自分が受講条件にマッチしているのか、よく確認してから受講を検討してください。

就職・転職サポートがあるか確認しておく

就職するためにプログラミングスクールに通うなら、就職・転職サポートが付いているかどうか確認しておくことが大切です。

プログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後にIT企業を紹介してもらえないこともあります。そのまま就職を希望するなら、しっかり就職するまでサポートしてくれるプログラミングスクールを選択しましょう。

まとめ

エンジニアは年々需要が高まっており、プログラミングスキルを持っている人材なら、就職に有利に働くことがあります。未経験だったとしても、ある程度のプログラミングスキルがあれば、優遇されることもあるでしょう。

ただ未経験といっても、プログラミングの基礎や言語の習得は必要不可欠です。独学で学習することもできますが、挫折してしまう可能性もあるのでプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングスクールも様々あるので、自分に合っていると感じるところを見つけることが大切です。今回紹介した選び方を参考に、プログラミングスクールを受講するのか検討してみてください。