プログラミングが義務教育化された?なぜ必修化になったのか解説!

2020年度からプログラミングが義務教育の時点で必修化されることになりました。子供のうちからプログラミングを学べば、将来的に困る心配は少なくなります。

実際、義務教育でプログラミング学習はどのように進められていくのでしょうか。

今回は義務教育でプログラミング学習を進められる、詳しい背景について解説していきます。

義務教育でプログラミングの科目ができた訳ではない

プログラミングの必修化が定められましたが、義務教育で科目が増えた訳ではありません。具体的に、どのようにプログラミング学習を進めるのか、詳しい内容を解説していきます。

算数や理科の授業でプログラミングを使用する

義務教育でプログラミングを学ぶ内容としては、科目が増える訳ではなく、算数や理科の授業の際にプログラミングを使用することになります。

エンジニアのようにプログラミング言語を学ぶのではなく、どのようにプログラミングが利用されているのか、コンピューターの背景を理解するために活用されるのです。

論理的思考力を義務教育のうちに身につけさせ、社会に出た時にも考える力を習得することがプログラミングを導入した理由となっています。

そのため、パソコンが今すぐ使えないといけないという訳ではないので安心してください。

プログラミング教育は学校によってスタートが違う

義務教育でプログラミングが必修化となりましたが、いつスタートするのか気になるという方もいるでしょう。実際には、学校や地域によってプログラミング学習をスタートさせるタイミングは異なります。

プログラミング学習を進めるためには、パソコンやタブレットなどの整備が必要になるので、事前に学習環境が整えられるまではプログラミング学習は始めらないと考えておいて良いでしょう。

ただ学校によっては、授業以外にもクラブ活動などでプログラミング学習が導入されているケースもあります。これからは、よりプログラミングが身近なものになっていることが想定されるでしょう。

なぜプログラミングが義務教育で学習することになったのか?

2020年にプログラミングが必須化になったのは、どういった背景があるのでしょうか。義務教育でプログラミングを学習することになった理由について、詳しい内容を解説していきます。

プログラミングが身近なものになったため

今では家庭のIT化が進んでおり、様々なものにプログラミングの技術が活用されています。その中で、子供がなぜパソコンが動いているのかなど、疑問になる内容を解決して、子供の可能性を広げるということを目的にプログラミングが必須化となったのです。

プログラミングの理解が深まれば、身の回りにあるお掃除ロボットが稼働する原理などを自分で考える力を身に付けるきっかけになります。

将来的に求められるスキルを身に付けるため

これからはAI化が進む世の中になると言われており、多くの仕事が自動化すると想定されています。それに伴い働き方も変化しているため、今ある仕事が当たり前ではなくなってくる可能性があるでしょう。

その時に、プログラミングスキルを身に付けておけば、将来的に仕事に困る心配が少なくなります。そういった時代の変革に合わせて、義務教育の在り方を変えることが検討され、プログラミングの必須化が定められたのです。

IT業界で人材が不足しているため

多くの企業がIT化を進めていますが、現在エンジニアの数が不足しており、慢性的な人材不足に悩まされています。その人材を確保するために、義務教育の段階でプログラミングを学習させれば、IT業界の人材不足が解消されるのではないかと考えられているのです。

人材不足が解消されれば、エンジニアの待遇が良くなるだけでなく、全体的にIT業界が飛躍するきっかけにもなるでしょう。

義務教育でプログラミングが必修化になるメリット

義務教育でプログラミングを覚えさせることは、どのようなメリットが考えられるでしょうか。プログラミング必修化のメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

子供がプログラミングに対して苦手意識を持たなくなる

義務教育のうちにプログラミングに触れて理解を進めておけば、パソコンを目の前にした時に、苦手意識を持つことがなくなるかもしれません。

苦手意識があると、大人になった時にパソコンで作業をすることに抵抗を覚えてしまう可能性があります。しかし子供のうちにプログラミングに触れておけば、理解も早く、長時間パソコンと向き合うことにも抵抗がなくなる可能性があるでしょう。

論知的思考力を身に付けることができる

プログラミングを理解するためには、どのような記号の組み合わせで機械が稼働するのか、仕組みを把握する必要があります。そういった論理的思考力は、エンジニアとしてだけでなく、社会に出た時にも役立つ能力となるでしょう。

義務教育のうちに、この論理的思考力を身に付ければ、自然と自分で考える能力を培うことができます。

様々な変化に柔軟に対応できるようになる

プログラミング技術は常に変革が求められるため、学習を続ける中で様々な変化が生じます。その変化に子供のうちに慣れさせておけば、柔軟な考え方ができる人材として成長するきっかけになるでしょう。

自分で考える力を身に付けて、問題解決できる能力を培うことができます。エンジニアとして活躍できる能力を身に付けるだけでなく、社会で活躍できる人材として成長が期待できるでしょう。

義務教育で学ぶならロボットプログラミングがおすすめ

プログラミングが必修化となったことで、子供が授業に遅れないように、プログラミングスクールに通わせたいと考える方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、ロボットプログラミングです。ロボットプログラミングなら、子供もやる気になってプログラミング学習を進めてくれます。

具体的に、ロボットプログラミングを学ぶメリットとは、どのようなことが考えられるのか解説していきましょう。

子供が興味を示しやすい

ロボットプログラミングがおすすめの理由としては、まず子供が興味を示しやすいことが考えられます。ロボットを動かすためのプログラミング学習を行うので、遊びの延長線で学習することが可能です。

ロボットプログラミングの中には、子供が普段から遊んでいるレゴを使用して学習を進めることもあるので、プログラミングを身近なものとして捉えてもらうことができます。

ロボットを組み立てる作業もあるため楽しく学べる

ロボットプログラミングの多くは、ロボットを組み立てて正しく動作するようにプログラミングを行います。その過程で、手先を使ってロボットを組み立てるのが楽しいと感じる子供も多いです。

またロボットの構造を考えながら組み立てを行うので、論理的思考力を培いやすいのが特徴となっています。

実際に自分がロボットを動かすことができる

ロボットプログラミングでは、自分が組み立てたロボットをプログラミングして、実際に動かすことができます。成果が目に見えるので、楽しいだけではなく、プログラミングの達成感を味わうことができるでしょう。

特に男の子であれば、自分がプログラミングをしてロボットを動かしたいという気持ちが大きいので、継続してプログラミング学習を進めてくれるはずです。

ロボットプログラミングを学習するデメリット

子供が楽しみながら学べるロボットプログラミングですが、学習する上でデメリットに感じる部分があります。どのような部分がデメリットに感じるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

ロボットプログラミングを学ぶための受講費用がかかる

ロボットプログラミングを学ぶなら、子供用のプログラミングスクールに通う必要があります。毎月受講費用がかかるだけでなく、教材を購入する際の費用も高くついてしまうでしょう。

ロボットプログラミングが学べるプログラミングスクールに通うなら、予算と検討してから受講するのか判断してください。

備品を管理するのが難しい

子供がロボットプログラミングを学ぶ場合、遊びの道具として使ってしまい、紛失してしまうリスクがあります。特に在宅で教材を購入して学習を進める場合は、備品を管理するのが大変です。

備品を失くしてしまうと、ロボットが正しく稼働しない恐れがあるので、備品は失くさないように管理しておく必要があります。

子供をプログラミングスクールに通わせるメリット

プログラミングが必修化になったため、子供をプログラミングスクールに通わせたいという方も増えています。子供をプログラミングスクールに通わせるメリットとは、どのようなことが考えられるのか、解説していきましょう。

授業についていけなくなる心配がない

義務教育でプログラミングを教えるようになった場合、徐々に授業についていけなくなってしまう子供が増えてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、事前にプログラミングスクールに通わせておけば、授業についていけなくなる心配がなくなるでしょう。

親子間でのコミュニケーションにも繋がる

子供がロボットプログラミングなどをスクールで習うようになれば、どんな勉強をしたのか、楽しそうに話をしてくれるようになるでしょう。

親子間で自然と会話が弾むようになるので、楽しく学習を進めることができます。

まとめ

義務教育でプログラミング学習が必修化になったことから、子供の学習環境も大きく変化が生まれています。

実際にプログラミングという科目は出てきませんが、算数や理科の授業でプログラミングの知識が必要になってくるでしょう。

将来的にプログラミングスキルは必要になってくるので、義務教育で学べるのはむしろメリットが大きいかもしれません。

子供がプログラミングの授業についていけなくならないためにも、プログラミングスクールの受講を検討してみてください。