フロントエンドエンジニアの年収は?仕事内容や必要なスキルを解説!

IT化が進む中で、エンジニアの需要は高まっています。その中でも、Webサイトを構築する上で「フロントエンドエンジニア」の需要が高まっているようです。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーが視認できる画面(フロントエンド)を構築するために必要不可欠の存在といえます。

今回はフロントエンドエンジニアの仕事内容や平均年収について解説していくので、参考にしてみてください。

目次

フロントエンドエンジニアの仕事内容について

フロントエンドエンジニアとは、Webサービスのユーザーが見える画面の構築を行うエンジニアのことを指しています。操作画面全体を構築するので、Webサイトを作る際には頼りになる人材です。

ECサイトの購入ページやユーザーが視認するUI(ユーザーインターフェース)を構築しているのがフロントエンドエンジニアになります。

中にはデザインをフロントエンドエンジニアが担当するケースもあるようです。ただデザインに関しては、基本的にデザイナーが担当します。

コーダーとフロントエンドエンジニアは何が違う?

仕事内容として、コーダーとフロントエンドエンジニアはどのような違いがあるのでしょうか。まずフロントエンドエンジニアは、HTML・JavaScripを使ってプログラムを実装させたりCMSのカスタマイズを行ったりすることが多いです。

コーダーの場合は、デザイナーが作ったデザインに沿ってHTML・CSSを使用して見やすいように、Webサービスを構築します。

基本的にWebサービスの見える範囲を構築する作業は一緒ですが、コーダー以上

にフロントエンドエンジニアが行う作業は重要視されているのが特徴です。

フロントエンドエンジニアになるにはどのようなスキルが必要?

Webサービスを提供する上で重要な役割を持っているフロントエンドエンジニアになるためには、どのようなスキルを持っている必要があるのでしょうか。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルについて紹介していくので、参考にしてみてください。

コーディングスキル

フロントエンドエンジニアに求められるスキルとして、第一に挙げられるのが「コーディングスキル」です。フロントエンドエンジニアは、ユーザーが視認できる部分を構築するために「HTML」・「CSS」・「JavaScript」の3つの言語を使い分ける技術が必要になります。

またUIに関しての知識やWebサイトにおけるデザインについても、理解を深めておかないといけません。ユーザーがより使いやすく、見えやすいデザインのWebサービスを構築できるスキルがフロントエンドエンジニアには求められます。

フレームワークやライブラリについての知識

Webサービスを構築する際に、PCやタブレット、スマホなど様々なデバイスでも利用しやすいように設計する必要があります。しかし全てのデバイスに適切なデザインを構築するのは手間やコストがかかるので大変です。

そんな時にうまく利用すると便利なのが、フレームワークになります。フレームワークなら、どのようなデバイスでもわかりやすく表示できるように工夫できるので、手早くWebサービスを構築することが可能です。

またライブラリを使用することで、効率よくWebサービスを構築できるため、工数を減らすことができます。

フロントエンドエンジニアとして活躍するなら、フレームワークやライブラリに関する知識を広げて、効率の良くWebサービスを構築することが大切です。

SEO関連の知識

Webサービスを構築する上で、SEOに関連する知識は保有しておく必要があります。SEOの知識がしっかりしていれば、どのようなコンテンツが人気になるのか、使いやすいWebサービスとはどのようなものなのか理解して構築することができるでしょう。

多くの方が利用する便利なWebサービスを作る上で、SEO関連の知識は必要になるので、フロントエンドエンジニアになるためにはSEOについて精通していることが求められます。

フロントエンドエンジニアの平均年収はどれくらいなのか?

Webサービスを構築する上で、必要な存在であるフロントエンドエンジニアの平均年収はどれくらいなのでしょうか。平均年収としては、385万円と言われています。

年代別によって平均年収は異なり、20代であれば300万円程度、30代であれば400万円程度、40代なら500万円です。

企業によって待遇が違うこともあるので、あくまで平均年収は参考程度にしておきましょう。またよりキャリアアップを狙えば、高年収を期待することができます。

フロントエンドエンジニアのキャリアパスについて

フロントエンドエンジニアがキャリアアップを図れば、年収を上げることも期待できます。フロントエンドエンジニアのキャリアパスについて解説していくので、参考にしてみてください。

フルスタックエンジニア

フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの両方のスキルを持っているエンジニアのことを「フルスタックエンジニア」と呼びます。

サーバーサイドエンジニアは、ユーザーが視認できない裏側のシステム構築を行うエンジニアなので、2つの仕事をこなせるフルスタックエンジニアは、重宝される存在です。

様々な言語を習得し、一貫して業務を行えるスキルが求められるので、フルスタックエンジニアになるためには十分な経験が必要になります。

フルスタックエンジニアになることは簡単なことではありませんが、職に就くことができれば年収アップが期待できるでしょう。

Webディレクター

顧客の要望をヒアリングした上で、希望のWebサービスを企画から運用まで、一貫して管理するのが「Webディレクター」です。Webディレクターはプログラミングスキルを持っていることはもちろんですが、チーム開発をうまくまとめるコミュニケーション能力も求められます。

フロントエンドエンジニアの経験を活かしてWebディレクターとして活躍すれば、現場への理解も深いリーダーとして頼りにされるでしょう。

管理側として重要なポジションであるため、年収はフロントエンドエンジニアの時よりも上がる可能性が高いです。

UI・UXエンジニア

フロントエンドエンジニアとしてだけでなく、「UI・UXエンジニア」としてキャリアを積めば、重宝される人材として年収アップが期待できます。

UI・UXエンジニアになるためには、プログラミングスキルだけでなく、分析ツールの知識など幅広い知識が必要になるでしょう。

フロントエンドエンジニアがキャリアアップを図るために必要な資格

フロントエンドエンジニアとして、キャリアアップを図りたいなら、資格を取得する方法があります。資格は自分が専門的な知識を身に付けていると証明できるものなので、より質の高い業務を請け負い、年収アップが期待できる可能性があるでしょう。

具体的に、フロントエンドエンジニアがキャリアアップを図るために必要な資格とは、どのようなものなのか、詳しい内容を解説していきます。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML・CSS・JavaScriptのプログラミング言語に関する知識を十分に保有していることを証明する資格です。この資格を持っていれば、フロントエンドエンジニアとして必要な知識や技術が備わっていることが証明できるでしょう。

またいくつかレベルがあり、レベル1なら難易度はそれほど高くありません。レベル2を取得すれば、フロントエンドエンジニアとしてIT企業で働ける可能性が高くなります。

 Webクリエイター能力認定試験

Webサービスのデザインやコーディングについて、十分な能力を持っていることが証明できる資格です。ランクは「スタンダード」と「エキスパート」が用意されており、エキスパートを取得すれば、実践的なスキルを持っていることがわかります。

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、この資格を保有しておいた方が良いでしょう。

 PMP

プロジェクトマネジメントに関する国際資格で、資格を取得する難易度が高い資格です。取得すれば、フロントエンドエンジニアとしてキャリアアップが図れるだけでなく、建設・製造業など、様々な分野で活躍が期待できます。

フロントエンドエンジニアの将来性はあるのか?

IT化が進む中、フロントエンドエンジニアは将来的に需要のある職種なのでしょうか。フロントエンドエンジニアの将来性について解説していくので、参考にしてみてください。

Webサイトの数は年々増加傾向にある

Webサイトの数は、年々増加傾向にあると言われています。そのため、Webサービスを構築するフロントエンドエンジニアの需要も、まだまだ期待できるでしょう。

実際、Webサイトのユーザーが視認できる画面の多くは、フロントエンドエンジニアが構築しています。人気のWebサイトもフロントエンドエンジニアの活躍によって運営されているので、これからも活躍が期待できる職種と言えるでしょう。

長期的な需要についてはわからない

現在はWebサイトが増加傾向にあるため、フロントエンドエンジニアの需要は高まりつつあります。しかしAI開発が進んでいることから、自動でコードが生成できる時代がやってくる可能性もあるのです。

AIにフロントエンド開発を学習させれば、自動でコードが生成される仕組みも作れるので、今後のAIの活躍によってはフロントエンドエンジニアの需要は下がる可能性があります。

フロントエンドエンジニアになるための学習方法

Webサービス開発に必要な人材であるフロントエンドエンジニアになるためには、どのような学習方法があるのでしょうか。主に考えられる学習は2つあり、「独学」と「プログラミングスクール」です。

具体的に、どのような学習方法なのか詳しい内容を解説していきます。

本や学習サイトでプログラミングを独学で学ぶ

フロントエンドエンジニアになるためには、まずプログラミングについて知識を蓄える必要があります。基礎的な部分であれば、本や学習サイトを利用すれば、プログラミング言語について学ぶことが可能です。

学習するプログラミング言語は、フロントエンドエンジニアになるなら「HTML」・「CSS」・「JavaScript」の3つは覚える必要があります。

ただ独学の場合は、わからない部分が出てきた場合、自力で問題解決しないといけません。複雑になってくるとわからない部分が増えてくるので、途中で挫折してしまう恐れがあります。

また独学で学習しても、ポートフォリオがなければIT業界に入ってフロントエンドエンジニアとして働くことは難しいでしょう。

プログラミングスクールで言語を習得する

プログラミングスクールでは、専門家の講師がプログラミング言語について効率よく教えてくれます。わからないことは、すぐに講師に尋ねられるので、途中で挫折してしまう心配も少ないでしょう。

受講者に合わせてカリキュラムを組んでくれるため、未経験の方でも安心してプログラミング学習を進めることができます。

またプログラミングスクールの中には、就職・転職サポートが付いていることがあるので、希望すればフロントエンドエンジニアとしてIT業界への入社が叶う可能性があるでしょう。

フロントエンドエンジニアになるならプログラミングスクールがおすすめ

未経験からフロントエンドエンジニアになるには、独学では難しいでしょう。プログラミングスクールを受講すれば、効率よくプログラミング学習が進められるので、プログラミング初心者でもフロントエンドエンジニアになれる可能性があります。

プログラミングスクールがおすすめの理由について解説していくので、参考にしてみてください。

手厚い講師のサポートが付いている

独学の場合は、プログラミングでわからないことがあれば、自分で問題解決しないといけません。その場合、いつまでも解決できずに途中で挫折してしまうリスクがあります。

しかしプログラミングスクールの場合は、専門家の講師が付いているので、わからない部分は教えてくれるなど手厚いサポートが付いているのが魅力です。

また講師の方がプログラミングで間違っている部分があれば、速やかに訂正してくれるため、途中で挫折することなく継続してプログラミング学習を続けることができます。

様々なプログラミング言語習得に協力してくれるので、フロントエンドエンジニアとして必要なスキルも磨くことができるでしょう。

カリキュラムによって順序よく学習が進められる

プログラミングスクールでは、受講者に合わせて独自のカリキュラムを立ててもらうことができます。そのため、順序よく基礎的な部分からプログラミングを学ぶことが可能です。

独学の場合は、何から学べば良いのかわからず、困ってしまうことがあります。プログラミングスクールなら、徐々にステップアップしてプログラミングが学べるので、急に難易度が高くなって困るという心配が少ないでしょう。

もし理解できない部分があっても、講師に尋ねればすぐに問題解決できます。

フロントエンドエンジニアとして活躍できる求人を紹介してもらえる

プログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後に、就職・転職サポートまで付いているスクールがあります。そのサービスを利用して、フロントエンドエンジニアとして活躍したいと伝えれば、自分の希望に合わせて求人情報を紹介してもらうことができるでしょう。

自分で求人情報を探すよりも、効率よく希望の求人が見つかる可能性があります。

プログラミングスクールに通う際の注意点

フロントエンドエンジニアになるために、プログラミングスクールに通う場合、いくつか注意しておきたい点があります。どのような点に注意すべきなのか、詳しく解説していきましょう。

予算に合ったプログラミングスクールを選ぼう

プログラミングスクールは、10万円程度の受講費用がかかるため、事前に予算に合うプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

中にはキャンペーンを実施しており、お得に受講できるプログラミングスクールもあるので、よく検討してから受講しましょう。

受講すればフロントエンドエンジニアになれるとは限らない

プログラミング言語を効率よく教えてもらえますが、必ずフロントエンドエンジニアになれる訳ではありません。

あくまでもプログラミングスクールはカリキュラムに沿って、効率よく学習が進められるだけなので、サービスに過信しすぎないようにしましょう。

ただ就職・転職サポートが付いているプログラミングスクールであれば、希望に沿った求人を紹介してもらえるので、IT業界に入りたいのであれば、就職・転職サポートがあるプログラミングスクールを選んでください。

まとめ

フロントエンドエンジニアの仕事内容や平均年収を紹介してきました。実際に、フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、プログラミング言語を複数覚えたりSEO関連の知識を蓄えたりする必要があります。

プログラミングスクールであれば、効率よくフロントエンドエンジニアになるための学習を進めることが可能です。

費用はかかりますが、短期間でエンジニアを目指したいなら、受講することも視野に入れてみてください。