SE(システムエンジニア)とはどんな仕事?初心者でも簡単にわかりやすく解説

SEについての概要

よくSEという仕事について耳にすることがありますが、実際その業務に就かない限りは漠然としたイメージしか持ち合わせていない場合が多いかもしれません。本記事でSEとは一体どのような仕事なのかを紹介します。

SEといっても職種はさまざま

現在SE業務は専門化して分業制になっており、その内容は多岐にわたっています。PCでシステムを作るなどのIT関連技術者の総称として使われています。SEにはアプリケーションエンジニアという職種があります。アプリケーションエンジニアは、PCで使用するソフトウェアやスマートフォンで使用するアプリケーションなどを開発する業務を行います。また、ハードとソフトの中間であるミドルウェアのエンジニアや、家電や自動車に搭載される組み込みエンジニアも存在します。さらには検索エンジンの研究を行いクライアントのニーズに応えるSEOエンジニアもいます。一方でIT環境を支えるインフラ、サーバー、ネットワークのエンジニアや、データベースを設計・構築・保守するデータベースエンジニア業務もあります。その他にはシステムの作り方を包括的に提示するITアーキテクトなど多岐にわたっています。 

SE(システムエンジニア)とPG(プログラマー)の違い

SEはシステム開発の際に顧客の要望をもとに設計書を作成しテストを行うことが主たる業務です。一方で、PGはSEによる設計書に基づいてプログラム言語を用いてプログラムコードを作成する業務です。言うなれば、SEが設計士でPGが大工のような役割を果たします。ただし、企業によってはSEとPGの兼業である事例も見受けられるようです。

SEの仕事内容

顧客の要望をヒアリングし、開発期間や費用を加味して基本設計・詳細設計を行います。次にシステム開発のプロセスを決定し、開発後に実際にテストを行います。また、予算や人員、システム開発の進捗管理を併せて行います。

SEの働き方

SEの働き方は後述の通り社内と社外勤務があります。社内勤務の主たる勤務先はコンピュータメーカー、一般企業の情報処理部門、ソフトウェア開発専門会社などで、自社内でシステム開発を行います。社外勤務は例えばプロジェクトごとなど、顧客先で勤務します。社外勤務の場合はコンピュータの専門知識を持つ人材として、本来のシステム開発に加え、コンピュータに関するさまざまなトラブル解決を頼まれることもあります。他企業に関わることにより人脈が広がることも魅力です。

自社開発と客先常駐

自社開発は文字通りクライアントからの依頼ではなく自社でサービスや商品を生み出し、システムを作成し公開・販売することです。大まかには自社で利用するシステム開発と社外のユーザーが利用するシステム開発の2つがあります。客先常駐は出向して顧客の依頼に応じた開発プロジェクトに参加する形をとります。

雇用形態

SEの雇用形態には正社員(契約社員)と派遣社員、パート・アルバイト、フリーランス、副業があります。とくに最も多い雇用形態が、正社員です。SEとして成長するためには時間がかかるため、人材を育てていこうという意図を持つ企業が多いためでしょう。ここからは主な雇用形態である正社員、派遣社員、フリーランスを詳しく解説します。

正社員

正社員の場合は企業が時間をかけて人材を育てる意思があるので、入社当時は当然雑用から始まったとしても徐々に責任ある業務を任されるようになります。こういったことから仕事のやりがいを感じることができるでしょう。また、正社員という事で安定した収入が確保され、社会保険や福利厚生の恩恵を受けることができるので落ち着いて仕事に専念できることがメリットです。ただし、企業によっては残業が多いというデメリットがあるので、ワークバランスに配慮し心身共に健康であることに気を使う必要があります。中には健康維持のため福利厚生として法人単位でジムの契約している企業も存在します。

  

派遣社員

派遣の場合はさまざまな生活の条件に合わせて働くことができ、加えて一般的に正社員と比較して業務内容のハードルが低いため、仕事が見つけやすいメリットがあります。デメリットとしては雇用期間が決まっているので不安定で収入も低いことが挙げられます。派遣企業の転職エージェントとうまくやり取りをして契約期間を繋ぎましょう。

フリーランス

フリーランスの魅力は他の雇用形態と比較して自由度が高いことにあるでしょう。例としては、在宅ワークが可能なことや勤務時間を自由に選択できることです。また、企業と直接契約を交わすため、高い収入を確保できるメリットもあります。ただし、営業は自身で行わなければならないので安定した収入を得るには技術と営業力の高さが求められるでしょう。健康を維持して仕事を継続しなければなりませんし、納税も自分で行う必要がある点もデメリットです。フリーランスのSEとして続けるためには、自己管理能力が不可欠です。

SEの現状

現在IT技術の発展と比例して、現在はSEの需要が高い状態です。特にAI 、ビッグデータ、IoT 等の先端技術に特化して付加価値を創造できれば、社会に求められる機会はさらに増えるでしょう。SEになるための勉強をして念願が叶った後、実際どの程度の収入を得ることができるのでしょうか。仕事のやりがいとともに気になる収入面を紹介します。

SEの年収

正社員の新人SEの場合の月給は20万円前後ですが、平均的なSEの月収は40万円前後、年収はボーナス込みで500万円~600万円が目安です。都内の派遣社員ですと、時給2,500円から3,500円で、ベテランエンジニアでは時給が4,000円を超えるケースもあります。また、パート・アルバイトの場合は都内で1,500円から2,000円程度が相場のようです。

SEの転職

年齢的な切り口で言うと、未経験でも採用される年齢が25歳くらいまでです。IT系の資格などを持っている場合は経験が少なくても30歳くらいまでは何とか可能性を見出せそうです。また、そもそもSEとしての勤務経験や、プロジェクトを任せられるだけのマネジメント能力があればさらに高い需要が見込めるでしょう。また年齢が高い場合は、リーダー的資質が問われることも多いため、人柄も重視されます。

SEになる方法を解説

SEになるにはどのような方法があるのでしょうか。それぞれの事情に合わせて最も現実的な方法で、SEになるという目標への一歩を踏み出してください。

SEの適性

そもそも顧客のニーズに応じてモノを作る業務であるため、円滑なコミュニケーションができるというヒューマンスキル、そしてプロジェクトを期限内に完成させるというマネジメントスキルが必要です。もちろんプログラミングなどの技術的な開発力が必要な事は言うまでもありません。

SEに必要なスキルや資格

SEになるために資格の習得は不要ですが、資格を取得することにより必要な知識を増やすことができます。知識を増やすことで技術の向上の一助とすることができ、年収やキャリアに直接影響するでしょう。資格の例としてITエンジニアに必要なシステムの仕組みやテストなどを学ぶ基本情報技術者試験や、開発プロジェクトに必要なスキルを学ぶ応用情報技術者試験などが該当します。

SEの専門学校

SEになるためにIT専門学校に通うことは時間とお金が許す限りおすすめの方法でしょう。なぜなら、学校のカリキュラムは初心者でも学ぶ事が出来るよう工夫されていたり、学校やクラスによっては少人数制で教えていたり、企業などと連携してリアルな経験が積む事が出来たり、就職のサポートがあったりときめ細やかな支援があるためです。SEになる希望を叶えるには堅実な方法の一つです。

独学でSEになる方法

独学でSEになるには、書籍や学習サイトを利用する方法があります。また、最近ではYouTubeで情報を発信している方もいらっしゃるのでお金をかけずに知識を増やす方法もあります。また、クラウドサービスにより個人でも比較的容易に開発環境を整えることができるため、実際にシステム開発することも勉強になるでしょう。