アプリケーションエンジニアの平均年収は?仕事内容など解説!

IT化が進むようになり、エンジニアの需要は徐々に高まりつつあります。その中で「アプリケーションエンジニア」は、様々な企業で必要とされており、今後も活躍が期待されているようです。

今回はアプリケーションエンジニアの平均年収や仕事内容について、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

目次

アプリケーションエンジニアとはどんな存在?

具体的に、アプリケーションエンジニアとはどのようなエンジニアのことを指しているのでしょうか。主にアプリケーションエンジニアとは、ITシステムに含まれているアプリケーションを製作するエンジニアです。

Webアプリやスマホアプリなど、様々な開発を行うことから、これからも需要が高まることが想定されています。

クライアントの要望に応える「業務系アプリ開発」

クライアントが抱えている問題に対して、解決策となるアプリケーションを設計して開発するのが「業務系アプリ開発」です。企業内で利用できる業務システムの開発やプログラミングテストなどを行うので、利便性の高いアプリケーションを開発する業務に携わることができます。

継続的にシステムに関するフォローを行い、メンテナンスなども対応するケースがあるため、企業と長い付き合いになるケースが多いでしょう。

ブラウザで利用できる「Webアプリ開発」

Webから利用できるアプリケーションを開発するのが「Webアプリ開発」です。TwitterなどのSNS関連についても、Webアプリに該当するので、様々な開発に携わることができます。

Webアプリ開発は、ショッピングサイトなどにも利用されているので、今後も活躍の場が期待できるでしょう。

スマホで便利に利用できる「スマホアプリ開発」

多くの方が利用しているアプリを開発するのが「スマホアプリ開発」です。利便性の高いアプリを開発すれば、利用者が増えて知名度も高くなります。

アプリケーションエンジニアとして、人気のアプリ開発に携われれば、キャリアアップを図るきっかけにもなるでしょう。

これからも需要が高まることが想定されている分野なので、スマホアプリ開発に携わりたいと考えるエンジニアは多いです。

アプリケーションエンジニアってどんな仕事内容?

アプリケーションエンジニアとは、具体的にどのような仕事を行うエンジニアなのでしょうか。アプリケーションエンジニアの仕事内容について、詳しく解説していくので参考にしてみてください。

アプリケーションを開発する

アプリケーションエンジニアの仕事内容としては、まずアプリケーションを開発する作業を行うのが基本です。設計から開発まで一貫して対応することが多いでしょう。

クライアントと打ち合わせを重ね、どのような機能や仕様にするのか決めてから開発作業に移ります。クライアントの要望次第では、途中で仕様変更が発生することもあるので、柔軟な対応を行うことが求められるでしょう。

チームで連携して開発を行うことが多いので、アプリケーションエンジニアはコミュニケーション能力も重要視されます。

開発したアプリケーションの保守や運用

クライアントに開発したアプリケーションを納品して終わりという訳ではありません。正しく動作するのか経過を見て、状況に応じて保守や運用を任せられます。

優秀なアプリケーションでも、何らかの原因でエラーなどのトラブルが発生することはあるでしょう。そんな時に素早く修正する必要があります。

クライアントと密に連絡を取りながらアプリケーションを保守・運用する必要があるので、管理能力の高さが重要になってくるでしょう。

アプリケーションエンジニアになるためにはどのようなスキルが必要?

アプリケーションエンジニアは、開発するだけでなく、クライアントとの打ち合わせを行うことも業務の一つです。そんなアプリケーションエンジニアになるためには、どのようなスキルが必要になってくるのか、詳しい内容を解説していきます。

開発作業を円滑に行えるプログラミングスキル

アプリケーションエンジニアにとって必要不可欠な能力が、プログラミングスキルです。プログラミング言語を習得し、コードを素早く正確に書き込む能力が必要になってきます。

主にアプリケーションエンジニアで必要とされるプログラミング言語は、「Java」・「C」・「C#」などです。Webサービス開発であれば「Ruby」・「PHP」などのプログラミング言語を習得しておくことが求められます。

より多くのプログラミング言語を習得していれば、任せられる仕事も増えてくるので、キャリアアップを図るきっかけにもなるでしょう。

サーバーなどを管理する能力

アプリケーションエンジニアはアプリを開発するだけでなく、サーバーを管理して保守・運用する能力も必要になってきます。サーバーについて詳しい知識を保有していれば、どのようなシステムを構築すれば、利便性の高いWebアプリを開発できるのか理解することもできるでしょう。

クライアントから信用され、より多くの案件を任せてもらうためにも、サーバーを管理する能力は必要になってきます。

内外部と打ち合わせを行うためのコミュニケーション能力

アプリケーションエンジニアは、クライアントと打ち合わせを行い、要望に沿ってアプリ設計・開発を行う必要があります。社内においても、チームで開発するケースが多いため、情報を共有するためのコミュニケーション能力が重視されるでしょう。

ただプログラミングスキルがあれば良いという訳ではなく、円滑に開発作業を進めるためには密なコミュニケーションを行うことは大切です。

コミュニケーション能力が高いアプリケーションエンジニアは、チームの管理者として採用されることもあるので、キャリアアップにも繋がります。

アプリケーションエンジニアの平均年収はどれくらい?

Webアプリ開発を行うアプリケーションエンジニアは、実際にどれくらいの年収を受け取っているのでしょうか。アプリケーションエンジニアの平均年収について解説していきます。

アプリケーションエンジニアの平均年収は400万円から450万円前後

IT企業などによっても待遇は異なりますが、アプリケーションエンジニアの平均年収は400万円から450万円前後と言われています。よりプログラミングスキルが高い人材やチームの管理者については、さらに年収は高くなることが想定されるでしょう。

アプリケーションエンジニアはこれからも需要が高まる可能性があるので、将来的に待遇は今以上に良くなることも考えられます。

アプリケーションエンジニアはどれくらいの残業を行う?

エンジニア関連の仕事は残業が多いと言われていますが、アプリケーションエンジニアはどれくらいの残業を行うのでしょうか。

アプリケーションエンジニアの平均残業時間は、月に28.8時間程度と言われています。アプリ開発の納期が迫っている時期には、残業が多くなる傾向がありますが、通常はそれほど残業することは少ないでしょう。

アプリケーションエンジニアのキャリアパスについて

アプリケーションエンジニアとして実績を積めば、どのようなキャリアパスが想定されるでしょう。より高い年収を獲得するためにもキャリアパスについて把握しておき、必要な知識やスキルの取得を目指してみてください。

チーム開発の管理を行う「プロジェクトマネージャー」

Webアプリ開発などでは、チームで行動して開発作業を行うケースが多いです。その時にチームの管理を行い、プロジェクトの進捗状況を把握する役割なのが「プロジェクトマネージャー」になります。

クライアントとの納期や予算などの打ち合わせも行うことがあるので、高いコミュニケーション能力や交渉術などのスキルが求められるでしょう。

もちろんプログラミングスキルも持ち合わせている必要があるので、総合的に高い能力を持っていないプロジェクトマネージャーになることは難しいです。年収についても、通常のエンジニアと比較すると高収入が期待できます。

業務の効率化を図る「ITコンサルタント」

IT企業が円滑に業務を遂行できるよう、課題などを解決するための提案を行うのが「ITコンサルタント」です。プログラミングスキルを持って、ITシステムを構築する能力だけでなく、課題を解決できる問題解決力も問われる職種となっています。

コンサルタントとして的確に課題を見極め、解決するためのマネジメント能力が求められるので、豊富な実践経験を備えている必要があるでしょう。

独立して自分が求める経営を行う

十分なプログラミング知識・スキルを持っているなら、独立して起業する方法もあります。自分が理想とするアプリ開発に携わることができるでしょう。

実際、エンジニアとして実力が確立されていれば、起業と同時に仕事を紹介してくれるクライアントも付いてくる可能性があります。

ただ起業するためにはプログラミングスキルだけでなく、交渉術や経営術を備えておく必要があるので、エンジニア以外の能力が求められるでしょう。起業するための初期費用もかかるので、綿密に準備を進める必要があります。

アプリケーションエンジニアにはどのような資格が必要なのか?

アプリケーションエンジニアを目指すのであれば、専門的な知識や技術を持っていることを証明する必要があります。証明する手段としては、資格を取得しておく方法があるでしょう。

ただ資格がなくても実績を証明すれば、IT企業でアプリケーションエンジニアとして働けることもあります。あくまでも資格は、自分のスキルアップとして利用する目的で取得しましょう。

システムに関する知識が豊富な「システムアーキテクト試験」

IPA(独立行政法人情報推進機構)が行っている国家試験で、難易度は比較的高い資格となっています。コンピューターに関する知識やシステム設計など、様々な知識を有していることが証明できるので、取得しておいて損はありません。

ただ資格を取得するためには、幅広い知識を持っている必要があるので、ある程度の実務経験がないと合格するのは難しいでしょう。

世界的にも有名な「Android™技術者認定試験」

Android技術者認定試験制度委員会が開催している試験で、世界的にも有用な資格です。試験は「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」があり、それぞれ深い知識を保有していることが求められます。

Android™技術者認定試験は2つの難易度が用意されており、自分に合ったレベルの試験を選択することが大切です。レベルとしては「ベーシック」と「プロフェッショナル」があるので、まずはベーシックから受けてみると良いでしょう。

未経験からアプリケーションエンジニアを目指すなら?

未経験からアプリケーションエンジニアを目指す場合、どのような学習方法があるのでしょうか。主に学習方法としては、「独学」と「プログラミングスクール」で学ぶやり方があります。

それぞれどのような特徴があるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

本や学習サイトを利用して独学で学ぶ

アプリケーションエンジニアになることを目指し独学で学習を進める場合、本や学習サイトを利用すれば、基礎的な内容から学ぶことができます。独学でしっかり学習を進めれば、プログラミング言語の基礎や知識を身に付けることができるでしょう。

プログラミングスクールに通ってプログラミング学習を進める場合と比較すれば、受講費用がかからないので、コストをかけずに学べます。

ただ独学の場合は、実践的なプログラミングスキルを身に付けることが難しく、エンジニアレベルまで学習するのは難しいのが特徴です。

アプリケーションエンジニアとして、必要なスキルを磨きたいのであれば、プログラミングスクールに通った方が効率は良いでしょう。

プログラミングスクールに通って効率よく学ぶ

アプリケーションエンジニアになるための学習方法として、プログラミングスクールに通う方法はおすすめです。専門家の講師が指導してくれるので、わからない部分も相談しながら学習を進めることができます。

独学なら自分で問題解決しないといけませんが、プログラミングスクールで学習する場合は、講師が疑問に答えてくれるので、途中で挫折する心配がありません。

またプログラミングスクールは、提携しているIT企業がいるので、転職先を紹介してもらえることもあります。

ただプログラミングスクールに通う際には、受講費用がかかるため、予算に合ったコースを選択する必要があるでしょう。プログラミングスクールによって受講費用は異なるので、よく検討してから受講してください。

アプリケーションエンジニアになるならスクールの選びは慎重に

アプリケーションエンジニアになるためにプログラミングスクールに通うなら、どこで学ぶのか慎重に検討することが大切です。何を基準にプログラミングスクールを選べば良いのか解説していくので、参考にしてみてください。

アプリ開発関連のコースを選択する

アプリケーションエンジニアになるためにプログラミングスクールに通うなら、アプリ開発関連のコースがあるスクールを選択しましょう。コースによって学習できるプログラミング言語が異なるので、将来的に何を作りたいかによって、希望のコースは慎重に検討する必要があります。

事前にカウンセリングを行ってもらえるなら、自分はアプリケーションエンジニアになりたい旨を伝えれば、適切なコースをカウンセラーが紹介してくれるでしょう。

指導してくれる講師のレベルが高いスクールを選ぶ

プログラミングスクールによって、指導してくれる講師のレベルは違います。講師のレベルを見極めることは難しいですが、無料カウンセリングなどがあれば、講師の方と話す機会があるので、その時に信頼できるか判断しましょう。

より短期間で効率よくプログラミング学習を進めるなら、講師のレベルが高いプログラミングスクールを選択した方が賢明です。現役エンジニアの方が指導してくれるプログラミングスクールなどは、実績も豊富なので実践的なスキルを磨くことができるでしょう。

自分の予算内に収められる受講費用か確認する

プログラミングスクールによって受講費用は異なります。そのため、受講する際には自分の予算から生活が圧迫しない程度の受講費用なのか確認しておくことが大切です。

プログラミングスクールの中には、提携するIT企業に転職すれば、受講費用が免除になるなどのサービスを提供していることがあります。

よりお得にプログラミングスクールに通いたいなら、そういったサービスを提供しているスクールを選びましょう。

転職サポートがあるスクールを選ぶ

アプリケーションエンジニアを目指すのであれば、転職しやすい環境が整えられているプログラミングスクールを選びましょう。

プログラミングスクールが提供している転職サポートの内容の多くは、面接練習や履歴書添削などが考えられます。一人で転職活動を行うのが不安という方は、転職サポートがあるプログラミングスクールを選びましょう。

事前にアプリケーションエンジニアとして活動したいと伝えておけば、対応している求人情報を紹介してもらえることもあります。

アプリケーションエンジニアになるなら優良なスクールを選ぶ

アプリケーションエンジニアになるのであれば、優良なスクールを選択した方が賢明です。優良なプログラミングスクールを判断する方法について紹介していくので、参考にしてみてください。

無料カウンセリングが実施されていれば積極的に参加する

優良なプログラミングスクールかどうか判断するためには、まずどのようなプログラミングスクールなのか見極めることが大切です。そのためにも、無料カウンセリングが実施されていれば積極的に参加し、どのような環境でプログラミング学習できるのか見極めていきましょう。

無料カウンセリングでは、どのようなカリキュラムで学習が進められるのか、自分が希望する言語の学習が実現できるのかなど質問できます。他にも、転職先の企業についても教えてくれるプログラミングスクールもあるので、受講する前に無料カウンセリングは参加した方が良いです。

実際に利用した方の口コミを参考にする

優良なプログラミングスクールか判断する方法として、実際に利用した方の口コミをチェックして、自分が想定している学習ができるのか判断するやり方がおすすめです。

口コミなどを確認すれば、どのような講師が指導してくれるのか、就職先は希望通りの企業に入れるのか判断できます。

口コミでプログラミングスクールの全てがわかる訳ではありませんが、参考にはなるので受講する前にチェックしておきましょう。

まとめ

アプリケーションエンジニアはWebアプリ開発など、様々な分野で活躍が期待できます。これからも需要が高まることが想定されているので、アプリケーションエンジニアを目指してプログラミング学習を進めるのはおすすめです。

平均年収は400万円から450万円程度ですが、チームを管理する責任者になるほど実績を積めば、さらに年収アップが期待できます。

未経験の方がアプリケーションエンジニアになることは難しいですが、プログラミングスクールに通えば効率よくエンジニアになれる可能性はあるでしょう。

優良なプログラミングスクールを見極めて、自分に合った学習を進めてみてください。