Pythonのフレームワークである「Flask」とは?メリットについて解説!

AI開発が進んでいるIT業界の中で、Python言語はシンプルなコードとなっていることから、需要が高まっている言語となっています。Python言語は様々なフレームワークがあるため、開発もスムーズに行えるのが特徴です。

そんなPython言語のフレームワークの中で、「Flask」は簡単なWebアプリを開発する時に便利と評判になっています。

今回はPython言語のフレームワークであるFlaskとは、どのようなものなのか詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

目次

Flask ってどんなフレームワークなのか?

Python言語のフレームワーク「Flask」とは、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか。Flaskの特徴について解説していくので、参考にしてみてください。

 Flask はPython言語で稼働するWebアプリケーションフレームワーク

Flaskとは、Python言語で稼働する「マイクロWebアプリケーションフレームワーク」と言われており、Web開発に利用できるフレームワークです。

Webアプリケーションフレームワークとは、様々な動作をパッケージしたようなもので、一からコードを書かなくても良いのでプログラミングの手間を省くことができます。

マイクロWebアプリケーションフレームワークとは?

Flaskを指しているマイクロWebアプリケーションフレームワークとは、標準で提供している機能が最小限になっているフレームワークのことです。

通常のフレームワークは、ボタン一つでログイン機能を実装することができるのに対して、マイクロWebアプリケーションフレームワークは、ログイン機能を追加するだけでも、一から機能を追加する必要があります。

Flaskを利用するメリットとは?

Python言語のフレームワークであるFlaskは、導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。Flaskを利用するメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

必要最低限の機能しかないため軽い

Flaskに実装されている機能は、必要最低限のものしかないため、導入する際に軽くて済むのが特徴です。複数の機能が入っている場合、動作が重くなってしまい、作業が進まなくなってしまう可能性があります。

しかしFlaskであれば動作が軽くて済むので、様々なWebアプリ開発に利用することが可能です。

細かく機能調整することができる

Flaskを導入するメリットとしては、機能が少ないため後から必要な機能を追加しやすい点が挙げられます。細かく機能調整できるので、自分好みのシステムを実現することが可能です。

余計な機能が付いている場合、後から変更するのは困難でしょう。しかしFlaskなら、元々機能が少ないので、様々な調整が可能となっています。

素早く開発作業に移行することができる

通常のフレームワークの場合、開発作業を行うまで初期セットアップが求められるケースがあります。しかしFlaskなら、インストールしてから少しコードを書き込み、ホストを指定してターミナル上で実行すれば、すぐに起動させることが可能です。

素早く開発作業に移行できるので、使い勝手は良いフレームワークと言えるでしょう。

 Flaskはどのような時に利用されるケースが多いのか?

Python言語のフレームワークであるFlaskは、どのようなケースで利用されることが多いのでしょうか。Flaskが利用されるケースについて解説していくので、参考にしてみてください。

Flaskが利用される環境について

Flaskはシンプルな構造のBotを作成する時や、社内管理システムを構築する際に利用されることが多いようです。またAPIサーバーとして利用されることもあるので、様々な分野で活躍が期待できます。

Flaskは追加されている機能が少ないので、自分で自由にカスタマイズすることが可能です。そのため、必要な機能があれば自由に追加できるので、様々な場面で活躍が期待できます。

 Flaskの使い方はどう学べば良い?

Flaskを利用する場合、どのように使い方を学べば良いのでしょうか。Twitterの統計解析を行う方法を学習したい場合は、チュートリアルが用意されているので参考にすれば便利です。

またFlaskを活用してWebアプリを開発する場合は、Python言語の他にも「HTML」や「CSS」などのプログラミング言語を習得する必要があります。

 Flaskで開発作業を行うならプログラミング言語を習得しよう

Flaskを利用してWebアプリの開発を行うなら、Python言語をはじめ、様々なプログラミング言語を習得する必要があります。プログラミング言語を習得するためにはどうすれば良いのか、学習方法について解説していくので参考にしてみてください。

独学でプログラミング言語を習得する

Flaskを利用してWebアプリを開発するなら、HTMLやPythonなどのプログラミング言語を習得する必要があります。基礎的な内容であれば、本や学習サイトを利用すれば勉強することが可能です。

独学の場合は、プログラミングスクールに通うための受講費用がかからないので、手軽にプログラミング学習を始めることができます。

また自分のペースで学習を進めることができるので、スケジュール管理もしやすいのが特徴です。

ただ疑問点などは自分で解決しないといけないため、わからないことが多くなり途中で挫折してしまう恐れがあります。

継続して学習するのが難しいという方は、プログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングスクールでプログラミング言語を習得する

専門知識のある講師が指導してくれるプログラミングスクールでは、わからないことも講師が丁寧に教えてくれるので効率よくプログラミング言語を習得することができます。

開発環境も整えられている状態で学習が進められるので、実践的なプログラミングスキルを磨くことができるでしょう。

またプログラミングスクールの中には、転職サポートが付いていることがあります。未経験でもエンジニアとしてIT企業に転職できる可能性があるので、転職を希望する方におすすめです。

ただ受講費用は数十万円ほどかかることがあるので、予算と相談しながら受講するか判断していきましょう。

Flaskを使うためにプログラミング言語を学ぶならスクールがおすすめ

Python言語のフレームワークであるFlaskを利用してWebアプリを製作する方法を学びたい場合、独学よりもプログラミングスクールの方がおすすめです。

プログラミングスクールの方がおすすめの理由を解説していくので、参考にしてみてください。

講師が疑問点を解決してくれるから挫折しにくい

Flaskを利用してWebアプリを開発する場合、独学ではエラーが発生した場合、どのように解決すれば良いのか迷ってしまうことがあります。しかしプログラミングスクールに通っていれば、講師が疑問点を解決してくれるので、途中で難しくなって挫折する心配はないでしょう。

わからないことがあれば、気軽に講師に質問できるので、自分のプログラミングスキルを伸ばすことができます。

一人で解決できないことも、講師と一緒になって学習すれば短期間でプログラミング言語を習得することができるでしょう。

独自のカリキュラムで効率よく学べる

プログラミングスクールでは、独自のカリキュラムに沿って効率よく学習を進めることができます。自分で何を学習すれば良いのか悩む必要がないので、未経験の方でも順序よくプログラミング学習を進めることが可能です。

独学で学習するよりも効率よく学べるので、短期間でプログラミング言語を習得し、Webアプリの開発もできるようになります。

効率よく学習し、素早くプログラミングスキルを身に付けたい方はプログラミングスクールに通う方が良いでしょう。

Flaskを利用して製作したWebアプリをポートフォリオにできる

独学ではFlaskを利用してWebアプリを作るのは難易度が高いでしょう。しかしプログラミングスクールで講師と一緒にWebアプリを製作すれば、コードミスを指摘してもらえるので、しっかりしたポートフォリオが作れるはずです。

ポートフォリオの出来によっては、未経験でもIT企業に転職できる可能性があります。自分でポートフォリオを製作するのが難しい場合は、プログラミングスクールで指導してもらいながら製作した方が確実に良いものが作れるでしょう。

Flaskを利用する上で必要なPython言語とは?

FlaskでWebアプリを開発するためには、Python言語を習得する必要がありますが、Python言語とはどのようなものなのでしょうか。Python言語の特徴について解説していくので、参考にしてみてください。

コードがシンプルなのが特徴

Python言語の特徴としては、コードがシンプルという点が挙げられます。初心者の方でもコードは覚えやすく、コードミスにも気づきやすい構造となっているので、管理もしやすいです。

ライブラリやフレームワークが豊富

Python言語は海外で主流となっているプログラミング言語で、多数のライブラリやフレームワークが存在しています。Flaskもその一つで、開発する際に便利に活用できるのが魅力です。

ライブラリやフレームワークが豊富であるほど、様々な分野で活躍が期待できるので、Python言語を習得すれば開発作業も捗るでしょう。

保守性が高くて運用しやすい

Python言語はシンプルなコードとなっているので、読みやすくコードミスの発見も早いのが特徴です。またPython言語は「オフサイドルール」というものが適用されており、字下げのルールがあります。

このルールによって、コードが確認しやすくなっているのでメンテナンスも楽なのが特徴です。保守性が高いほど運用しやすいので、これからはPython言語の利用も増えてくることが想定されています。

Flaskを利用する以外にもPython言語を習得した方が良い理由

Python言語はFlaskを利用してWeb開発を行えるだけでなく、習得すれば様々なメリットがあります。Python言語を習得するメリットとは、どのようなことが考えられるのか詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

どのようなOSにも対応している

Python言語はWindowsだけでなく、MacなどのOSに対応しているので、コードをそのまま利用することができます。書き換えをすることなく、どのようなOSにも利用できるので、開発の手間がかからないのがメリットです。

Python言語はオープンソース

Python言語のメリットとして、オープンソースであるため、開発環境を自分で整える必要がありません。無料でコードを書き、Webアプリの開発などを行うことができます。

PCとインターネット環境が整っていれば、気軽に開発作業を行えるので、Python言語は習得しておいて損はありません。

日本でも需要が高くなりつつある

Python言語は海外でAI開発やWebアプリ開発に利用されています。その影響を受けて、日本でもPython言語の需要が高くなりつつあるのが特徴です。

これからはAI開発に力を入れる企業も増えてくることが想定されているので、Python言語を習得しておけば、様々な分野で活躍できる人材として重宝されるでしょう。

様々な分野で利用できる汎用性の高さ

Python言語はWebサイトやWebアプリ開発、AI開発などにも活用されているだけでなく、データ分析にも利用できます。

様々な分野で利用できる汎用性の高さは、他のプログラミング言語にはない特徴なので、習得しておけばエンジニアとして活躍の場を広げることができるでしょう。

Flaskで開発作業するためにプログラミングスクールで学ぶなら?

Flaskを利用して開発作業を行うなら、プログラミングスクールで学習した方が効率よく勉強できます。しかしどのプログラミングスクールを選べば良いのか、悩んでしまう方もいるでしょう。

そんな方のために、プログラミングスクールの選び方を紹介していくので、参考にしてみてください。

Python言語が習得できるスクールを選ぶ

Flaskを利用してWebアプリ開発を行うなら、Python言語を習得できるプログラミングスクールを選ぶ必要があります。プログラミングスクールによっては、Python言語を学べばない可能性もあるので、選ぶ前に習得できるプログラミング言語は把握しておきましょう。

無料カウンセリングを実施しているプログラミングスクールなら、事前にどのようなプログラミング言語が習得できるのか教えてくれるので、事前に尋ねておくことをおすすめします。

講師のレベルが高いスクールを選ぶ

プログラミングスクールの講師のレベルは高い方が、実践的なスキルを習得できる可能性があります。講師のレベルを見極めることは難しいですが、体験レッスンがあれば参加してみるのも手です。

また現役エンジニアが常駐しているプログラミングスクールであれば、効率よくエンジニアとして必要なスキルを教えてくれるので、短期間でプログラミング言語を習得できる可能性があります。

受講費用は予算内に収めることができるか?

プログラミングスクールの受講費用は数十万円することがあります。受講費用はスクールによって異なるので、事前に予算内に収めることができるのか確認しておきましょう。

プログラミングスクールの中には、提携しているIT企業に転職すれば、受講費用が無料になるサービスを提供していることがあります。お得にプログラミング学習がしたいなら、そういったサービスを提供しているプログラミングスクールを選択しましょう。

開講している時間帯に受講できるか?

プログラミングスクールが開講している時間は、自分が受講できる時間帯なのか、確認しておくことが大切です。仕事終わりに受講する予定なら、遅い時間まで開講しているプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

教室に通うのが手間という方であれば、オンライン形式を採用しているプログラミングスクールを選ぶ方法もあるでしょう。

オンライン形式なら、自宅で受講できるので服装も気にせずにプログラミング学習を進めることができます。

自分のライフスタイルに合わせて、無理なく受講できるプログラミングスクールを選択していきましょう。

自分が希望するサービス内容を提供しているか?

プログラミングスクールによって、提供しているサービス内容は微妙に違います。そのため、自分の希望に沿ったサービスを提供してくれるプログラミングスクールなのか確認しておくことが大切です。

例えば専属講師がマンツーマンで指導してくれるサービスのプログラミングスクールであれば、効率よく学習を進めることができるでしょう。

他にもエンジニアへの転職を希望しているなら、転職サポートが付いているプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

様々なプログラミングスクールがあるので、サービス内容を比較してから選びましょう。

まとめ

Python言語を利用してWeb開発ができるFlaskは、フレームワークとして便利なので、一度使ってみてください。

ただFlaskを利用してWeb開発を行うのも、プログラミングスキルがないと、うまく開発作業を進めることができないでしょう。

独学で学習を進める方法もありますが、プログラミングスクールに通った方が効率よく学習できます。

プログラミングスクールなら、Web開発を行う時も講師のアドバイスを聞きながら作業できるので、コードミスなどを指摘してもらえるでしょう。

効率よく開発作業を行うなら、プログラミングスクールに通うことも視野に入れてみてください。