ITエンジニアは未経験でも目指せる?向いている人や転職に必要なポイント

「ITエンジニアとして働きたい」

「未経験でもITエンジニアになれるのかな?」

IT業界が進歩しさまざまなIT技術やサービスが誕生するなか、未経験からITエンジニアを目指したいと考える方もいるのではないでしょうか。

専門スキルや技術が必要なITエンジニアへの道は、実務経験のない方でも目指すことはできます。しかし、最低限の知識やスキルを身につける必要があります。

また、ITエンジニアでも複数の職種があり、それぞれ仕事内容も異なります。目指す職種によって見つけるべき知識やスキルは異なってきます。

今回は、ITエンジニアの種類やITエンジニアに向いている人の特徴、未経験からITエンジニアを目指すために必要なことを解説します。

ITエンジニアの種類や仕事内容

ITエンジニアと一口に言ってもさまざまな職種があり、仕事内容も異なります。

将来の仕事でITエンジニアを目指したいと思うなら、自分自身がどの職種のエンジニアになりたいのか、どの分野に興味があるのか、について明確にしておきましょう。

それでは、ITエンジニアの種類や仕事内容について解説していきます。

Webエンジニア

「Webエンジニア」の仕事は、インターネットを介して利用されるWebサイトやアプリケーションなどのシステムを仕様書に沿ってシステム構築、サイト制作、運営などを行うことです。

スマートフォンの普及によりIT技術の需要も増加しているため、Webエンジニアの需要は右肩上がりとなっています。そのため、複数のプロジェクトを並行して進めることも珍しくありません。

また、進化が速いWeb業界の中で、Webエンジニアとして活躍するためには、常に最新のインターネット技術に関する知識が必要です。

さらにWebエンジニアは、インフラエンジニアとフロントエンドエンジニアの2つに分類されます。

インフラエンジニア

「インフラエンジニア」はその名の通り、システムを動作させるための基盤となるサーバーの設計・構築・運用を行うエンジニアです。

Webサービスの稼働が安定するように裏で支えるため、「バックエンドエンジニア」と同じ意味で使われることもあります。

インフラエンジニアはさらに「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」の2種類に分類されます。

・サーバーエンジニア

コンピューターの情報を格納する場所であるサーバーの設計・構築や、構築したサーバーの運用や保守といった業務を行います。

・ネットワークエンジニア

データを送受信するための環境を整える業務を行います。

主な業務は、コンピューターのネットワークを設計・構築したり、システム構築後の運用や監視を行います。

フロントエンドエンジニア

「フロントエンドエンジニア」は、Webサイトのフロント側の設計・構築を専門とするエンジニアです。フロントとは、Webサイトを訪問してきたユーザーが直接触るUIの部分のことをいいます。

HTML・CSS・JavaScript・PHPなどのプログラミング言語を使ってコーディングし、ユーザーが見やすくかつ使いやすくなるように実装していきます。

デザイナーと連携して業務を進める機会も多いため、連携作業が必要になることも多いでしょう。

また、企業や現場によっては、デザインの一部をエンジニアに任せるケースもあります。そのため、デザインに関しては多少なりとも知識や勉強、興味関心を持つようにするといいでしょう。

SE(システムエンジニア)

「システムエンジニア」は、クライアントの要望に応えられるために、プログラムやソフトウェアの仕様書や設計書を作成します。

主な仕事内容は、以下の段階に分類されます。

・要件定義

・システムの基本設計、詳細設計

・テスト

・保守・運用

各段階の詳細について解説します。

・要件定義

クライアントのヒアリングを行い「どのようなシステムを構築したいのか」を明確にします。

・システムの基本設計、詳細設計

プログラミングのために必要なシステムの骨組みとなる基本設計(仕組みや機能の内容など)を行います。

その次に、具体的にどのような技術を使って基本設計を実現するのか?といった細かな部分を設計し、システムの設計図となる仕様書を作成します。

・テスト

プログラマーによって仕様書に沿ってプログラミングされたシステムに、ミスなどの問題がないかテストを行います。

・保守・運用

システムの運用が開始されてからは、システムのメンテナンスをはじめ、エラーや障害といったトラブルに対応します。

システムエンジニアは、クライアント側の意図を読み解くことやプログラマーなどのスタッフに指示を出すなど、人と関わることが多いためコミュニケーション力が必要とされます。

プログラマー

「プログラマー」は、システムエンジニアが作成した仕様書に沿って、システムを動かすためのコードを書いて、プログラムを組んでいきます。

金融システム・交通機関・ショッピングサイトなど、プログラマーが活躍するジャンルは多岐にわたります。

また、近年ではIoTが普及したこともあり、家電製品を制御するプログラムを組むなど新しい領域での需要も増えているため、複数のプログラミング言語を覚える必要があります。

ITエンジニアに向いている人の特徴

その人自身にエンジニアとしての適性があるかどうかで、技術の習得スピードや業務進行のスピードに影響が出ます。

ITエンジニアを目指そうと考えている場合は、まず自分に適性があるのかどうかを見極めましょう。

それでは、ITエンジニアに向いている人の6つの特徴を解説します。

コンピューターなどのIT技術に興味がある人

ITエンジニアとして活躍するためには「コンピューターや機械をどのように動かしているのか」「情報の通信にはどのような処理が行われているのか」などについて、興味関心が持てるかが重要です。

その反対にIT技術に興味関心のある人は、技術や知識を身につける習得スピードが速い傾向にあります。IT技術そのものに興味関心がある人は、ITエンジニアに向いているでしょう。

忍耐力がある人

目的や目標に向かって途中で投げ出さず最後までやり切れる忍耐力のある人は、ITエンジニアとして強みとなるでしょう。

ITエンジニアは、パソコンやコードなどとひたすら向き合う、地道な作業が多い職種です。コードを書いてテストを行い、エラーが出たら修正して再びテストをする、という作業を繰り返します。

システムトラブルの原因となる問題を特定し、エラーを解消できるまで時間を要することも珍しくありません。

システムがどのように挙動しているのか把握したり、エラーメッセージなどで不明点が出てきたら調査するなど、コツコツと作業を進めることも多々あります。

困難と思われる物事に対しても、試行錯誤して粘り強く挑み続けられる忍耐力や集中力が求められます。

新しい技術に対して好奇心がある人

IT業界では常に技術革新が続いており、数年前は常識とされていた技術が時代遅れになることも珍しくありません。

目まぐるしいスピードで技術が進化するIT業界の中で、エンジニアとして働くためには、新しい技術に対して興味関心や好奇心を抱けるかも重要なポイントとなります。

入ってくる情報を自動で受け取るといった受け身の姿勢では、自分の知識も増えにくいため、ITエンジニアとして成長できないでしょう。

自分の専門とする分野の情報に対して常にアンテナを張ったり、自ら進んで新しい技術を勉強してみたりなど、好奇心を持ち積極的に行動できる人はITエンジニアに向いています。

情報収集能力が高い人

ITエンジニアの仕事は、エラーやトラブルといった困難に対処しなければいけません。

情報を集める能力が高ければ高いほど、エラーやトラブルなどの壁にぶつかったときに問題を解決する糸口も見つけやすくなります。

さらに、情報収集能力が高ければ高いほど、さまざまな知識を幅広くインプットできるため

、仕事の業務を効率化するアイデアなども掴みやすくなるでしょう。

また、得られた情報が正しいものか?自分にとって必要な情報なのか?といった取捨選択をする力も重要となります。

最新のIT技術に関する情報は、海外の情報であることがほとんどです。英語がわからなくても翻訳ツールなどを使いながら情報を読み取る力があることも大切です。

自分自身の健康管理ができる人

デスクワークのイメージが強いITエンジニアの仕事は、意外にも体力勝負です。プロジェクトの納期が近いときや繁忙期の場合は、残業続きや徹夜続きになることも珍しくないため、自分自身の健康管理をしっかりできるかは重要なポイントです。

デスクワークが原因で起こる肩こりや腰痛、目の疲れなどはパフォーマンスを下げる原因の一つにもなります。

また、徹夜続きで食生活が偏ってしまい生活習慣病や肥満などを引き起こす可能性もあります。

また、システムエラーやトラブルといった急な問題に対処することも多いため、ストレスを受けやすい側面もある職種です。

「こまめに身体を動かしてみる」「食生活に気を使う」「適度に息抜きをする」など、自分の身体に無理の出ない範囲で、意識的に健康管理をすることも大切です。

地道な努力を積み上げられる人

日々新しい技術が生まれるIT業界では、技術を習得できたら終わりではなく、常に学習し続け技術や知識をアップデートし続けなければいけません。

また、システムエラーやトラブルが発生したときは、問題解消や改善に向けて何度もトライ&エラーを繰り返す必要があります。

目的に向かってコツコツと地道な努力を積み上げられる能力がある人は、ITエンジニアに向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力がある人

パソコンに向かってもくもくと作業するイメージが強いITエンジニアは、意外にもコミュニケーション能力が必要とされます。

クライアントと打ち合わせをしたり、プロジェクトを進めるときにスタッフ間でやりとりをしたり、など人と会話をするシーンは多くあります。

相手の意思や要望を正しく読み取って理解し、業務を円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力も必要です。

未経験でもITエンジニアになれる?

インターネット環境が整いスマートフォンが普及したことによって、IT業界の成長は著しく市場規模も年々右肩上がりとなっています。

経済産業省が発表した資料を参考にすると、IT人材は2030年までに45万人不足すると発表されています。

参考:経済産業省『IT人材需給に関する調査(概要)

さらに深刻化するIT人材不足の対策に、経済産業省と厚生労働省が連携して「教育訓練給付制度」を拡大するなど、IT人材の育成に力を入れています。

このように、IT技術の需要とIT人材のバランスが取れていないため、未経験からでもITエンジニアを目指せる可能性は高いといえるでしょう。

未経験からITエンジニアを目指すために必要なこと

技術や知識など実力勝負なITエンジニアの世界を目指すためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

・プログラミング言語を独学で学ぶ

・プログラミングスクールを利用する

・ポートフォリオを作成する

・未経験でもOKの企業へ応募する

それぞれのポイントについて具体的に解説します。

プログラミング言語を独学で学ぶ

ITエンジニアとして働くためには、希望する職種のプログラミング言語の知識は最低限必要です。

実務経験がなくても、専門用語や言葉の意味が理解できるまでのスキルを身につけておくことが望ましいでしょう。

プログラミング言語は独学でも学習できます。なるべくお金をかけず自分のペースで学習したい場合は、専門書・Webサイト・動画などで、必要な知識を身につけておきましょう。

ただし、プログラミングにはエラーに対処しなければいけないシーンが多くあります。

わからない問題やエラーなどの壁にぶつかったときなどは自分で解決しなければいけないため、自分の頭で考える能力・情報収集能力・忍耐力は必要となります。

プログラミングスクールを利用する

プログラミング言語を独学で勉強することに限界を感じたり、不安があったりする場合は、プログラミングスクールの利用もおすすめです。

プログラミングスクールでの学習のメリットは、わからないところがある場合は講師に聞けたり、一緒に学習できる仲間ができたりと、モチベーションを保ちやすいところです。

スクールによっては短期集中でスキル習得のカリキュラムを組んでいるところもあるため、「数ヶ月でプログラミングのスキルを習得したいなど」自分の好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。

その他にも、就職支援や転職サポートを提供しているスクールもあります。

自分一人で就職活動することに不安がある場合は、就職サポートをしているスクールを選ぶと安心できるでしょう。

スクールの受講料や学費など金銭面が気になる場合は、「教育訓練給付制度の認定」を受けたプログラミングスクールを利用すると、安い料金で受講することも可能です。独学より高くなりますが、さまざまなサポート受けたい場合や、独学での学習につまずいた場合などは、プログラミングスクールを利用してみましょう。

ポートフォリオを作成する

必要なプログラミング言語を一通り習得できたら、現在の自分のスキルや技術力をアピールできるポートフォリオを作ってみましょう。

スキルや実力の他にも、自分で考え解決する能力があることや努力を示すことに繋がります。

ポートフォリオを作成しておくと、未経験からITエンジニアに就職または転職する際にも活用でき、就職したときのミスマッチの予防もできます。

未経験でもOKの企業へ応募する

未経験からITエンジニアになるためには、まず、未経験でも採用している企業を探しましょう。ITエンジニアの不足から、エンジニア未経験でも意欲があれば採用としている企業も多くあります。

自力での就職または転職活動がうまくいかない場合は、IT業界に強いエージェントを頼る手段もあります。

常に求人をチェックしながら、未経験OKでも募集している企業へ応募し続けていきましょう。

知識を身につけて未経験でもITエンジニアになろう!

ITエンジニアといってもさまざまな職種があり、扱うプログラミング言語など必要なスキルは異なるため、どの職種のエンジニアを目指したいのかを明確にしておきましょう。

IT人材が不足している現状であれば、未経験でもITエンジニアを目指すことは可能です。

今回紹介した内容を参考に、未経験からITエンジニアを目指すためのポイントをしっかり押さえて、エンジニアとして活躍できるよう学習していきましょう。