Octoparseって何?利用する上でのメリットやデメリットを解説!

データ分析を行う場合、自分でプログラミングを構築してデータ収集を行おうとしている方も多いでしょう。しかし一からコードを書いていると時間や手間がかかってしまいます。

そんな時におすすめなのが、「Octoparse」です。Octoparseであれば、必要な情報を取得できるので便利にデータ分析を行うことができます。

今回はOctoparseとはどのようなものなのか、利用する上でのメリット・デメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

目次

 Octoparse ってどんなもの?

データ分析に役立つOctoparseとは、Webスクレイピングツールのことを指しています。Webスクレイピングツールとは、Webページの情報を取得してくれるツールのことで、画像などのデータも取得してくれるのが特徴です。

本来ならWebスクレイピングツールを使用するためには、一からPython言語などを使用してプログラミングを行う必要があります。しかしOctoparseがあれば、データ収集のために必要な機能が搭載されているので、プログラミングを一から行う必要がないのが特徴です。

具体的に、Octoparseの特徴とはどのようなことが言えるのか紹介していきます。

 簡単にスクレイピングができる

Octoparseを構成しているのは、機械学習アルゴリズムであるため、データを正しく認識してスクレイピングを行ってくれます。Web上の欲しいデータを抽出してくれるので、データ解析に便利に活用することが可能です。

Python言語でデータ収集するためのコードを書くだけでも手間や時間がかかりますが、Octoparseを利用すれば、そんな手間や時間をかけることなくデータが抽出できます。

様々なサイトからデータを抽出できる

Octoparseで抽出できるデータは、様々なサイトから抽出することができます。抽出できるデータも数値的なものだけでなく、HTMLや画像などのデータも取得できるので、様々なデータ解析に利用することが可能です。

データの保存先はクラウドに設定できる

Octoparseを使って取得したデータは、クラウド上に保存するように設定することができます。そのため、抽出したデータの量が膨大で、PCを圧迫するようなことを避けることが可能です。

またクラウドにデータが保存されているのであれば、どこにいてもデータを取得することができます。ハードウェアの保守を行う必要もないので、便利にデータを保持することができるでしょう。

IPを自動的にローテーションして変更してくれる

クラウドを使用してデータを取得した場合、Webサイトから同一のIPでアクセスしたと認識され追跡される可能性があります。その場合、IPが一緒だとアクセスを拒否されてしまうことがあるでしょう。

しかしOctoparseのクラウドサービスは数百台のサーバーが用意されているため、IPを自動的にローテーションして変更してもらうことができます。

データの抽出するタイミングは設定できる

Octoparseを使用してデータを抽出する場合、毎日データを抽出するのか1週間に1回にするのか、設定から抽出するタイミングを取り決めることができます。

どのようなデータを抽出するかによって、タイミングは重要になってくるので、自分の目的に合わせて抽出するタイミングを設定していきましょう。

出力する方法はいくつか選べる

抽出したデータを出力する方法は、様々用意されています。CSV・Excel・HTMLなど、データベースなどの出力形式が選択可能です。

 Octoparseを利用するメリットについて

データ抽出に便利なOctoparseですが、利用する上ではどのようなメリットがあるのでしょうか。Octoparsを利用する具体的なメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

スクレイピングする方法は簡単でスムーズ

OctoparseでWebスクレイピングする場合、操作方法は簡単でクリックとドラッグを行うだけで実行することができます。難しいプログラミングを解析したりコードを書き加えたりすることがないので、誰でも簡単に利用できるでしょう。

また便利なツールも搭載されているので、Webページの様々な要素を照合することができます。

テンプレートが複数用意されている

Octoparseは、すでに内蔵されているWebスクレイピングテンプレートが複数あるので、自分が欲しいデータに合わせて抽出する方法を決めることができます。

データを抽出したいWebサイトのURLや検索キーワードを入力すれば、簡単にデータを抽出することが可能です。

まずはどのようなテンプレートが用意されているのか確認してから、適切なテンプレートを利用してみてください。

動的なWebサイトからデータ抽出する時も便利

静的なWebサイトからデータ抽出する場合は、それほど難しくないのですが、JavaScript言語が使用されている動的なWebサイトからはデータ抽出するのは難しいとされています。

しかしOctoparseは、動的なWebサイトからのデータも簡単に抽出できるので、様々なデータを抽出することが可能です。

徹底したサポート体制が整えられている

有料ユーザーに関しては、Octoparseのサポートをしっかり受けることができます。わからないことがあれば、電話・メール・Skypeなどでサポートを受けることが可能です。

また無料ユーザーに関しても、Octoparseヘルプを参照することもできるので、問題解決できるサポートは複数用意されています。

データの取得ページ数の制限は設けられていない

Webスクレイピングを行えるツールなどでは、データの取得ページ数に制限が設けられていることがあります。しかしOctoparseは、無料でも有料でも取得ページ数に制限がないので、膨大なデータを取得することが可能です。

柔軟な対応ができるようになるので、有益なデータ分析を実現できるでしょう。

日本語対応しているため理解しやすい

プログラミングのツールやライブラリなどは、海外から提供されているものも多いため、日本語に対応していないケースも多いです。しかしOctoparseは、海外製品にも関わらず、日本語対応しているので、どのような操作でデータ抽出できるのか理解しやすいのが特徴になります。

APIの申請が必要ない

Python言語でコードを書いて構築した場合、データ抽出するためにはAPI申請が必要になります。しかしOctoparsなら、API申請を行うことなくデータ抽出を行うことが可能です。

素早くデータを抽出して分析したいという方にはおすすめのツールなので、便利に利用することができるでしょう。

 Python言語を理解していなくても利用できる

一からプログラミングを行ってデータ抽出する場合、Python言語を理解してコードを書く必要があります。しかしOctoparseを利用する際には、Python言語を理解していなくても利用することができます。

そのため、Python言語を学習するためのコストを削減することができ、学習の手間も省くことが可能です。

 Octoparseを利用するデメリットについて

データを抽出する際に便利に利用できるOctoparseですが、中には利用する上でデメリットに感じる部分もあります。デメリットに感じる部分とは、どのようなことなのか詳しい内容を紹介していきましょう。

サイトによってはスクレイピングができない

初心者でも簡単に使用できるOctoparseは、操作も簡単で誰でもデータ抽出のために利用することができます。しかしアンチスクレイピング技術などが施されているWebサイトからのデータ抽出はできないのが特徴です。

目的のサイトがアンチスクレイピング技術を使用している場合には、データ抽出は諦めないといけないでしょう。

抽出することができないデータがある

Octoparseの柔軟性は低く、中にはデータ収集できないものがあります。それはPDFからのデータや直接画像のDLなどです。

ただこれらのデータは、Python言語で構築したものならデータ抽出できるので、状況によってはPython言語でデータ抽出した方が良いケースもあります。

 Octoparseはどのような評価を受けているのか?

Octoparseの特徴やメリットを紹介してきましたが、実際に利用した方々からはどのような評価を受けているのでしょうか。Octoparseの評価について紹介していきます。

コーディングの必要がなくて便利

Octoparseはコーディングの必要がないツールなので、データ収集として便利なツールとして高い評価を受けています。またサーバー側でデータ抽出の機能を実行してくれるので、PCへの負荷がかからないなどのメリットも嬉しいとユーザーから評価されているようです。

またCookie削除機能も搭載されているため、足跡などで追跡される心配がないのもセキュリティの観点からもユーザー受けが良い傾向があります。

マニュアルが充実しているため使いやすい

Octoparseの公式サイトから、使い方などマニュアルが公表されています。十分に使いこなすことができるので、個人で使っても理解しやすいのが特徴です。

またマニュアルも日本語対応なのも、評価が高い理由の一つとなっています。

導入の方法も簡単で気軽に実践できる

Octoparseはインストールが簡単にできるので、導入も気軽に行えるのが嬉しいという評価もあります。面倒な手続きがあれば、導入も面倒に感じる方も多いですが、Octoparseなら気軽に使えて便利です。

 Octoparseの料金プランは4つ用意されている

Octoparseを使用するなら事前に把握しておきたいのが、料金プランについてです。料金プランは4つ用意されており、それぞれ実行できる機能性も異なります。

Octoparseには、どのような料金プランが用意されているのか、参考にしてみてください。

フリープラン

Octoparseを無料で使用できるのが「フリープラン」です。フリープランはOctoparseを試してみたいという方におすすめのプランとなっています。

使える機能に制限はありますが、どのような機能なのか試してみる分には十分な機能が付いているでしょう。

またフリープランといっても、取得ページ数やインストールできるパソコン台数は無制限なので、十分使い勝手の良いプランとなっています。

スタンダードプラン

14日間の無料トライアルが設けられているのが、スタンダードプランです。スタンダードプランは年間契約なら月75ドルで利用できます。月間契約であれば、月89ドルで利用することが可能です。

個人でデータ取得して分析のために利用するという方は、こちらのプランがおすすめになります。

プロフェッショナルプラン

こちらも無料トライアルとして14日間は、無料で機能をお試しすることができます。年間契約なら月209ドルで利用することが可能です。また月間契約なら月249ドルで利用できるので、自分に合った支払い方法を選択すると良いでしょう。

プロフェッショナルプランは少人数のプロジェクトチームや企業向けのプランとなっています。チームでデータ抽出の機能が使いたい時には重宝されるでしょう。

エンタープライズプラン

利用料金については、公式サイトから問い合わせて、見積もりを出してもらう必要があります。30日間の無料トライアルが用意されているので、どのような機能性が搭載されているのか確認することが可能です。

企業向けのプランで、管理機能を利用することができます。企業ニーズに合わせてカスタマイズが行えるので、希望の機能があれば事前に相談しておくことが大切です。

また全てのプランで5日間の返金保証が付いています。

 Octoparseを使う場合はどうすれば良い?

Octoparseを使用する場合、初心者が利用しやすいように「初心者デモ」と、使い方が表記されている「ヘルプセンター」があります。具体的にどのようなものなのか、解説していきましょう。

初心者デモ

Octoparseの公式サイトにアクセスして、「リソース」を選択してみてください。そこに「初心者デモ」と表記されているので、クリックしましょう。

初心者デモの画面では、Octoparseの基本操作やデモサイトが用意されているので、どのように操作すれば良いのか詳細が書かれています。

スクレイピングのやり方がわからない方でも、気軽にできるよう、わかりやすく表記されているので、参考にしてみてください。

ヘルプページ

Octoparseの公式サイトにある「リソース」を選択して、「ヘルプページ」をクリックしてください。ヘルプページでは、Octoparseの具体的な使い方や活用事例が書かれているだけでなく、動画チュートリアルなども用意されています。

使い方がわからない時には、気軽に参考にしてみてください。

Octoparseがおすすめの人について

データを簡単に抽出できるOctoparseですが、どのような人におすすめなのでしょうか。Octoparseの利用に向いている人について解説していきます。

Python言語を習得していない人

データ分析を行う手段としては、Python言語でコードを書いて、必要な情報を取得するプログラムを入力する方法があります。膨大なデータの抽出ができますが、事前にPython言語についての理解が求められるでしょう。

しかしOctoparseであれば、Python言語の知識がなくても、気軽に使用して必要なデータを抽出することができます。初心者でも簡単に利用できるので、使い勝手は抜群です。

そのため、データを抽出したいけど、Python言語は習得していないという方に、Octoparseはおすすめになります。

手動でデータ抽出を行っている人

データの抽出を手動で行い、いつも時間がかかっているという方に、Octoparseはおすすめです。Octoparseなら自動でデータ抽出を行ってくれるので、面倒なデータ収集も行わなくてよくなります。

また動的なWebサイトのデータも取得できるので、幅広いデータを集めることもできるようになるでしょう。

 Octoparse も良いがPython言語も優秀

Octoparseを利用してデータ分析する方法も簡単で良いですが、柔軟にデータ抽出を行うならPython言語でコードを書いた方が良いケースもあります。

Python言語とは、具体的にどのようなメリットがあるのか紹介していきましょう。

 Python言語はシンプルな文法で覚えやすい

Python言語は、プログラミング言語の中でもシンプルな文法なので、覚えやすくコードも書きやすいというのが特徴です。コードの書き方がわからないという方でも、Python言語なら入りやすく、学習を進めやすいでしょう。

オフサイドルールでコードが読みやすい

Python言語のコードを作成する時は、オフサイドルールが適用されることになっています。オフサイドルールとは、ブロックごとに字下げする方法のことです。

ブロックごとに綺麗にコードが書かれているので、読みやすくミスをしにくいのが特徴となっています。ミスをしていたとしても、原因が特定しやすいので保守性が高い言語です。

 データ分析におすすめのライブラリが豊富

Python言語のライブラリは、データ分析に長けているものが多い傾向にあります。ライブラリがあれば、一からPython言語をプログラミングしなくて良いので、簡単にデータ分析の機能を利用することが可能です。

データ分析だけでなく開発などにも利用できる

Python言語はデータ分析に長けているプログラミング言語ですが、AI開発や機械学習など、様々な分野にも活用できるのが特徴です。

ゲームやアプリの開発にも利用できるので、汎用性の高い言語と言えるでしょう。Python言語を習得していれば、データ分析ではなく、多方面での活躍が期待できます。

実際、ゲームやアプリなどではPython言語を使って製作されているものは多いです。

企業でも重宝される人材になれる

Python言語はAI開発などにも使える言語であるため、Python言語を習得していれば、企業から重宝される人材になれます。近年ではAI開発に力を入れている企業も多いので、Python言語を覚えていれば、エンジニアとしての道が開かれる可能性があるでしょう。

またPython言語の習得レベルに応じて、好待遇が用意される可能性もあるので、覚えておいて損はないプログラミング言語となっています。

 Python言語にはデメリットもある?

Octoparseよりもコードによっては、柔軟にデータ抽出できるPython言語ですが、中にはデメリットに感じる部分もあります。どのようなことがデメリットなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

実行スピードが遅い

Python言語は、他の言語と比較すると実行スピードが遅い傾向にあります。そのため、データ分析には問題なくても、システムを利用する際には不便に感じる可能性があるでしょう。

実行スピードが遅いと感じる時には、他の言語を利用した方が良いケースもあります。

ライブラリが日本語サポートを受けていないことがある

Python言語のライブラリは豊富ですが、主に海外が主流となっているので、日本語対応していないことが多いです。日本語サポートがないと、どのような操作で利用できるのかわからないライブラリも多いので、使い勝手が悪い可能性もあります。

ただ日本語サポートを受けているものや、便利なライブラリは豊富にあるので、目的によっては不便に感じないこともあるでしょう。

コードを書くならインデントが必要

Python言語はコードを書く時に、オフサイドルールによって字下がりするのが特徴です。しかし字下がりの状態のままだと、一つのブロックとして誤って処理される可能性があるので、インデントを利用する必要があります。

インデントなしでは、正しい処理が行われない可能性があるので、エラーが発生する恐れがあるでしょう。コードを書く時には、インデントを行うように注意が必要です。

Python言語を学習するならどうすれば良いのか?

データ分析に便利なPython言語ですが、学習するためにはどうすれば良いのでしょうか。Python言語を学習する方法について、詳しく解説していきます。

本や学習サイトで独学によって学ぶ

Python言語は、コードの書き方だけであればシンプルで理解しやすい構造となっています。そのため、基礎程度なら本や学習サイトで学習を進めることが可能です。

独学では理解できる部分が少ないですが、コードの書き方であれば、知識として理解することはできるでしょう。

ただ初心者の場合は、難しすぎる内容の本では理解できる範囲が少なく、すぐ挫折してしまう恐れがあります。そうならないためにも、初級編から学習を進めるようにしましょう。

独学ならプログラミングスクールに通う必要がないので、費用をかけずにプログラミングが学習できます。

プログラミングスクールで学ぶ

Python言語を学習する方法としておすすめなのが、プログラミングスクールで学習を進めるということです。プログラミングスクールなら、プロの講師から直接指導が受けられるので、効率よくPython言語を理解することができます。

わからない部分が出たとしても、講師に質問すれば、すぐに問題解決してモチベーションの低下を防ぐことができるでしょう。

ただプログラミングスクールは、毎月費用がかかるので、事前に予算と相談した上で受講するか決定する必要があります。

プログラミングスクールでPython言語を習得すればデータ分析できる?

プログラミングスクールは、プロの講師が指導してくれるので、初心者でも安心してPython言語を習得できます。実際に、プログラミングスクールならPython言語を習得し、データ分析できるようになるのでしょうか?

コースによって習得できるスキルを選択できる

結論からいうと、プログラミングスクールに通い、適切なコースを選択すれば、データ分析に必要なプログラミングスキルを身に付けることはできます。

環境構築なども、プログラミングスクール側で用意してくれるので、実践的なスキルを磨き、実際にデータ分析できるようになるまで成長できるでしょう。

ただコースによって、習得する言語やスキルが異なるので、カウンセリングの時点でデータ分析のスキルを身に付けたいと伝えておく必要があります。

またカリキュラムやスキルの習熟度によっては、データ分析だけでなくAI学習などのスキルも身に付けられるかもしれません。

まとめ

Octoparseは、初心者でも簡単にデータ抽出できるツールで、データ分析する際には重宝されます。しかしデータによっては抽出できないこともあるので、注意が必要です。

柔軟に抽出するデータを選択し、データ収集するならPython言語を習得する方法がおすすめになります。

Python言語は将来性も高いので、今後エンジニアとなるのであれば、習得しておいて損はありません。

Python言語を習得してデータ分析したいのであれば、プログラミングスクールを受講してスキルを磨いていきましょう。

Exit mobile version