プログラミング言語って何?種類や選び方について詳しく解説!

Webサービスやアプリなどは、プログラミング言語で構築されており、精密にコードが書き込まれています。しかしプログラミング言語とは、実際にどのようなものなのか、正しく把握されていない方も多いでしょう。

またプログラミング言語は種類が豊富で、言語によっては作れるものなどが異なります。事前に何を作りたいのかによって、プログラミング言語を選ぶことが肝心です。

今回はプログラミング言語とは、どのようなものなのか、種類や選び方についても解説していきます。

目次

プログラミング言語って何?

プログラミング言語は、Webサービスやアプリを構成する上で重要な要素です。具体的には、コンピューターに指示をする時に使用する言語のことを指しています。

プログラミング言語は種類が豊富で、言語によっては作れるものが異なるのが特徴です。適切な言語を利用することで、想定した通りの動きをコンピューターが実施してくれます。

プログラミング言語で何ができる?

実際にプログラミング言語は、Webサイトやアプリ開発に利用されています。またゲームなどを製作する時もプログラミング言語が必要になるので、プログラミング言語は多岐にわたって使用されているのです。

インターネットを利用する上では、プログラミング言語は重要な役割を担っています。

プログラミング言語は何種類あるのか?

プログラミング言語は細かく分けると多岐にわたり、200種類以上はあると言われています。ただ実際に使用するプログラミング言語は限られているので、何種類か覚えておけばIT業界では重宝されるでしょう。

プログラミング言語の種類が多い理由としては、プログラムの規模が大きくなったりコンピューターの処理速度が上昇したり、様々な理由があります。

プログラミング言語を選ぶ時は何を作りたいのか目的を決める

プログラミング言語の種類は多いため、何を作りたいのかによって選ぶものは決めておくことが大切です。例えばAI開発したいのであれば、Pythonがおすすめになります。

他にも作りたいものによって、該当するプログラミング言語は異なるので、しっかり意識して決めていきましょう。

プログラミング言語を選ぶ前に理解しておきたいこと

IT業界で働きたい方は、プログラミング言語を選ぶ前に理解しておきたいことがいくつかあります。どのようなことを事前に知っておくべきなのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

プログラミング言語で何を作りたいのか明確にしておく

プログラミング言語によっては、作れるものが異なります。そのため、自分が何を作りたいのか明確にしておくことが大切です。

何を作りたいのか明確化しておけば、自然と選択すべきプログラミング言語が理解できます。

プログラミング言語を選択する前に、まずはプログラミングで何を作りたいのかハッキリさせておきましょう。

事前にプログラミングに関する知識や用語を理解しておく

プログラミング言語を選んで学習を始める前に、プログラミングに関する知識や用語は理解しておくことをおすすめします。プログラミング学習では、専門的な言葉が出てくるので、何も知らないと難しくなり挫折してしまう恐れがあるでしょう。

基礎知識だけでも良いので、入門書など書籍を読んで学んでおいてください。

挫折しないために目標を設定しておく

プログラミング言語を学ぶことは簡単なことではありません。ある程度は時間がかかるものなので、事前に目標を設定し、心が折れないようにしておく必要があります。

アプリを作りたいなど、明確な目標があればプログラミング学習で難しい箇所が出てきても、踏ん張って頑張ることができるでしょう。

プログラミング言語は何を基準に選択すれば良いのか?

プログラミング言語は様々な種類があります。その中から、どの言語を選ぶのかは何をkに順に判断すれば良いのでしょうか。

プログラミング言語の選び方について、詳しく解説していきます。

プログラミング言語別の年収の違いについて把握しておく

プログラミング言語によっては、年収が変わってくるというデータがあります。ただプログラマーの年収は経験年数などによって増減するので、あくまで参考程度に留めておくと良いでしょう。

まず年収が高いと言われているのが、「R言語」です。データでは20代の平均年収でも476万円とされています。次に年収が高いのは「Scala」です。20代の平均年収は440万円というデータになっています。

ただこのデータは年齢によって年収が変わり、必要なスキルも変わってくるため、1年後は違うプログラミング言語の需要が高まっている可能性もあるでしょう。

プログラミング言語を覚える難易度

プログラミング言語によっては、シンプルな物もあれば複雑なコードもあります。そのため、プログラミング言語を覚える難易度で決定するのも一つの手です。

学習に使える期間によって逆算してプログラミングを選択すれば、計画的にプログラミングを覚えることができるでしょう。

様々なアプリ開発に使える言語を選ぶ

プログラミング言語によっては、応用できる範囲が広いものもあり、様々な開発に役立つことがあります。応用できるプログラミング言語を覚えておけば、転職だけでなく起業する際にも役立つでしょう。

例えばPythonはAI開発だけでなく、ゲームにも応用することができます。長期的にITエンジニアとして活躍することを考えているなら、有名なプログラミング言語を覚えた方が良いでしょう。

自分が開発したい物に対応しているプログラミング言語

プログラミング言語を使用して、開発したいものが決まっているのであれば、それに対応したプログラミング言語を選ぶことが大切です。

プログラミング言語によって、開発できるものが異なるので、しっかり目的に合った言語を選択して学習するようにしましょう。

プログラミング言語はどんな種類があるのか?

開発などに使用するプログラミング言語は、様々な種類があります。プログラミング言語によっては、製作できるものが異なるので事前に把握しておくことが大切です。

プログラミング言語には、どのようなものがあるのか詳しく紹介していきます。

Webサイトの製作に関係する「JavaScript」

プログラミング初心者でも覚えやすいシンプルな言語が「JavaScript」です。Webサイトの製作に関わるプログラミング言語なだけでなく、Androidのアプリ開発などにも適用されます。

主にWebサイトの動的なサービスを運用する際に、「JavaScript」が利用されることが多いでしょう。同じような言語である「PHP」とは、構築環境などが異なりますが、一緒に覚えておけばWebサイトの印象が大きく変わります。

Webサイト系のプログラマーとして活躍したいのであれば、「JavaScript」を覚えておいて損はないでしょう。

様々な分野に適用できる「Java」

WebアプリやAndroidアプリなどを中心に、様々な分野に適用しているプログラミング言語が「Java」です。プログラミングの中でも、少し構築難易度が高いため初心者が最初に覚えるプログラミングとしてはおすすめできません。

ただ様々な分野に応用できるプログラミングなので、覚えておいて損はありません。プログラミングの基礎を理解した後に、「Java」を覚えてプログラマーとして実力をつけてみると良いでしょう。

Webアプリの開発に使用される「PHP」

Webアプリやサイトの構築に使用されるプログラミング言語が「PHP」です。使用頻度の高いプログラミング言語であるため、習得している方は多いでしょう。

比較的シンプルで覚えやすいので、初心者が習得するプログラミング言語としてもおすすめです。WordPressなどで構築された状態をカスタマイズする際に、PHPを利用することが多いでしょう。

Webサイトのデザインを自分好みに構築できるので、オリジナルティ溢れるサイトに仕上げられます。

起業する時など、自分のサイトを作る時にはPHPを利用して構築する機会があるでしょう。起業を目指すなら覚えておいて損はないプログラミング言語です。

アプリ開発に繋がる「C言語」

アプリ開発などに利用できるプログラミング言語が「C言語」です。プログラミングの歴史の中でも、古いプログラミング言語となります。

「C言語」の場合は、コードを書き込んでから「コンバイル」と呼ばれる行為を行わないと動作しないのが特徴です。コンピューターが理解できるように、翻訳する作業のことをコンバイルと呼びます。

初心者が覚える言語としては難しいので、他の言語を覚えた方が良いでしょう。「C言語」はよりプログラミング言語に詳しくなりたいという方が覚えるプログラミング言語でs。

機能豊富な言語「Perl」

高性能なプログラミング言語として使用されているのが「Perl」です。ネットワーク処理やデータ分析などに用いられるなど、様々な分野で活躍できる言語となっています。

テキストの処理に強い性質を持っていて、機能性が豊富なのが特徴です。あらゆるOSで動作できるプログラミング言語であるため、初心者におすすめの言語になります。

Appleが開発した言語「Swift」

iPhoneなどを販売しているApple社が開発したと言われているのが「Swift」です。iPhoneアプリの開発などに使用するプログラミング言語なので、アプリを開発したいと考えている方におすすめの言語になります。

今後もiPhoneのシェアは伸びる可能性が高いため、将来性の高いプログラミング言語と言えるでしょう。

日本で開発された「Ruby」

日本で開発されたと言われているのが「Ruby」です。Webアプリの開発やAI開発などに使用されるプログラミング言語になります。

「Ruby」にはWebサービスの開発を手助けしてくれるフレームワークなどもあり、素早くWebアプリを開発する際に役立つでしょう。

日本国内では「Ruby」の需要は高く、学習しておけばIT業界で就職先を見つけやすくなります。シンプルな構造なので、初心者でも覚えやすいプログラミング言語です。

視覚的にわかりやすい「R」

コメントや関数名に日本語を使用できるようになるといったプログラミング言語が「R」です。視覚的にわかりやすいコードを書くので、初心者でも習得しやすい言語となっています。

WindowsだけでなくMacでも動作するので、使い勝手が良いのが特徴です。様々な形式のグラフを出力することができるので、データ分析などに適しています。

情報を整理したい時などには便利なプログラミング言語なので、覚えておいて損はありません。

エラーを未然に防いでくれる「Kotlin」

Javaとの相互利用できる言語で、エラーなどを未然に防いでくれる言語となっています。コードを書き込む時には、ちょっとしたミスが発生することがあるでしょう。そんな時に、エラーを発見してくれるのは助かります。

AI開発に役立つ「Python」

AI開発やWebアプリの開発に繋がるのが、「Python」です。AI開発は今後も進んでいくことが想定されているので、将来性の高いプログラミング言語と言えるでしょう。

文法自体はわかりやすくシンプルなので、初心者の方でも覚えやすい言語となっています。業務改善のためのツールに使用することもできるため、応用性は高いでしょう。

今後AI開発に携わりたいと考えているなら、覚えておいた方が良いプログラミング言語です。

SNSで使用されている言語「Scala」

TwitterなどのSNSの運用に使用されているのが「Scala」です。チャットワークなども「Scala」を利用したサービスで、近年では人気が高いプログラミング言語となっています。

ただ難易度が高い言語となっているので、初心者が習得するのは難しいでしょう。基礎知識以外にも専門的な知識が必要とされるため、「Scala」を覚えるならある程度はプログラミングの経験を積み重ねてからの方が賢明です。

覚えれば様々な開発に応用できるので、便利に活用できるでしょう。

転職するならプログラミング言語はどれくらいのレベルあれば良い?

プログラミング言語を習得した場合、どれくらいのレベルに到達していれば、転職しやすいのでしょうか。転職に有利になるプログラミング言語の習得レベルについて解説していきます。

開発が自分一人で出来る

プログラミング言語を扱えると認識されるレベルは、自分一人でアプリなどの開発が行えるレベルになっている必要があります。

開発ができるレベルであれば、IT業界への転職もしやすいでしょう。また企業側からしても、開発が一人で出来るレベルなら、わざわざ教育する必要もないので、安心して業務が任せられます。

また自分で開発できるレベルなら、何を開発したのかポートフォリオを企業に提出することができるでしょう。ポートフォリオの出来によっても転職に有利かどうか話が変わってきます。

企業によっては基礎知識があれば良いというケースもある

企業が求めるレベルは様々です。プログラミングレベルは高い方が好ましいという企業もあれば、未経験でも基礎知識を持っていれば問題ないという企業もあります。

未経験でも問題ない理由としては、企業に入社してから教育するという意味であるため、そのためにもプログラミングの基礎知識は持っている必要があるのです。

プログラミング言語を覚えるための手段は?

プログラミング言語を学習するためには、どのような方法が考えられるでしょうか。プログラミング言語を覚える手段について、いくつか紹介していくので参考にしてみてください。

独学で本を読んで学習する

プログラミングを一から学ぶなら、基礎知識を蓄える必要があります。そのための手段として、本を読んで独学で勉強するという方法があるでしょう。

プログラミングに関する書籍はいくつかあるので、入門書などを読み進めれば用語などは理解できるようになります。

ただプログラミングが専門的な内容の本では、初心者の方は難しすぎて挫折してしまう恐れがあるでしょう。できるだけ優しめの難易度が低い本で勉強していく必要があります。

無料の学習サイトやアプリを使用する

WEB上には、無料でプログラミングの学習ができるサイトやアプリなどがあります。知識を得ながらプログラミングの実践的な練習ができるので、基礎的な部分は学ぶことができるでしょう。

できるだけコストを抑えた上で、プログラミングを覚えたいという方におすすめです。

プログラミングスクールに通って指導してもらう

独学ではプログラミング言語を覚えることは難しい傾向にあります。そのため、プログラミングスクールに通って、効率よく学習する方法がおすすめです。

指導者がいれば間違っている部分やノウハウを教えてもらえるので、プログラミング言語を習得するのが独学よりも早いでしょう。

ただプログラミングスクールによっては、学習できるプログラミング言語やカリキュラムが異なるので、自分に合っていると感じるスクールを選ぶことが大切です。

プログラミング言語を覚えるためスクールに通った方の口コミ

プログラミング言語を覚えるためには、プログラミングスクールに通った方が習得までにかかる時間は短くて済みます。

実際に、プログラミングスクールに通った方の口コミを紹介していくので、参考にしてみてください。

現役エンジニアが効率よく教えてくれる(30代:男性)

プログラミング言語を覚えたいと思い、プログラミングスクールに通いました。無料カウンセリングの時点で、アプリ開発をしたいと話をしていたので、AI開発などにも応用できるPythonを教えてもらうことになりました。

シンプルな構築だからといっても、初心者の私にとっては基礎から学ぶのも大変でした。しかし講師の方がコツなども教えてくれたので、効率よく言語を覚えられてよかったです。

わからない部分も多々あったのですが、都度確認できるサポートが付いていたので、スムーズに課題をこなすことができました。

最終的には、自分でアプリ開発も経験させてもらい、感動しました。オリジナルのアプリは拙いながらも思い出深いので、これからも機械があれば使っていきます。

開発したアプリをポートフォリオとして企業に提示し、無事にIT業界に転職出来たのでよかったです。

アプリ開発に関する言語を教えてもらえた(20代:男性)

プログラミングスキルを使って、Androidアプリを作りたいと思い、プログラミングスクールに入会しました。未経験だったので、どんな言語を学べば良いのかわからなかったのですが、無料カウンセリングの時点で目的を伝えたらKotlinから教わることになりました。

初めてでわからないことも多かったのですが、講師の方が丁寧に指導してくれるので、とてもわかりやすかったです。

コードの書き方に困った時は、何がわからないのか親身になって聞いてくれたので、とても感謝しています。

オンライン型のプログラミングスクールだったので、自宅で学習できるのも楽でよかったです。服装も気にせず学べるので、仕事終わりでも苦ではありませんでした。

最終的に自分で簡単なアプリを作ることができたので、とても満足しています。IT業界への転職には、サポートが付いてくれていたので、あっさり転職できてよかったです。

これからはITエンジニアとして活躍できるように進めていきます。

オンラインで完結できるから気軽に学べる(30代:女性)

プログラミング言語を習いたいと思っていたのですが、教室に通うのは仕事帰りでは辛いと思って避けていました。そんな時に、知人がオンラインでプログラミングスクールに通っていると聞いたので、詳しく話を聞いたのが受講したきっかけです。

オンラインでもしっかり教材など見ながら学習できるので、独学で学ぶのとは違い、わかりやすく指導してもらえます。講師の方は現役エンジニアというだけあって、間違っていることやわからないことは、すぐに回答してくれたのでわかりやすかったです。

仕事帰りに、服装を気にせずレッスンが受講できるのは、とても楽なのでオンラインでプログラミングスクールを受講して良かったと思いました。

未経験の私でも、3ヶ月程度でプログラミング言語をある程度は理解し、アプリ開発までたどり着くことができました。

転職はまだ考えていなかったのですが、とても良い求人があったので、思い切って面接を受けてみることに。ダメ元だったのですが、無事に面接は受かりIT業界で働けることになりました。

あの時、知人からオンラインでプログラミングスクールに通えると聞き、早めに決断してよかったです。

AI開発に繋がる言語が学べる(30代:男性)

何かスキルを身に付けたいと思い、プログラミングスクールで学ぶことを選びました。カウンセリングの時点では、どの言語を覚えるのか迷っていたのですが、AI開発に携わりたいと話すと、Pythonを提案してもらいました。

Pythonは未経験の私でも覚えやすく、レッスンを受ける度に上達しているのがわかって楽しかったです。講師の方は丁寧に質問に答えてくれるので、楽しくプログラミング学習を進めることができました。

教室に通うのではなく、オンラインで学ぶことができたので、足を運ぶ手間が省けてよかったです。自宅でレッスンが受けられるので、気楽な気持ちで受けられます。

最終的にはアプリを開発することができ、自分の上達具合が目に見えて楽しかったです。開発したアプリはポートフォリオとして利用し、転職の時に有利になりました。

無事に転職することができ、今ではITエンジニアとして活躍しています。

まとめ

プログラミング言語は200種類以上あり、何を学ぶのかによって開発できるアプリは異なります。そのためプログラミング言語を学ぶ前に、何を開発したいのか明確にしておきましょう。

プログラミング言語は複雑なものも多く、独学で学ぶには限界があります。無理に一人で学ぶことを選ぶのではなく、状況に合わせてプログラミングスクールに通うことも視野に入れてみましょう。

プログラミング言語を学びたいと思っている方は、今回のプログラミングスクールに通った方の口コミを参考にしてみてください。