初心者でもpythonをわかりやすく学習できるPyQ。人気のプログラミング学習サービスPyQをご紹介

PyQ(パイキュー)は、オンライン上でPython(パイソン)を学ぶことができるプログラミング学習サービスです。ここ数年人気が上がっているプログラミング言語Pythonを手頃な価格で学ぶことができます。PyQはインストールなど難しい設定は必要ありません。すべてがWeb上のPyQを操作するだけで完結するため、初心者でも取り掛かりやすいことが特徴です。また、機械学習やスクレイピングなど実用的なコンテンツが豊富に揃っています。一人ひとりのレベルや学びたい内容にあわせて自分のペースで取り組むことができるでしょう。

PyQのおすすめポイント

PyQはPythonに特化したオンラインのプログラミング学習サービスです。初心者が一人でプログラミングを始めようとても、初期設定や環境構築でつまずくこともあります。PyQは初心者でも始めやすいようにさまざまな工夫がされています。Pythonを手軽に学びたい方はPyQを始めてみましょう。ここではPyQのおすすめポイントを紹介します。

PyQはブラウザひとつで簡単に始めることができる

PyQはインストールや初期設定が必要ありません。WebブラウザからPyQを開けばすぐに学習を始めることができます。PyQに直接Pythonのコードを記述すれば、動作を確認できます。PyQをサポートしているWebブラウザはFirefox最新版とChrome最新版です。Microsoft Edgeも使用できますがPyQ公式では動作を保証していないため注意が必要です。OSはWindows最新版とmacOS最新版に対応しています。タブレットやスマートフォンについては、PyQ公式では動作を保証していません。コードを書き込んで学習を進めるスタイルのため、タブレットやスマートフォンではなくキーボードとパソコンを用意してください。準備ができたらPyQを開いてアカウントを登録しましょう。料金プランを選び、チュートリアルを確認したらすぐに好きなコースを始めることができます。

初心者でも始めやすい

未経験者でも学びやすいように豊富なコンテンツが用意されています。ただし、コンテンツが多すぎると何から始めればいいか悩むかもしれません。PyQはたくさんあるコンテンツを「はじめてのプログラミング」や「Python初級」というようにわかりやすく分類しています。自分のレベルや学びたいことにあわせてコンテンツを選びましょう。

また、スタンダードプランを選ぶとPythonのプロに直接質問でき、過去のQ&Aを見ることもできます。初心者はちょっとした疑問につまづくことがあるかもしれません。そのような時でもPythonのプロに解決方法を指導してもらうことができれば、学習がスムーズに進みます。

PyQは料金が安い

PyQは比較的料金が安いプログラミング学習サービスです。オンラインでPythonを学習できるスクールはさまざまにありますが、コースによっては何十万円も費用がかかってしまいます。PyQコースは月額3,040円(税込)のライトプランと、月額8,130円(税込)のスタンダードプランの2つです。スタンダードプランはPythonのプロに質問できるため、料金が高くなっています。プロのエンジニアに質問できて月額8,130円なら非常にお得なサービスでしょう。

いつから始めても料金が無駄にならない

PyQは受講を始めた日が契約開始日になります。月末ごとに料金が発生するサービスであれば、始める時期を月の後半よりも月初に調整する必要があります。そのため、好きなタイミングで受講できない弊害がでてくるかもしれません。一方、PyQなら始めた日付が毎月の更新日になるため、無駄な授業料を支払う必要はありません。始める日を自分の都合で設定できるため、学習の予定がたてやすいでしょう。社会人なら仕事の閑散期に始めることもできます。学生さんなら長期休暇に始めると効率よく学ぶことができるでしょう。

PyQの内容

PyQはPythonに特化した学習内容が特徴です。PythonはAIや機械学習分野に強いプログラミング言語です。WebアプリケーションのYouTubeやInstagramはPythonを開発言語に採用しています。将来的に有望な言語でしょう。

PyQにはPythonが初心者から現役エンジニアまで幅広く学べるよう、豊富なコンテンツが用意されています。豊富なコンテンツから初心者が迷わず学習を進められるような工夫もあり、効率的に学習を進めることができるでしょう。ここからは、PyQのサービス内容について解説します。

人気のPythonをじっくり学ぶことができる

PyQを運営する株式会社ビープラウドは、2008年からPythonを社内で使用しています。社内で使用実績を重ねることで、実践的なノウハウを多く蓄積しました。2014年からは他社へ対面研修も行うほどPythonの指導に実績がある企業です。PyQは運営会社のノウハウを詰め込んだコンテンツが多くあり、Pythonを深くじっくりと学ぶことができるサービスです。

PyQなら初心者の悩みを解決

いざ、プログラミング学習を始めてみようとしても、難しい設定やインストールがうまくいかずに挫折してしまうかもしれません。初心者では解決方法を見つけることも難しいでしょう。PyQならそのような心配は不要です。PyQを開くだけで問題やの横に直接コードを書き込むことができるため、Pythonをインストールしなくても手軽に学習できます。

学習の進め方として、はじめは写経とよばれる書き写し作業がメインです。手本をみてコードを書き写し、合否が判定されます。写経をクリアすれば、少し自分で考えてコードを書き合否判定するという作業の繰り返しです。もちろん考えてわからなければ模範解答を見ることもできます。コードを書いて「判定」ボタンを押すと合否判定されるため、ゲーム感覚で楽しく学習を進めることができるでしょう。

豊富な学習コンテンツで多分野の内容を学ぶことができる

PyQは購入前にホームページでコンテンツ一覧を見ることができます。コンテンツ一覧には、Webアプリ開発や機械学習、スクレイピングなど多分野の学習内容が並んでいます。機械学習はコンピューターに膨大なデータを分析・学習させて予測や分類を行う、AIなどに使われる技術です。スクレイピングはWeb上から特定のデータを自動取得する技術です。ほかにも統計分析やアルゴリズムについて学ぶことができます。それぞれのコンテンツは、「はじめてのWebアプリケーション」や「実務でのPython」などカテゴリーで分けられています。一つひとつのカテゴリーごとに進めていけばより理解が深まるでしょう。また、コンテンツは自動で最新情報に更新されるため常に新しい内容を学習できます。

初心者でも90日で基本が身につく

PyQにはプログラミングの実践を意識した課題が1,000問以上あります。初心者向けのコース設定もあるため、プログラミング初心者ならまずはそのコースを習得するとよいでしょう。

初心者向けのコースは2つあり、コースごとに2つのコンテンツが含まれています。1つ目の「チュートリアル」と「はじめてのプログラミング」の想定所要時間は、約12時間です。2つ目の「Pythonはじめの一歩」と「Python初級」の想定所要時間は、約38時間です。あわせて約50時間の学習を終えると基本が身につく仕組みで設計されています。人によって学習ペースは異なるため必ず達成できるとはかぎりません。それでも、90日間コツコツと進めれば50時間の学習を終わらせることもできるでしょう。

Python実行ツールのJupyterNotebookを実際に動かす

JupyterNotebookとは、コード実行結果をコード入力の下に直接表示してくれるツールです。通常であればプログラミング中はコード記述・実行・結果確認を何度も繰り返す必要があります。これをWeb上のノートブックにまとめて表示してくれるシステムがJupyterNotebookです。コード実行結果を直接表示する機能はデータ解析や機械学習を行う際に役立ちます。PyQはJupyterNotebookの基本操作やグラフ描画を実際に動かしながら学習できます。

作ったアプリケーションはPyQ上で起動できる

PyQは作ったWebアプリケーションをPyQ上で動作確認できます。自分で作ったWebアプリケーションを実際に使ってみると、思ったように動作しないかもしれません。プログラミング学習にはトライ&エラーを繰り返して解決するスキルがとても重要です。初めからまったくエラーがないプログラムを作成できる人はいません。プログラミングを習得したいなら何度もやり直しをする根気強さが必要です。PyQでは何度でも繰り返し動作確認ができるため、エラーを解決するためのスキルを身につけることができるでしょう。

スタンダードプランならPyQから質問できる

PyQの料金プランは2つあり、スタンダードプランを選ぶとプロのエンジニアに質問できます。質問はPyQ上から行うことができるため、受講中に疑問に思ったことを質問するとよいでしょう。質問は2営業日以内にエンジニアから回答されます。勉強中のプログラム内容や実行結果を共有できるため、疑問や困りごとに対して適切な回答をもらうことができるでしょう。そのほかに、PyQに投稿された過去の質問を見ることもできます。急いでいるときは過去の質問を検索するとよいでしょう。料金プランは途中で変更することも可能です。わからないことができてからスタンダードプランに変更してもよいでしょう。

Pythonはなぜ人気なのか

PyQで学習を始める前に、200種類以上あるプログラミング言語のなかでPythonはなぜ人気なのか理解した方がよいでしょう。Pythonの人気が高まっている理由はいくつもありますが、なにより入門者にやさしいプログラミング言語です。また、無料でPythonの開発環境を整えることができるハードルの低さも人気を後押ししています。人気の高まりによりPythonのプログラムに関する情報がWeb上にあふれているため、エラーに困ったときにも解決策をみつけやすいでしょう。ほかにもPythonが人気の理由をいくつか紹介します。

言語がシンプルでわかりやすい

Pythonはコードがシンプルで覚えやすく、文法も少ないため初心者にも分かりやすいプログラミング言語です。Pythonには字下げ(インデント)を強制する決まりがあり、ひとつの固まりごとに字下げをする必要があります。字下げの強制ルールは誰が書いてもひとつの固まりができるため、初心者でもプログラムを読み解くことができる表記です。字下げのほかにも、1行の文字数や空白行の入れ方にもルールがあります。Pythonは分かりやすさと使いやすさに重点を置いたプログラミング言語でしょう。

対応するプラットフォームが多い

Pythonは現在の主要なOSであるWindows・Mac・Linuxなどをサポートしています。そのため、それぞれのプラットフォーム上で動作するプログラムを作成できます。また、Google ColaboratoryというブラウザからPythonを直接実行できるサービスもあり、今後ますます利用の幅が広がるでしょう。

豊富なライブラリ

ライブラリとは、ある特定の機能をもたせたプログラムのパッケージです。たとえばランダムな数字を生成したいときは「random」というライブラリを使用します。これは占い結果をランダムに選ぶプログラムなどに使用するとよいでしょう。Pythonは標準で用意されたライブラリのほかに、さまざまな分野のライブラリが無料で公開されています。PythonのライブラリはPython Package Index (PyPI)というサイトにまとまっており誰でも見ることができます。

AIや機械学習など需要の高まる分野に強い

PythonはWeb開発やAI、機械学習などさまざまな分野で活躍するプログラミング言語です。AIや機械学習は世界的な開発ブームになっています。この分野に特化しているPythonは今後も需要が高まるプログラミング言語でしょう。Pythonは世界的な利用者のコミュニティ(Web上の集まりや情報交換)が発展しています。情報交換が活発なおかげで機械学習のライブラリ数も豊富になりました。Pythonなら簡単に機械学習を取り入れたプログラムが作成できるでしょう。

エンジニア以外でも作業の効率化に役立つ

Pythonはエンジニアだけが使うプログラミング言語ではありません。システム開発に限らず、日常の作業効率向上にも役立つ機能が充実しています。研究分野ではデータの分析や解析が得意な「pandas」というライブラリを使っています。マーケティング分野ではスクレイピングを使ってWeb上の情報を収集・解析すれば、手作業を減らすことができるでしょう。ほかにも、1日1回サイト内をチェックするなど便利な機能もあるためコメントチェックなどに利用できます。さまざまなライブラリを組み合わせて自分のサイト管理を簡単に行うこともできるでしょう。

効率的な学び方

PyQに興味を持ったなら、自分の学習目的や将来のプランと照らし合わせてみてください。PyQは手軽にPythonを始められるプログラミング学習サービスですが、気をつけたいポイントもあります。

PyQはどんな人に向いているのか

PyQはまったくのプログラミング初心者でも効率よく学習を進めることができます。「プログラム経験者だがPythonは未経験」という方も学ぶことができます。ただし、Pythonに特化したカリキュラムのため、他のプログラミング言語もあわせて学ぶことはできません。いくつかのプログラミング言語を同時に学びたい場合は、他の学習サービスを探した方がよいでしょう。また、スタンダードプランなら質問はできますが、講師から直接指導を受けることはできません。手厚いサポートを受けて学習を進めたい場合は不向きです。「最初はPythonだけを学びたい」「ある程度は自分で学ぶことができる」「自分のペースでじっくり学びたい人」にPyQは向いているでしょう。

学習する分野を決める

PyQで学習を始める前に、Pythonを使ってどのようなことを実現したいか決めましょう。Pythonはさまざまなことができるプログラミング言語です。AIや機械学習のほかに、スクレイピング・データ分析・Excel自動化・アプリ開発・ゲーム開発・ブロックチェーン開発が実現できます。実現したい分野についての情報を集め、使いこなせるようになることを意識して学習すれば、より効率的に学習を進めることができるでしょう。

トライ&エラーを繰り返す

PyQは写経とよばれるコードを書き写す作業が多いため、手本を見て書けば次々と先に進んでしまいます。もちろん最初は見て覚えることも大切ですが、慣れてきたらまずは見ずに考える癖をつけましょう。手本どおりだけではなく、自分のアイデアも含めたコードを書くと強く記憶に残ります。プログラミングはトライ&エラーの繰り返しで上達するスキルです。手本を見ないでコードを書くとエラーになるかもしれません。それでも、エラー確認のために情報を集めることでプログラミングスキルはどんどん上達します。エラーになった時に表示されるエラーコードをGoogleなどで検索して原因を探りましょう。Pythonは人気があるため、さまざまなWebサイトでエラーコードの解説を見つけることができます。また、解決策がどうしても見つからないときは気にせず先に進めてみてください。複雑なコードになるとエラーの理由を簡単に見つけられないことはよくあります。そのような時は一旦あきらめても構いません。学習を進めるうちにPythonへの理解が深まるため、あとで解決できるようになるかもしれません。

PyQの受講料はお手頃価格で始めやすい

PyQはお手頃価格でPythonを学習できるオンラインのプログラミング学習サービスです。PyQの受講料はシンプルで2つにわかれています。

  • ライトプラン:月額3,040円(税込)
  • スタンダードプラン:月額8,130円(税込)

スタンダードプランのみエンジニアへ質問が可能です。また、他の方の質問履歴を見ることもできるため料金が高く設定されています。

支払い方法はクレジットカードかデビットカードです。

受講を始めた日付が契約日となり、1か月後に翌月の受講料が支払われます。解約するときは契約日までに手続きするように気をつけてください。

途中解約しても学習履歴が残るので再度チャレンジできる

PyQは解約したあとも学習履歴がアカウントに残ります。アカウントを削除しない限りは履歴が残るため、再度トライしたくなったら再契約をして続きから始めることも可能です。社会人なら仕事が忙しくなったり、学生ならテストで忙しくなったりすることもあるでしょう。学習の継続が難しくなったら、一旦解約しても大丈夫です。また、余裕のあるときに始めればよいでしょう。

途中で学習プランを変更できる

PyQにはライトプランと質問サポート付きのスタンダードプランがあります。この2つは途中でプラン変更が可能です。途中変更の料金は日割り計算で無駄は少ないでしょう。初心者でサポートなしの学習に不安があるならスタンダードプランを選び、慣れてきたらライトプランに変えてもいいかもしれません。基礎的な内容は自分だけで学び、難しい内容に進んだらスタンダードプランに変更することもできます。難しい内容を自分だけで解決しようとすると時間がかかります。スタンダードプランならエンジニアに質問してどんどん理解を深めていくことができるでしょう。

それでも悩むなら7日間の無料体験がおすすめ

PyQを始めるにはもっと内容を知りたいと感じるかもしれません。「自分に合っているか」「プログラミングは難しくて無理ではないか」と不安に感じることもあるでしょう。そのようなときは7日間の無料体験がおすすめです。無料体験が終わったからといって、有料サービスに自動で移行することはありません。安心して無料体験から試してください。

無料体験は、7日間届くメールの問題をクリアしておみくじやじゃんけんゲームを作ります。メールが届く7日間とその後3日間、全10日間はメールでガイドされる問題のほかに、初心者向けのすべての問題を学習できます。PyQを始めるかどうかで悩んでいるなら無料体験を試してみましょう。

PyQの7days Pythonチャレンジ

7days Pythonチャレンジではプログラミングの基本を学びます。プログラミング初心者向けの簡単な内容です。登録すると毎朝8時にPyQからチャレンジメールが届きます。メールにはチャレンジクエストという問題があるため、ひとつずつこなしましょう。1日目から5日目まではPythonの基本を学ぶメールが届きます。残りの2日間で「おみくじ」と「じゃんけんゲーム」のミニアプリを完成させることが目標です。

チャレンジクエストとは

PyQではクエストという単位で学習を進めます。初心者向けのクエストは10分から20分ほどで終わる量に調整され、理解しやすいようにテーマごとでまとまっています。チャレンジクエストは、チャレンジメールで送られてくるクエストです。チャレンジメールの中に3つから5つクエストが入っています。1日の想定所要時間は30分から90分程度です。少しずつでも挑戦して、PyQが自分に向いているか、プログラミングを続けられそうかを判断するとよいでしょう。

無料体験で学ぶことができる内容

無料体験では、7つのクエストについて学ぶことができるでしょう。まずは「チュートリアル」から始まり「学ぶ前の注意点」「print()、変数」「辞書」「プログラミングことはじめ」「計算、if文」「ファイル読込/文字操作」と続きます。7つのクエスト以外にも、初心者向けにコース設定されたクエストを10日間無料で学ぶことができるため挑戦してください。

無料体験の申し込み方法

PyQの無料体験は簡単に申し込むことができます。まず、PyQ公式ホームページの無料体験ページに名前とメールアドレスを送信しましょう。入力したメールアドレスに登録用のコードが届き、PyQにユーザー登録すれば完了です。ユーザー登録にはクレジットカードの情報が必要です。無料体験期間が終わったら、PyQを続けるかどうか決めましょう。自分に向いていると思ったら、無料体験のアカウントを使って有料プラン申し込みができます。始める時期は自分の都合で決めても構いません。目標を決めて自分のペースで取り組めばよいでしょう。

まとめ

初心者にも始めやすいオンラインプログラミング学習サービスのPyQをご紹介しました。PyQは人気の高まっているPythonを手頃な価格で手軽に学ぶことができる魅力的なサービスです。Pythonは今後も成長が見込まれるプログラミング言語です。エンジニア以外の職種でもPythonを使って効率よく業務を進めることができます。

PyQには豊富なコンテンツがあり、たくさんの情報が詰まっています。また、たくさんの情報を自分の知識にするには根気と努力も必要です。それでも、PyQは自分のペースで学ぶことができる学習コンテンツといえます。PyQなら一つひとつの課題を解決しながら知識を深めることができるのです。