schema.orgとはどんなもの?導入するメリットについて解説!

検索エンジンにWebサイトの情報を正しく認識してもらうためには、構造化マークアップする必要があります。構造化マークアップすれば、有益なWebサイトとして認知される可能性があるでしょう。

特に検索エンジンがコンテンツを把握しやすい構造化データを作成・管理している団体が「schema.org」です。

今回はschema.orgとは、具体的にどのようなものなのか導入するメリットを含めて解説していくので、参考にしてみてください。

schema.org とは?利用する理由について解説

Webサイトの構造化マークアップを図るために重要なschema.orgとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。詳しくschema.orgについて解説していくので、参考にしてみてください。

schema.org は構造化データを作成・管理している団体

schema.orgは検索エンジンがコンテンツを把握できるように、構造化されたデータのスキーマを作成・管理している共同コミュニティ活動を指しています。

Webサイトのことをより理解してもらうために必要であるため、schema.orgを利用することは知名度を上げるために重要な要素になるでしょう。

schema.org を利用する必要がある理由

schema.orgの構造化データを利用する理由としては、Googleなどの検索エンジンが「HTML」の構造を認識するために必要であるためです。

WebサイトのH1タグを用意しても、それがタイトルなのか主要人物なのか検索エンジンは判断することが難しいでしょう。そんな時に構造化マークアップを利用すれば、HTMLに詳細情報を盛り込むことができるので、正しい情報を検索エンジンに認識されることができます。

表面的には人が読みやすい内容にWebサイトがまとめられていても、検索エンジンではページの理解が十分ではない可能性があるのです。検索エンジンがコンテンツの内容を理解するために、構造化マークアップを利用し、最適化を図る必要があります。

schema.orgを導入して構造化マークアップすれば表示できる内容

schema.orgを導入して構造化マークアップすれば、Webサイトの詳細情報が見やすくなります。具体的に、どのような内容が表示されるのか詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

公開日と更新日が表示される

schema.orgを導入し、構造化マークアップすればWebページの「公開日」と「更新日」が表示されるようになります。より新しい情報であれば、読者も信用性が高い情報として認識してくれるのでクリックされる頻度が高くなるでしょう。

日付はマークアップできますが、確実に指定した日付が表示されないケースがあります。Googleのアルゴリズムによって適切な日付が表示される仕組みになっているので、コントロールすることは難しいと考えておきましょう。

パンくずリストが表示される

Webサイトにパンくずナビゲーションを導入しているなら、パンくずリスクも構造化マークアップし、検索結果に表示できるようになります。Webサイトのどこに情報が掲載されているのか見えるようになるでしょう。

また構造化マークアップを図れば、検索結果に価格やレビュー数、評価などの数値的な情報も掲載できるようになります。

FAQが表示される

Webサイトに記述されている質問と回答セクションをページ上に表示されることができます。質問セクションをクリックすれば、回答が見えるようになっているので、どのような記事なのか読者が理解しやすくなるのが特徴です。

質問と回答セクションは最大で2つまで表示できるので、よくある質問などを公開できるように構造化マークアップしておきましょう。

schema.org を導入して構造化マークアップするメリット

schema.orgを導入して構造化マークアップすれば、Webサイトにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。構造化マークアップするメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

検索エンジンがWebサイトのコンテンツを認識しやすくなる

schema.orgを導入して構造化マークアップを図れば、Webサイトのコンテンツを認識しやすくなります。その上でWebサイトの評価を付けてくれるので、うまくいけば上位検索されるようになる可能性もあるでしょう。

構造化マークアップし、Webサイトのコンテンツを認識させる影響については、まだまだわからない部分が多いですが、今後Googleが注力している分野なので、改善策として対応していて損はありません。

リッチスニペットが表示されるようになる

schema.orgを導入し、構造化マークアップを図れば検索結果に「リッチスニペット」が表示されるようになります。リッチスニペットとは、検索結果にページタイトルが表示されるように、Webサイトの詳細情報を表示してくれる機能のことです。

Webページの詳しい情報を紹介してくれるので、読者の関心を引きやすくなります。Webページが上位検索されるようになるきっかけになる可能性があるので、積極的に活用してみましょう。

読者にWebページの情報が伝わりやすい

Webサイトの構造化マークアップを行うことで、Webページの詳細情報が検索結果に表示されるようになります。タイトルだけではわからない情報を読者が取得できるので、どのようなWebサイトなのか情報が伝わりやすくなるでしょう。

クリックされる回数が増えれば、Webページが上位表示される可能性も増えてくるので、人気コンテンツとして注目されるきっかけになるかもしれません。

schema.org を導入して構造化マークアップするデメリット

schema.orgを導入して構造化マークアップすれば、検索エンジンにWebサイトのコンテンツ情報を詳しく伝えることができます。しかし中にはデメリットに感じる部分もあるので注意が必要です。

具体的に、構造化マークアップするデメリットとは、どのようなことが考えられるのか詳しい内容を解説していきます。

設定するための工数がかかる

schema.orgを導入して構造化マークアップするためには、ある程度の工数がかかります。どのような内容を構造化マークアップするのか検討し、実装する必要があるのでコストに見合った効果が期待できるのか調査しておく必要があるでしょう。

Webサイトの情報は見やすくなりますが、構造化マークアップすれば上位検索されるようになるとは限りません。よく考えてから実装するか検討してみてください。

構造化マークアップするための知識が必要になる

構造化マークアップし、Webサイトの詳細情報を検索エンジンに把握してもらうためには、ある程度の知識が必要になります。例えば、構造化マークアップを行うのはサイト自体に記述する訳ではなく、サイトを構成しているソースコードに記述しないといけません。

正しい構造化マークアップの方法を理解していないと、サイト表示が崩れてしまう恐れがあるので注意が必要です。どのような方法で構造化マークアップを図るのか、事前に確認しておきましょう。

検索結果にリッチスニペットが表示されない内容もある

schema.orgを導入し、構造化マークアップしたとしても検索結果に「リッチスニペット」が表示されないことがあります。どのような情報であれば、リッチスニペットが表示されるのか理解した上で構造化マークアップを図らないといけません。

工数が無駄になってしまう恐れもあるので、構造化マークアップを図るなら事前に知識を蓄えた上で実装するようにしましょう。

schema.org を導入しても構造化マークアップが表示されないケース

Webサイトに構造化マークアップを図っても、リッチスニペットが表示されないケースがあります。どのようなケースに、リッチスニペットが表示されなくなるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

コードミスで表示されない

サイトを構成しているソースコードに記述した際、正しくコードが書かれていないとリッチスニペットが表示されないケースがあります。またコードによっては、Webサイトが崩れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

正しくコードが記述されているか確認するためにも、「構造化データ テストツール」を利用して確認しておくことをおすすめします。

ガイドライン違反をしている

リッチスニペットを悪用する意図があると、Google側に認識された場合、「ガイドライン違反」としてリッチスニペットが表示されないケースがあります。

構造化マークアップを図る際には、リッチスニペットに関するガイドラインを確認してから実装しましょう。

コンテンツの質が低い可能性がある

コンテンツの質が低い場合、正しくリッチスニペットが表示されないケースがあります。「site:」コマンドを使用してリッチスニペットが表示されているのに、検索してもリッチスニペットが表示されていないならコンテンツの質に問題が生じているのかもしれません。

schema.org を導入して構造化マークアップをHTML上に行う方法

構造化マークアップを図る方法としては、HTML上に直接コードを書き込む方法があります。具体的に、どのような方法で構造化マークアップを図るのか、詳しい内容を解説していきましょう。

Microdata で構造化マークアップを図る

schema.orgが最初に仕様統一を図った構造化マークアップ方法が「Microdata」です。多くのWebサイトに普及されているので、信頼性が高いのが特徴になります。

MicrodataではHTMLタグや属性を利用して定義するため、構造化データと実際のHTMLの情報が一致しやすいのがメリットです。ただHTML属性が多くなると、コードが煩雑になりやすいので保守性が低くなってしまうのが難点と言えるでしょう。

RDFa Lite

Web上のデータに意味を与える仕組みを持っていて、1999年にW3Cによって規格化された形式が「RDF」です。そこから簡略化されて実装されたのが「RDFa Lite」になります。

名前空間の拡張が実現できますが、現在ではあまり普及されていません。そのため構造化マークアップを行うなら「Microdata」の方が良いでしょう。

JSON-LD

比較的PCが読み取りやすい形式となっているのが「JSON-LD」です。HTMLファイルのどこにコードを書き込んでも実行できるのが特徴となっています。

JSON-LDを利用するメリットとしては、HTMLソースに影響を与えないと言う点やデータを1ヶ所にまとめて記述できるため、システムも人間も読みやすいということが考えられるでしょう。

ただ適度にメンテナンスを行わないと、HTMLの内容と構造化データが一致しなくなるので注意が必要です。

schema.org を導入して構造化マークアップした時の検証方法

構造化マークアップを図った後に、正しく作動しているのか確認したいという方も多いでしょう。構造化マークアップが正しく作動しているのか、確認するための検証方法を紹介していくので参考にしてみてください。

構造化データテストツールを使用する

schema.orgが提供している「構造化データテストツール」を使用すれば、コードミスがないかチェックしてくれます。

利用方法としては、schema.orgの公式サイトにアクセスし、「構造化データのテスト」を実行してください。コードにエラーがなく、正しく作動するなら「エラーなし」「警告なし」といった表示が出てきます。

コードミスがありエラーが発生しているようなら、警告が表示されるようになっているので、問題の箇所を修正しましょう。

ただ構造化データテストツールは、1つのURLや1つのソースしか検証できないので、サイト内のページ全てを検証するには時間がかかるので注意が必要です。

サーチコンソールを使用する

構造化マークアップが正しく作動するか確認する方法として、「サーチコンソール」を使用する方法があります。サーチコンソールはサイト内の構造化データが一覧で確認できるため、一度にWebサイト全体を検証しやすいのが特徴です。

サーチコンソールを利用するためには、サーチコンソールにアクセスし、「検索での見え方」から「構造化データ」をえらびましょう。

エラーが発生していれば表示してくれるので、Webサイトの一覧からエラー表示となっているページがないかチェックしてください。

リッチリザルトテストを使用する

Googleが提供している「リッチリザルトテスト」は、無料で利用できるツールです。利用する流れとしては、まずリッチリザルトテストにアクセスし、検証したいWebページのURLを入力してください。

そして「テストを実行」をクリックすれば、構造化マークアップが正しく作動しているのか検証してくれます。正しく作動している状態でも、細かい点について警告してくれるので、修正してより良いWebページの作成が実現できるでしょう。

エラーが発生している場合は、エラーメッセージが表示されるので内容を参考にして修正してみてください。

schema.org を導入して構造化マークアップを行う際の注意点

検索エンジンに正しくページを認識してもらう効果が期待できる構造化マークアップですが、実施する際にはいくつか注意点があります。

どのような点に注意しないといけないのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

Webサイトへの流入数が減少するケースもある

構造化マークアップを行い、検索結果に詳細情報が掲載されるとWebサイトへの流入数が減少する可能性があります。理由としては詳細情報を掲載することで、読者が知りたい情報が簡単に得られるようになり、Webサイトを開くきっかけがなくなるためです。

特にFAQなどは、読者が知りたい質問内容に対して回答が掲載されているので、確認した時点で満足してしまう読者も多いでしょう。

ただ構造化マークアップによって、ページの詳細情報が掲載されれば読者の興味を引きやすくなるので、状況によってはWebサイトの流入数が増えるケースもあります。

うまく構造化マークアップを活用して、読者が増えるように改善していきましょう。

SEOに直接影響がある対策ではない

構造化マークアップによって、検索エンジンには正しい情報を認知してもらえます。しかしそれだけ上位検索されるようになる訳ではないので、直接的なSEO対策には繋がらないケースが多いでしょう。

そのためSEO対策を行うなら、他の対応を行った方が良いケースもあります。構造化マークアップを行うのは時間や手間がかかるので、メリットやデメリットを把握した上で対応するか検討しましょう。

正しく構造化マークアップを行うには知識や経験が必要になる

構造化マークアップを図り、検索結果に正しく表示されるようにするためには、ある程度の知識や経験が必要になります。知識や経験がない状態でコードを書き込んでしまうと、エラー表示が出てしまい、ページが崩れてしまう恐れがあるでしょう。

何が表示されるのか、知識や経験を蓄積した上で構造化マークアップを図ることが大切です。

まとめ

schema.orgを導入して構造化マークアップを図れば、検索エンジンに正しくページ情報を認識してもらうことができます。

ただ構造化マークアップを図るためには、時間や手間がかかるので、実施するためのコストが十分見合うものなのか検証してから対応するか検討する必要があるでしょう。

また構造化マークアップの対応次第では、Webサイトへの流入数が少なくなってしまうケースもあります。構造化マークアップを図るメリットとデメリットを理解した上で、対応すべきなのか検討してみてください。